- トップメニュー|検索
横浜市港北区役所のトップページへジャンプ

ページ内のショートカット


このページの本文 ここから

現在位置

トップページ > 港北区 > 福祉保健センター > 保育担当 > 27年度保育所等利用案内・書式のダウンロード

27年度保育所等利用案内・書式のダウンロード

認可保育所・認定こども園(保育所部分)・家庭的保育事業・小規模保育事業・事業所内保育事業(以下「保育所等」という。)の利用申請のご案内

1.平成27年度「保育所等利用案内」について

2.年度途中利用(平成27年5月以降の利用)の申請方法について

1. 概要

区へ支給認定申請・利用申請が必要な施設・事業は認可保育所・認定こども園(保育所部分)・家庭的保育事業・小規模保育事業・事業所内保育事業(以下「保育所等」という。)です。年度途中入所の申請は郵送または窓口にて申請をしてください。
支給認定の申請に基づき、支給認定証を交付し、発送します。※支給認定証が届いても、施設の利用が決定したわけではありません。
横浜市が利用調整を実施し、利用の可否についての利用調整結果通知を発送します。

2. 保育所等情報

利用を希望される施設の見学(施設へお問い合わせください。)、場所の確認をお願いいたします。

3. 申請方法・期間

(1) 申請受付期間

利用開始日は原則、毎月1日からとなります。

利用開始月 申請締切日(必着) 利用開始月 申請締切日(必着) 利用開始月 申請締切日(必着)
27年5月 4月10日(金) 27年 9月  8月10日(月) 28年1月 12月10日(木)
27年6月 5月 8日(金) 27年10月  9月10日(木) 28年2月  1月 8日(金)
27年7月 6月10日(水) 27年11月 10月 9日(金) 28年3月  2月10日(水)
27年8月 7月10日(金) 27年12月 11月10日(火) 28年4月 8月の広報でお知らせ予定

(2) 申請方法

年度途中入所の申請は、必要書類をそろえて、郵送または窓口にて申請をしてください。
転園申請についても必要書類は同様です。転園が成立した場合は、元の園には戻れません。十分ご注意ください。
郵送の場合は、「提出書類確認票」と切手を貼った「返信用封筒」を必ず同封してください。
郵送の場合は、「提出書類確認票」に受付印を押印し、「返信用封筒」にその写しを入れて返送します。
            提出先 〒222−0032
                    横浜市港北区大豆戸町26−1
                   港北区福祉保健センター こども家庭支援課 保育担当

  • 申請締切日以降に届いた申請書類については、次月以降の入所利用調整の対象となります。

4. 必要書類

提出書類は原則、お返しできませんので、必要な方は写しをおとりください。

必要書類郵送窓口備考
平成27年度提出書類確認票(PDF形式) × 郵送申請の場合は、必須です。1世帯1枚提出。
返信用封筒 × 92円切手を貼り、あて名を記入してください。確認票の写しを返信します。
平成27年度 子ども・子育て支援制度 支給認定申請書(2・3号用)(PDF形式) お子さま、お一人につき1枚必要です。
きょうだい申請の場合は人数分必要です。
きょうだいが保育所等に入所している場合は、利用申請書裏面「きょうだい児の保育施設・事業の利用状況」欄に、必ず記載してください。
平成27年度 子ども・子育て支援制度利用申請書(2・3号用)(PDF形式)
平成27年度 2号・3号認定理由申立書(PDF形式)

保護者のみ(同居親族は不要)記載してください。

平成27年度 タイムスケジュール(PDF形式)   該当者 該当者

介護要件でお申し込みの方はこちらの用紙に日課を記入してください。

通学要件で時間割表の提出が難しい方や、シフト勤務であるがシフト表の提出のできない方もこちらの用紙をご利用いただけます。

保育が必要なことを証明する書類 詳細は下記の表でご確認ください。
卒園証明書等の写し(横浜保育室・家庭保育福祉員等に預けていた方) 該当者 該当者 横浜保育室・家庭保育福祉員・横浜市家庭的保育事業・認可乳児保育所を卒園された方は、卒園証明書等をご提出ください。
在園証明書・契約書等の写し(横浜保育室・家庭保育福祉員・認可外保育施設等に有償で預けている方) 該当者 該当者 利用期間及び利用頻度、金額等のわかる在園証明書、契約書などの証明資料の写しをご提出ください。
平成26年度住民税課税(非課税)証明書(平成26年1月1日現在の居住地の市区町村が発行するもの) 該当者 該当者 平成26年1月2日以降に横浜市に転入された方で、利用開始希望月が平成27年4月〜8月の方
平成27年度住民税課税(非課税)証明書(平成27年1月1日現在の居住地の市区町村が発行するもの) 該当者 該当者 平成27年1月2日以降に横浜市に転入された方で、利用開始希望月が平成27年9月〜平成28年3月の方

