本文へジャンプ - トップメニュー|検索
トップページ > 国際局 > 国際交流 > ブルキナファソナショナルデー記念式典が開催されました
 横浜市プロモーション動画
1分バージョン
Yokohama Rhythm (1min.)
3分バージョン
Yokohama Rhythm (3min.)
この動画は、横浜市政策局国際政策課と、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科(KMD)が協働で制作しました。
横浜市市民協働条例第5条に基づく相互評価シート
(PDF形式、247KB)

ブルキナファソナショナルデー記念式典が開催されました


 平成29年12月1日(金)~28日(木)まで、「ブルキナファソナショナルデー記念プログラム2017 in 横浜」(主催:駐日ブルキナファソ大使館、共催:横浜市)が開催されています。ブルキナファソのナショナルデーが横浜で開催されるのは、2014年から4年連続となります。    
 会場であるJICA横浜国際センターの3階展示室では、ブルキナファソ野球に関する写真展が開催されています。(12月1日~26日)また、3階ポートテラスカフェでは、ランチタイムにブルキナファソ料理の提供が行われています。(12月4日~28日)    
 12月10日(日)には記念式典が開催され、100人以上の方にご参加いただきました。パスカル・バジョボ次期大使のご挨拶に続き、三原朝彦 日本ブルキナファソ友好議員連盟会長、紀谷昌彦 TICAD担当大使、松本研 横浜市会議長、渡辺巧教 横浜市副市長、佐藤祐文 日本アフリカ友好横浜市会議員連盟会長、加藤宏 国際協力機構理事が来賓としてスピーチを行いました。  
 その後、ブルキナファソへ野球用具を寄贈された2団体への感謝状贈呈、星槎高等学校生徒による国際交流の取組みやブルキナファソに関するスピーチ、またブルキナファソでの野球の普及に貢献された元JICA青年海外協力隊員による講演及び上映が行われました。式典終了後には、ブルキナファソ料理の試食が行われ、ブルキナファソの食文化を楽しみながら、参加者の方々が懇談する様子が見られました。

●12月10日(日)式典の様子