本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 国際局 > 国際交流 > アフリカ5か国の記者が横浜を取材しました。
 横浜市プロモーション動画
1分バージョン
Yokohama Rhythm (1min.)
3分バージョン
Yokohama Rhythm (3min.)
この動画は、横浜市政策局国際政策課と、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が協働で制作しました。
横浜市市民協働条例第5条に基づく相互評価シート
(PDF形式、247KB)

アフリカ5か国の記者が横浜を取材しました。


 外務省が招聘したアフリカ5か国(エチオピア、ケニア、南アフリカ、モザンビーク、ルワンダ)5名の記者が横浜を訪問し、7月20日(木)に国際局長がインタビューを受けました。
 インタビューでは、水道や港湾、廃棄物処理分野などでの技術協力やビジネス交流をはじめとする横浜市とアフリカの関係、そしてTICAD7の横浜開催に向けてアフリカとの連携・交流を一層促進していくことについて述べました。
 このほか、記者の方々は資源循環局金沢工場や余熱利用プールのリネツ金沢、J-POWER 磯子火力発電所なども取材しました。


アフリカの記者による国際局長インタビュー