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

 










保育が必要なことを証明する書類について


きょうだいで申請の場合は原本は1部で結構ですが、写しを添付してください。

保育が必要な状況提出書類備考
会社や自宅等で雇用されていて、
1日4時間以上、
1か月16日以上
働いている方、
就職が内定している方


雇用(予定)証明書[新規用・PDF形式](平成27年度用)
※シフト勤務の方は直近2〜3か月分のシフト表もご提出ください。

シフト表や時間割表をやむを得ず提出できない場合は、タイムスケジュール(PDF形式)の記入欄に記入して提出してください。

自営業の方で、
1日4時間以上、
1か月16日以上
働いている方。
就労(予定)申告書[新規用・PDF形式](平成27年度用)
保護者が病気のとき 診断書(保育が困難なことが記載されたもの)
病人を介護しているとき 病人の診断書
タイムスケジュール(PDF形式)
大学や職業訓練校などに在学中のとき 在学証明書
時間割表(カリキュラム表)
心身障害児・者を介護しているとき
(通学等への付き添いも含む)
○介護を受けている人の障害者手帳または要介護認定をうけていることの分かる書類(介護保険証・要介護認定通知書の写し)
もしくは通園・通学証明書

タイムスケジュール(PDF形式)



「身体障害者手帳」

手帳番号・本人欄・障害名が確認できる部分の写しを提出してください。

「愛の手帳」「精神障害者保健福祉手帳」
手帳番号・本人欄が確認できる部分の写しを提出してください。

 
保護者などが心身障害のとき 障害者手帳等の写し
出産の準備、産後の静養の場合 母子健康手帳の写し 表紙、出産予定日の確認できる部分の写しを提出してください。
求職中の方 雇用(予定)証明書[新規用・PDF形式](平成27年度用)
(入所後3か月以内に提出)
入所後3か月以内に就労する必要があります。

 

保育が必要なことを証明する書類が期限までに提出されなかった場合は、求職中ランク(Hランク)での利用調整となりますので、ご注意ください。

5. 育児休業中の方の申請

  • 育児休業中はご家庭で保育できるため、原則利用申請はできません。
  • 育児休業終了日の属する月の1日から利用申請が可能となります。
(例1)4月30日に育児休業が終了する(5月1日復職)
⇒4月1日から利用可能
 4月利用の申請が可能です。
(例2)5月1日に育児休業が終了する(5月2日復職)
⇒5月1日から利用可能
 4月10日(締切日)までに申請してください。4月利用の申請はできません。
  • 利用可能となった場合に育児休業を切り上げる予定の方は、「雇用(予定)証明書」の記載欄にその旨明記が必要です。

6. 障がい児保育を希望する方

  • 港北区福祉保健センター1階14番-1の窓口までご相談ください。保健師等の担当がいる方は、事前に担当にもご相談ください。。

7. 横浜市外の保育所を希望する方方

港北区に在住で市外の保育所を希望する方は、希望先の申請締切日・書類等を確認のうえ、港北福祉保健センター1階14番-1の窓口へ相談・申請をしてください。
締切が早い市区町村がありますので、ご注意ください。なお入所希望先の市区町村の締切日から少なくとも1週間から10日ほどの余裕を持って申請してください。

