本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 国際局 > 国際交流 > コートジボワール経済インフラ大臣が横浜を訪問しました。
 横浜市プロモーション動画
1分バージョン
Yokohama Rhythm (1min.)
3分バージョン
Yokohama Rhythm (3min.)
この動画は、横浜市政策局国際政策課と、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が協働で制作しました。
横浜市市民協働条例第5条に基づく相互評価シート
(PDF形式、247KB)

コートジボワール共和国経済インフラ大臣が横浜を訪問しました。

  平成30年2月8日(木)、コートジボワール共和国のコフィ・アメデ・クアク経済インフラ大臣がJICAの招へいプログラムで訪日し、ジェローム・クロ―・ウェア駐日コートジボワール特命全権大使とともに横浜を訪れました。
  横浜市は、昨年9月に同国のアビジャン自治区と「交流協力共同声明」を発表し、都市課題解決などの分野で連携を深めていくことで合意しています。
http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201709/20170907-047-26011.html

  今回、渡辺巧教副市長、佐藤祐文日本アフリカ友好横浜市会議員連盟会長が訪問を歓迎するとともに、横浜市道路局から、交差点の立体化をはじめとする渋滞緩和の実例などを紹介しました。アビジャン自治区では人口急増に伴う交通渋滞が大きな課題となっており、クアク大臣からは道路の維持管理について質問が寄せられるなど、横浜市の都市課題解決の経験に高い関心が示されました。