- トップメニュー|検索
横浜市港北区役所のトップページへジャンプ

ページ内のショートカット


このページの本文 ここから

現在位置

トップページ > 港北区 > よくある質問 > 戸籍 > 分籍届

Q&A 分籍届

質問

現在の戸籍から分かれて自己の単独の戸籍をつくること(分籍届)はできますか。

答え

現在の戸籍から分かれて自己の単独の戸籍をつくるときは、分籍届を「区役所戸籍課戸籍担当」に届出していただく必要があります。

  • 夫婦がそれぞれ別々の場所を本籍地とすることはできません。筆頭者及び配偶者を除く戸籍に記載されている成年の方のみ、分籍届をすることができます。
  • 一度、分籍届をすると分籍届前の元の戸籍に戻ることはできませんので、ご留意ください。
  • 既に過去の除籍になった戸籍を分籍をすることはできません。
  • 分籍届をしても、親子関係等の身分関係には変更がありません。

(1)ご持参いただくもの

  • 分籍届 1通(届出用紙は全国共通です。)
    (区役所戸籍課戸籍担当で分籍届の用紙をお渡ししています。行政サービスコーナ及び市役所では、お取扱いしていません。)
  • 戸籍全部・個人事項証明書(戸籍謄抄本) 1通
    (同一区内で本籍を移す場合に、本籍のある「区役所戸籍課戸籍担当」に届出する場合は必要ありません。)
  • 届出人の印鑑(認印で可)
    (届出人となれる方は、戸籍の筆頭者及び配偶者以外の成年者の方です。未成年の方は、分籍届をすることができません。)
    (記載された届書を持参する方は届出人以外の使者の方でも構いません。)

(2)届出先

届出人の方(戸籍の筆頭者及び配偶者以外の成年者)の所在地又は本籍がある区(どちらか一方で可)、新しく本籍を置くところの区の「区役所戸籍課戸籍担当」となります。(行政サービスコーナー及び市役所ではお取扱いできません。)

(3)分籍届出後の新しい本籍について

新しい本籍は、日本国内であれば、どこの場所でも本籍地とすることができます。こちらのQをご参照ください。

(4)分籍届の住所欄への記入方法について

  • 現在、住民登録をしている住所を記載してください。
  • 分籍届と同時に住所等を変更される方は、届書に新しい住所を記入し、同時に住所変更に関する届出をしてください。
    (分籍届だけで住所を変更することはできません。住所変更の届出については、平日の区役所開庁時間のみの取扱いになります。詳しくは、「区役所戸籍課登録担当」にご確認ください。)

回答担当:
戸籍課戸籍担当(2階24番)
電話:045-540-2251 FAX:045-540-2260


メニュー ここから