相手先市区町村への確認が必要な場合や、締切日が迫っている場合等がありますので郵送・FAXでは受け付けできません。

ページトップヘもどる

8. 市外から横浜市の保育所を希望する方

横浜市外にお住まいの方は、お住まいの市区町村の保育担当課を通して申請してください。

利用申請書類が申請締切日までに港北福祉保健センターへ届くように、余裕を持って申請してください。横浜市内に転居予定の方は契約書等の写しの書類を添付してください。

ページトップヘもどる

9. 利用調整結果のお知らせ

結果については、毎月20日頃に発送いたします。申請状況等により遅れる場合もございます。

保留通知の再発行は行いません。通知はなくさないようにしてください。

ページトップヘもどる

3. 書式のダウンロード

新規申請用    

  平成27年度 子ども・子育て支援制度 支給認定申請書(2・3号用) (PDF形式、A4・1枚 )  記入例はこちらです。
    子ども・子育て支援制度 支給認定申請書(2・3号用) 記入例(PDF形式、A4・1枚)
  平成27年度 子ども・子育て支援制度 利用申請書(2・3号用) (PDF形式、A4・1枚)  記入例はこちらです。
    子ども・子育て支援制度 利用申請書(2・3号用)記入例(PDF形式、A4・1枚)
  平成27年度2号・3号認定理由申立書 (PDF形式、A4・1枚)
 記入例はこちらです。
    2号・3号認定理由申立書記入例(PDF形式、A4・1枚)
  雇用(予定)証明書 (平成27年度用) (PDF形式、A4・2枚)
 記入例はこちらです。
    雇用(予定)証明書記入例(PDF形式)
Excel版はこちらです。
     雇用(予定)証明書 (平成27年度用)
  就労(予定)申告書 (平成27年度用) (PDF形式、A4・2枚)
 自営業の方はこちらをお使いください。
記入例はこちらです。
    就労(予定)申請書記入例(PDF形式)
  タイムスケジュール (PDF形式、A4・1枚)
 記入例はこちらです。
     タイムスケジュール 記入例 (PDF形式、A4・1枚)
   提出書類確認票 (平成27年度用) (PDF形式、A4・1枚)
 不足や不備があった場合、こちらの書類を返信し、ご連絡するので、郵送申請の場合は必ず提出してください。

変更・取下用    

  認定(変更・取消)申請書(平成27年度用) (PDF形式、A4・1枚 )  住所・保育を必要とする事由・勤務先・世帯構成等に変更が生じた場合にご提出ください。
  復職証明書(平成27年度用) (PDF形式、A4・1枚)  復職後2週間以内にご提出ください。
  育児休業証明書(平成27年度用) (PDF形式、A4・1枚)
 育児休業に入られる際にご提出ください。
 原則として育児休業期間中の利用継続はできませんが、保護者の諸事情及び児童福祉の観点を総合的に勘案し、同一保育所で、一定期間の利用継続を認めることができるものとしています。
 3歳以上の児童は、「地域に容易な受け入れ先がない場合」、3歳未満の児童は、「育児休業を取得する4か月前から利用しており、児童の発達上、環境の変化が好ましくない場合」に「当該児童についての保育所長の意見」を勘案し、利用の継続を認めることができるものとしています。
 利用継続できる期間は、育児休業の対象となる児童が満1歳に達する以後の最初の3月31日までです。ただし、5月1日までに保護者が復職する場合は、4月30日まで。
  認定申請取下書(平成27年度用) (PDF形式、A4・1枚)
 認定申請・利用申請を取下げる場合に「認定申請取下書」および「利用申請取下書」を併せてご提出ください。
  利用申請取下書(平成27年度用) (PDF形式、A4・1枚)
  利用取消申請書(平成27年度用)(PDF形式、A4・1枚)
 退園の際に園と最終利用年月日を調整のうえ、「認定(変更・取消)申請書(平成27年度用)」と併せてご提出ください。
  利用申請内容変更届出書(PDF形式、A4・1枚)
 すでに利用申請を行っていて、希望園を変更する場合にご提出下さい。

 

  

このページに掲載されている書類はPDF形式で作成されています。PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。
Adobe Reader を入手するAdobe Reader ダウンロードページへ
※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

Excel ワークブックをご覧になるためには、Microsoft® Word や OpenOffice.org 等の、Excel ワークブックに対応したソフトウェアが必要です。
ご利用のパソコンの OS が Windows2000以降の場合は、以下のリンク先より Excel Viewer (無料) をダウンロード、インストールすることにより、Microsoft Excel がインストールされていないパソコンでも Excel ワークブックの表示および印刷ができます。
Microsoftダウンロードセンター:Excel Viewer