- トップメニュー|検索
横浜市港北区役所のトップページへジャンプ

ページ内のショートカット


このページの本文 ここから

現在位置

トップページ > 港北区 > 福祉保健センター > 保育担当 > 平成29年度 保育所等利用申請について

平成29年度 保育所等利用申請について

平成29年度の保育所等利用申請についてご案内するページです。

※保育所等とは・・・認可保育所、認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、事業所内保育 事業(地域枠)を指します。


平成29年4月の利用申請をされた方へ

平成29年4月の利用調整の結果、保留となった方の申請は、平成29年度内(平成30年3月利用開始分まで)は有効です。

ただし、平成30年度からの保育所等の利用を希望する場合は、改めてご申請いただく必要があります。
スケジュール等がわかり次第、広報よこはま、ホームページ等でご案内いたします。

また、年度途中から希望施設・事業を増やしたい方や、お仕事やご家庭の状況が変わった方など、当初の申請時からご変更事項がある場合は、変更の手続きが必要です。

子ども子育て支援制度 一般的なお問い合わせ

<子ども・子育て支援制度専用ダイヤル>

本年度は、平成29年1月27日(金)をもって終了しました。

平成29年度 保育所等利用申請について

◆平成29年4月開所予定保育所等について◆

平成29年4月開所予定の認可保育所、小規模保育事業については、利用案内、挟み込み資料「29年4月新規開所施設一覧」にてご案内しております。

地図のダウンロードはこちら


◆保育所等施設・事業の利用申請について◆

申請にあたっては、「平成29年度保育所等利用案内」を必ずお読みください!!

  1.概要

    区へ支給認定申請・利用申請が必要な施設・事業は認可保育所・認定こども園(保育所部分)・家庭的保育事業・小規模保育事業・
    事業所内保育事業(以下「保育所等」という。)です。
    年度途中からの利用申請は、郵送または窓口にて申請をしてください。
    支給認定の申請に基づき、支給認定証を交付し、発送します。
    また、横浜市が利用調整を実施し、保育所等の利用可否についての利用調整結果通知を発送します。

  
2.保育所等情報

    利用を希望される施設の見学(施設へ直接お問い合わせください)、場所の確認をお願いします。

    
認可保育所の詳細ページ


  3.申請方法・期間

    年度途中利用開始の申請は、必要書類を揃えて、郵送または窓口にて申請をしてください。
    転園申請についても必要書類は同じです。転園が成立(内定)した場合は、元の園に戻ることはできませんので十分ご注意
    ください。
    受付は平日のみとし、土日祝日には書類は受付いたしません。

    郵送申請の場合は、「提出書類確認票」と92円切手を貼った「返信用封筒」を必ず同封してください。窓口申請の場合は不要です。

利用開始月 申請開始日 申請締切日【必着】
平成29年5月 平成29年3月13日(月) 平成29年4月10日(月)
平成29年6月 平成29年4月11日(火) 平成29年5月10日(水)
平成29年7月 平成29年5月11日(木) 平成29年6月9日(金)
平成29年8月 平成29年6月12日(月) 平成29年7月10日(月)
平成29年9月 平成29年7月11日(火) 平成29年8月10日(木)
平成29年10月 平成29年8月14日(月) 平成29年9月8日(金)
平成29年11月 平成29年9月11日(月) 平成29年10月10日(火)
平成29年12月 平成29年10月11日(水) 平成29年11月10日(金)
平成30年1月 平成29年11月13日(月) 平成29年12月8日(金)
平成30年2月 平成29年12月11日(月) 平成30年1月10日(水)
平成30年3月 平成30年1月11日(木) 平成30年2月9日(金)

  ※不足書類の追加、不備書類の訂正についても、締め切り(必着)までにご提出ください。
  ※締め切りを過ぎて受理した書類は、次月以降の利用開始分として取扱います。

  申請方法:こども家庭支援課保育担当(14-1)への窓口申請、または郵送申請

  郵送宛先:〒222-0032 横浜市港北区大豆戸町26-1 港北福祉保健センター こども家庭支援課 保育担当
 
 <市外の認可保育所等の申請 >
 ・希望先の市区町村に、締め切りや必要書類などをご自身でご確認ください。
 ・申請書類の提出先は、お住まいの区のこども家庭支援課窓口です。(郵送での申請は受け付けておりません)
 ・締め切りの2週間ほど前までに、余裕をもって書類をご提出ください。

