- トップメニュー|検索
横浜市港北区役所のトップページへジャンプ

ページ内のショートカット


このページの本文 ここから

現在位置

トップページ > 港北区 > 福祉保健課 > 港北ほくほくフェスタ > 平成29年度 港北ほくほくフェスタ開催しました。

平成29年度 港北ほくほくフェスタ開催しました。

平成29年10月26日(木)、港北公会堂にて「港北ほくほくフェスタ」を港北区社会福祉協議会・港北区社会を明るくする運動実施委員会・港北区役所の主催により開催しました。当日は多くの皆様にご来場いただき、ありがとうございました。

港北ほくほくフェスタちらし(PDF形式:1.3MB) 

区民フォーラム

テーマ:「地域がつながるみんなの“居場所”〜誰もがつどえる交流の場づくり〜」
コーディネーター:聖徳大学心理・福祉学部 教授 豊田 宗裕 氏

地域のみなさんとともに、「誰もが安心して健やかに暮らせるまち」を目指して取り組む地域福祉保健計画(ひっとプラン港北)は、今年で第3期の2年目を迎えました。
現在、横浜市では「地域における子どもの居場所づくりサポートモデル事業」の取り組みを行っており、港北区はモデル区に選ばれ取り組みを進めています。また、高齢になっても。住み慣れた地域で自分らしい暮らしを実現できるよう、地域包括ケアシステムの構築を進めるなかで場づくりは大きな視点となっています。

今回の区民フォーラムでは、聖徳大学の豊田宗裕氏をコーディネーターに迎え、「居場所」の取り組み実践として、地域がつながる居場所づくりに取り組んでいる3地区の活動団体より発表いただきました。各団体は、活動のきっかけや活動で大切にしていること、活動の苦労や工夫、今後の展望などについて発表いたしました。
当日は、フロアーの観覧者からも、居場所づくりに関わる取り組みや3地区の発表の感想などのご意見を伺うことができました。

【発表団体】
◆師岡こども学習会(師岡地区)
◆ホッとカフェ(城郷地区)
◆障がい児者のよりどころ ふれんど(日吉地区)

区民フォーラム壇上の様子
平成29年度 区民フォーラム(壇上の様子)
区民フォーラム登壇者の様子
(登壇者)

パネル展示

第3期港北区地域福祉保健計画「ひっとプラン港北」、各地区社会福祉協議会やボランティア、市民活動など地域で行われる活動、港北区社会福祉協議会分科会活動をパネル展示で紹介しました。

区民フォーラムひっとプランのパネル展示 区民フォーラム社協のパネル展示
平成29年度 パネル展示(左:ひっとプラン港北 右:地区社協分科会)

第35回 港北区社会福祉大会

永年にわたって地域で福祉保健活動等に携わられ、ご尽力いただいた個人・団体に対して、慰労と感謝の気持ちを込め、区社会福祉協議会から表彰状(福祉活動・永年会員功労)、感謝状(金品寄与功労)をお渡ししました。

第35回 社会福祉大会の様子
平成29年度 社会福祉大会(表彰状授与の様子)

フードドライブ

初めての試みとして、「港北区社会福祉協議会によるフードドライブ」を同時開催しました。
※フードドライブとは、家庭で消費できない食品を持ち寄り、それらをまとめて地域の福祉団体や施設などに寄付する活動です。
合計273の食品をご寄附いただきました。ご協力ありがとうございました。

フードドライブ(開始時の様子) フードドライブ 寄付された食品の山
 平成29年度 フードドライブ(左:開始前の様子 右:寄付された食品の山)

第67回 社会を明るくする運動 標語コンクール優秀作品展示

港北区内の中学生及び小学生5~6年生を対象に作品を募集し、計154作品のうちから、優秀作品に選ばれた中学校18作品、小学校48作品をホールで展示いたしました。

標語コンクール作品展示の様子
平成29年度 標語コンクール(作品展示の様子)

バザー・模擬店

区役所中庭にて、港北区ボランティア連絡会によるバザー・模擬店が行われ、焼きそば、カレー、横浜野菜などが販売されました。当日は晴天に恵まれ大盛況でした。


中庭でのバザーの様子 中庭でのバザーの様子
平成29年度 中庭の様子(バザー)