- トップメニュー|検索
  1. この場所は:こども青少年局トップ
  2. 保育運営課
  3. 保育料について


保育料について

   
 保育料は、世帯にかかる前年の所得税額等とお子さまの年度当初の年齢によって決定しています。
◎ 保護者の皆さまに負担していただく保育料は、保育所で日々保育を行うために必要な経費の一部となるものです。保育事業の運営に必要な保育料の納入につきましては、期限までに必ず納付されるよう、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。
* 世帯構成に変更があった場合(婚姻・離婚等)や、保護者の確定申告等により税額に変更があった場合は、必ず区のこども家庭支援課へ届け出てください。
* 事前に、月の途中で入所または退所の手続きをされた場合、保育料は日割りになります。(入所中は、お子様がお休みされた場合も保育料がかかります。)  



平成26年度 横浜市保育所保育料について★

 ◆平成26年度保育料表(PDF形式、89KB)
 ◆保育料のお知らせ(PDF形式、258KB)
 


保育料の算定について■

 適用しない控除について
 保育料の算定にあたり、次の控除の適用はありません。
 国・地方公共団体への寄付金控除、住所地の都道府県内の共同募金会・日本赤十字社への寄付金控除、配当控除、株式譲渡所得割額控除、外国税額控除、住宅借入金等特別控除、特定増改築等住宅借入金等特別控除、住宅耐震改修特別控除

 税制改正について
 保育料は、世帯にかかる前年の所得税等により決定しています。税制改正により、年少扶養控除及び16〜18歳までの親族に対する特定扶養控除の上乗せ部分が廃止され、平成25年から復興特別所得税が課税されています。

 保育料は扶養義務者の所得税等の合計により決定していますので、税制改正が保育料への影響を生じさせないようにするため、所得税額等を扶養控除見直し前及び復興特別所得税課税前の旧税額に換算することにより、保育料を決定しています。

 上記のため、実際に源泉徴収票や確定申告書等に記載された税額と、保育料の階層判定に用いる税額等は異なります。

 保育料の目安の計算はこちら(保育対策課のページへ)


■きょうだい児減免について■
 就学前の兄又は姉が、保育所、幼稚園、認定こども園、特別支援学校幼稚部、情緒障害児短期治療施設通所部、に在籍、又は児童発達支援及び医療型児童発達支援若しくは家庭保育福祉員、横浜市家庭的保育事業による保育を利用している場合に、保育所又は認定こども園(保育園部分)に在籍する弟・妹の保育料を減免しています。(保育料表の第2子または第3子料金となります。)
 保育所入所児童と同じ世帯に、幼稚園在籍児童や対象施設等を利用する就学前の児童がいる場合は、在園証明書を添えて区役所に届け出ていただく必要があります。
 
               
     ◆届出用紙・在籍等証明書のダウンロードはこちら(PDF形式、156KB)
 

■保育料の納付は・・・■
 保育料の納付は、口座振替による方法を原則としています。利用申込書は、各区こども家庭支援課で配布しております。お申込みは各金融機関の窓口となります。なお、口座振替の登録が完了するまでの間は、毎月20日頃に納入通知書を送付しますので、金融機関の窓口で納付してください。保育料の納期限は各月の末日です。(口座振替の場合は各月の28日(28日が金融機関の休業日の場合は翌営業日)が振替日です。)
 納期限までに納付がない場合や、残高不足等で口座振替が完了しなかった場合は、翌月に期限を指定して督促状付納付書を送付します。(翌月以降の再振替はできません。) 
 口座振替をご利用の方で、「保育料領収のお知らせ」(支払済証明)の発行を希望される場合は、下記様式に必要事項をご記入いただき、次の宛先までご郵送ください。
(申請(送付)先:〒231-0017 横浜市中区港町1−1 こども青少年局保育運営課 保育料担当 宛


     ◆
領収のお知らせ交付申請書(様式)(PDF形式、71KB)
     ◆交付申請書記入例・記入上の注意点(PDF形式、396KB)


■保育料の納付が遅れると・・・■
 納期限の翌月に督促状付納付書が送付されるほか、本来の保育料のほかに延滞金(督促状の納期限の翌日から納付のあった日まで条例に定める割合(平成25年12月31日までは年14.6%、26年1月1日からは年9.2%)で計算し、その金額が1,000円以上となる場合に徴収します。)も発生しますので、速やかに納付してください。なお、延滞金が発生する場合は、保育料納付後に延滞金の納付書を送付します。

 

■保育料を滞納すると・・・■
 横浜市では保育料を自主的に納付していただくために、督促状の送付のほか、電話や文書による催告を行っております。それでもなお、納付いただけない場合は、預金・給与・生命保険・不動産等の財産調査を行い、児童福祉法の規定に基づく滞納処分として、財産の差押えを執行し、滞納保育料および延滞金に充てることになります。必ず納期限までに納付してください。   

 

横浜市こども青少年局 | 作成: 2014年03月31日 | 更新: 2014年03月31日
このページに関するご意見・ご感想 e-mail : kd-hoikuunei@city.yokohama.jp | 電話 : 045-671-2427 | FAX : 045-664-5479
横浜市政に関するご提案やご意見などは市民からの提案まで
© 2000-2014 City of Yokohama. All rights reserved.