 <特別な支援を必要とするお子様の申請>
 障害のあるお子様や、特別な支援、医療的な配慮等が必要なお子様の保育所等の申請を希望される方は、事前にお手続きが必要ですので、必ず区役所こども家庭支援課 保育担当(14-1窓口)にお越しください。

平成29年度 利用申請様式のダウンロード

◆利用案内・申請書類の配布◆

配布場所:区役所、新横浜・日吉行政サービスコーナー、地域子育て支援拠点どろっぷ、どろっぷサテライト、ダウンロード

  ※行政サービスコーナーの開所時間

   平日・・・7時30分〜19時

   土日・・・9時〜17時

   国民の祝日及び国民の祝日の振替休日、年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)はお休みです。

<利用案内(港北区版)記載内容に関するお詫びとご案内>(平成28年10月14日19時更新)

 配布中の港北区版利用案内の挟み込み資料「平成29年度 保育所等 新規利用見込数」と、本紙3ページに掲載している4月一次利用申請の提出先に誤りがありました。
 (ダウンロード版は正しい情報のものを掲載しております)

 ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。
 ※5月以降の申請提出先はお住まいの区役所となります、利用調整事務センターへ書類を送付しないでください。
 
 
訂正箇所1
 「平成29年度 保育所等 新規利用見込数」 
 地図番号36 尚花愛児園 受入開始年齢  
 
誤:生後57日 ⇒ 正:6か月

 訂正箇所2
 港北区版(水色の冊子) 「平成29年度 保育所等利用案内 2号・3号認定申請用」
 3ページ (1)一次利用申請方法(通常の申請)
 申請方法 提出先郵便番号
 誤:〒231−8781 ⇒ 正:〒231−8350

〇利用案内記載内容についてのご連絡先

電話:045−540−2280(港北区こども家庭支援課保育担当)


◆平成29年度 保育所等利用案内(2号・3号認定) と挟み込み資料・その他様式類のダウンロード◆

申請の前には必ず横浜市版・港北区版(★マーク)、両方の利用案内の内容をご確認ください!!

また、挟み込み資料(☆マーク)も併せてご確認ください!

資料名

備考

市版

★平成29年度 子ども・子育て支援新制度 横浜市保育所等(2号・3号認定)利用案内

横浜市版の利用案内です。

☆市立保育所の民間移管について

 

☆住民税(非)課税証明書等の提出について

平成29年1月2日以降に横浜市に転入された方向けのご案内です。

区版

★港北区版 平成29年度 保育所等利用案内 2号・3号認定申請用

港北区版の利用案内です。

☆最初に押さえておきたい大切なポイント

必見です。

☆29年4月新規開所施設一覧(表)・平成29年度保育所等利用案内 掲載内容変更情報(4月更新 両面)

新設園の情報です。

☆港北区近隣「保育施設情報」・港北区近隣「横浜保育室・川崎認定保育園」(両面)

港北区以外の施設情報です。

☆港北区内幼稚園一覧

港北区内の幼稚園一覧です。

<すべての方が必要な書類>

必要な書類  

郵送

窓口

備考

 平成29年度 提出書類確認票(2枚組)

×

 郵送申請の場合は必須。

 返信用封筒(ご自身でご用意ください)   

×

 92円切手を貼り、宛名を記入してください。確認票の写しを返信します。

 平成29年度 子ども・子育て支援制度 支給認定申請書(2・3号用)(兼認定内容確認票)(両面2枚)

 お子様おひとりにつき1枚必要です。きょうだい申請の場合は人数分必要です。

 記入例

 平成29年度 子ども・子育て支援制度 利用申請書(2・3号用)(両面2枚)

 お子様おひとりにつき1枚必要です。きょうだい申請の場合は人数分必要です。

 希望施設・事業が8つ以上ある場合は、別紙(任意様式)に記入し、提出してください。

 記入例 

 平成29年度 2号3号認定理由申立書

 保護者のみ記入してください。同居親族の分は原則不要です。 

 記入例

 平成29年度 タイムスケジュール

該当者

該当者

 介護要件で申請の方はこちらの用紙に日課を記入してください。

 通学要件で時間割表の提出が難しい方や、シフト勤務であるがシフト表の提出のできない方もこちらの用紙をご利用いただけます。 

 保育を必要とすることを証明する書類

 詳細は下記表でご確認ください。 

 卒園証明書等の写し(横浜保育室に預けていた方)

