本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 国際局 > 国際交流 > コートジボワール共和国・アビジャンで横浜の女性活躍・起業支援施策を紹介しました!
 横浜市プロモーション動画
1分バージョン
Yokohama Rhythm (1min.)
3分バージョン
Yokohama Rhythm (3min.)
この動画は、横浜市政策局国際政策課と、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が協働で制作しました。
横浜市市民協働条例第5条に基づく相互評価シート
(PDF形式、247KB)

コートジボワール共和国・アビジャンで横浜の女性活躍・起業支援施策を紹介しました!
~日・アフリカビジネスウーマン交流プログラム~



 横浜市はJICAと連携し、横浜の女性起業家との意見交換、ネットワーキングを行う研修事業「日・アフリカビジネスウーマン交流プログラム」で、アフリカ各国からビジネスウーマンと行政関係者を2013年から毎年受け入れています。  
 今回、これまで横浜を訪問した西アフリカ諸国のビジネスウーマンや行政関係者がコートジボワール共和国のアビジャンに集まり、現在のビジネスの状況や横浜での研修の成果、今後の課題について意見交換するフォローアップワークショップやセミナー等が行われ、横浜市職員が参加しました。  
 7月4日には、横浜で研修を受けた参加者が営むファッションや食品加工の現場でビ ジネスの現況について説明を受けました。
 また、7月5日に開催された中小企業経営者対象のカイゼンセミナーでは、5Sなど 日本企業に多く取り入れられているカイゼンの考え方がゲームを使ってわかりやすく 紹介されました(主催:コートジボワール産業・鉱業省、共催:JICA)。横浜市職員はこのセミナーにプレゼンターとして参加し、横浜市の中小企業支援策、 特に女性の支援策を紹介しました。
 7月6日に開催された女性の活躍促進をテーマとするセミナーでは、過去の横浜での研修参加者によるパネルディスカッションなどが行われました(主催:コートジボワール連帯・家族・女性・児童省、共催:JICA、UN Women)。
横浜市は、市長のメッセージを紹介するととともに、働く女性の支援策についてプレゼンテーションを行いました。  

   

過去に研修に参加したビジネスウーマンの事業所を訪問 
 
 
過去に横浜でプログラムに参加した研修生たちが再集合

    

 セミナーの様子