- トップメニュー|検索
  1. この場所は:こども青少年局トップ
  2. 企画調整課
  3. ワーク・ライフ・バランスYOKOHAMA
  4. H26WLBガイド(ワーク・ライフ・バランスを新しい経営戦略に!)
ワーク・ライフ・バランスYOKOHAMAヘッダ

 

パンフレット「企業のためのワーク・ライフ・バランスガイド」


 
少子高齢社会の進展や、人口減少に伴う労働力不足、ライフスタイルの多様化。
雇用や就業を取り巻く環境が大きく変化する中、企業にも時代の変化に応じた対応が求められています。
ワーク・ライフ・バランス (仕事と生活の調和) の実現に向けた職場環境づくりは、優秀な人材の確保・定着、女性の活用などの効果が期待できるとともに、業務の効率化や長時間労働の是正など、企業の将来的な成長・発展につながる重要な経営戦略として注目されています。
このパンフレットでは、ワーク・ライフ・バランスを企業経営や組織運営に役立てていただくために、導入の意義やノウハウ、よこはまグッドバランス賞認定・受賞企業の取組事例をご紹介します。


 

ワーク・ライフ・バランスとは?

 

誰もが、仕事、家庭生活、地域活動、個人の自己啓発など様々な活動を、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて、自分の希望するバランスで実現できる状態のことです。

wlbとは 

 
 

ワーク・ライフ・バランスはなぜ必要か

 
 労働力人口の減少
 少子高齢化の進行は労働力人口を減少させます。
 女性や高齢者などの労働市場への参入を促すことが期待されています。
 
 ライフスタイルに応じた労働環境の必要性

出産前後の女性の就業状況
  育児休業を取得している女性は増えていますが、出産後に継続就業している割合はほとんど変化しておらず、
  出産を機に退職する女性は変わらず多い状況です。

●育児休業取得率の推移
  女性に比べて男性育休取得率は低く、男女間で大きな差があります。

●子育て世代の男性の長時間労働
  子育て期にある30代男性就業者の約5人に1人が週60時間以上労働しています。
  また、6歳未満児の子どものいる夫の家事・育児関連時間は、他国と比べて3分の1程度となっています。

●家族の介護・看護
  家族の介護や看護を理由とした離職・転職者数は、性別を問わず増加傾向にあり、50代・60代で離職する
  人が約6割を占めています。
 


 

ワーク・ライフ・バランスのメリットは?

 


 明日への投資

 
人材確保が困難な中小企業において、仕事と生活の調和の実現に向けた取組の利点は大きく、これを契機とした業務の見直し等により生産性向上につなげることも可能です。
 企業にとって「コスト」としてではなく、「明日への投資」として積極的に捉えることが必要です。

 【ワーク・ライフ・バランスのメリット】

  1. 従業員の定着・優秀な人材の確保
  2. 従業員の満足度や仕事への意欲向上
  3. 従業員の能力向上
  4. コスト削減
  5. 生産性の向上
  6. 企業イメージの向上

 WLBの取組が及ぼす影響



 

ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて

 


 「制度」と「風土」を両輪で進め、「働き方を改革する」
働き方改革

 
 

よこはまグッドバランス賞

   横浜市では、市内事業所での積極的な女性の能力活用やワーク・ライフ・バランスの推進を図るために、女性も男性も働きやすい職場づくりを進める中小事業所を、「よこはまグッドバランス賞」と認定し、その取組を広く紹介しています。「男性は仕事、女性は家庭」という分担を前提とした働き方ではなく、多様な人材を生かし、柔軟な働き方を可能にする取組が企業に求められています。
  「仕事と家庭等の両立ができるように取り組んでいます!!」
  「工夫をして働きやすい職場づくりを進めています!!」
  という事業所の、積極的なご応募をお待ちしています。 

 直近の認定企業
  
  平成26年度は、43事業所が認定され、うち10事業所が継続賞受賞で表彰されました。
  詳しくはこちら

  過去の認定企業はこちら 
 


 

平成26年度 パンフレットダウンロード

   

タイトル
 
 以上の内容のほか、よこはまグッドバランス賞認定事業所の取組事例の詳細などが掲載されています。


 印のあるリンクは、外部のサイトに接続します。リンク先のページの内容等は、横浜市の管理下にはないため、それらについて横浜市はいかなる責任も負いません。また、その内容・団体等を横浜市が推奨するものではありません。

 このページの先頭に戻る

 ワーク・ライフ・バランスYOKOHAMAのトップページに戻る


横浜市こども青少年局 | 作成: 2012年01月04日 | 更新: 2015年08月10日
このページに関するご意見・ご感想 e-mail : kd-kikaku@city.yokohama.jp | 電話 : 045-671-4282 | FAX : 045-663-8061
横浜市政に関するご提案やご意見などは市民からの提案まで
© 2000-2015 City of Yokohama. All rights reserved.