該当者

該当者

 横浜保育室を卒園された方は、卒園証明書等をご提出ください。

 平成29年3月に卒園予定の方は、在園証明書や卒園予定証明書でも結構です。

 在園証明書・契約書等の写し

該当者

該当者

 横浜保育室、認可外保育室等の利用期間及び利用頻度、金額等のわかる在園証明書、契約書などの証明資料の写しをご提出ください。

 平成29年度住民税課税(非課税)証明書

 または

 平成29年度市民税県民税特別徴収税額通知書の写し

 または

 平成29年度市民税県民税納税通知書の写し

 または

 平成28年中の所得・所得控除額がわかる書類(国外に在住していた方)

該当者

該当者

 平成29年1月2日以降に横浜市に転入された方は提出が必要です。
 注意事項がありますので、ご確認ください。→住民税(非)課税証明書等の提出について

 



<保育が必要なことを証明する書類>
 きょうだい同時に申請する場合は、原本を一部用意し、きょうだい分はコピーをご提出ください。

保育が必要な状況

必要書類

記入例・備考

会社や自宅等で雇用され、働いている方・

就職が内定している方

(1日4時間以上、月16日以上の就労)

平成29年度 雇用(予定)証明書(PDF形式)

平成29年度 雇用(予定)証明書(Excel形式)

★育児休業中の方の記入例

★それ以外の方の記入例

◎雇用証明書記入時の注意事項

自営業の方

(1日4時間以上、月16日以上の就労)

平成29年度 就労(予定)申告書(PDF形式)

★就労(予定)申告書記入例

保護者が病気のとき

診断書(保育が困難なことが記載されたもの)

 

保護者に障害があるとい

障害者手帳の写し

・身体障害者手帳(手帳番号、本人欄、障がい名が確認できる部分の写し)

・愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳(手帳番号、本人欄が確認できる部分の写し)

心身障害児・者を介護しているとき

(通学等への付き添いも含む)

●介護を受けている人の障害者手帳または要介護認定を受けていることがわかる書類(介護保険証・要介護認定通知書の写し)、もしくは通園・通学証明書

●タイムスケジュール

 

病人や要介護者を介護しているとき

●病人の診断書

●タイムスケジュール

 

保護者が学校に通っているとき

●在学証明書

●時間割表またはタイムスケジュール

 

出産の準備、産後の静養

母子健康手帳の写し

表紙、出産予定日の確認できる部分の写しを提出してください。 

 
<その他状況によって必要な書類>
横浜市施設・事業利用料きょうだい児多子軽減届出書兼在籍等証明書  きょうだい(上のお子様)が幼稚園(1号認定施設を除く)、横浜保育室、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通園部、児童発達支援及び医療型児童発達支援のいずれかを利用している場合、ご提出ください。(下のお子様の施設・事業の利用が決定した後の提出で構いません。)
★提出についてのご案内
支給認定内容や希望施設・事業、世帯の状況等に変化があったときに提出する様式
認定変更(変更・取消)申請書 支給認定内容に変更があった場合や、支給認定を取消するときに提出してください。
支給認定内容に変更があった場合は、必要に応じて別途書類の提出が必要です。
復職証明書 認可保育所等の施設・事業の利用が決定している方、利用中の方で、育児休業等から復職した場合、二週間以内に提出してください。
利用申請内容変更届出書 利用を希望する施設・事業を増やしたり、希望順位を変更したりする場合に提出してください。
利用取消申請書 既に利用が決定(内定)している施設・事業を辞退する、利用している施設・事業を退園する場合に提出してください。
※横浜市外への転居や、家庭での保育を理由として内定辞退、退園する場合、認定取消申請書も併せてご提出ください。
利用申請取下書 利用申請を取下げしたいときに提出してください。
認定申請取下書 認定申請を取下げしたいときに提出してください。認定申請の取下げをすると、利用申請を継続することはできませんので、利用申請中の方は併せて利用申請取下書も提出してください。