- トップメニュー|検索
  1. この場所は:こども青少年局トップ
  2. こども家庭課
  3. こども家庭課 こどもの病気とホームケア ヘルパンギーナ
こどもの病気とホームケア
★ヘルパンギーナ★


●ヘルパンギーナってどんな病気?

主にコクサッキーAウイルスによる感染症です。
38℃以上の発熱、のどの痛みがでます。
夏に流行することが多く、感染力の強い病気です。


●どのような症状ですか?

38〜39℃以上の発熱が2〜3日続きます。
のどの奥に小さな水ぶくれができ破れて潰瘍になり痛みます。
痛みのために、食べ物や水分がとれなくなることもあります。
まれに、髄膜炎や急性心筋炎などをおこすことがあります。

【ポイント】
症状は3〜5日間でよくなりますが、治った後もウイルスが排出されますので、注意する必要があります。
のどには発症後7日間、便には2〜4週間、ウイルスが排出されます。


●どのように感染するのですか?

鼻水、目やに、便などの中にいるウイルスが鼻、のどや眼にはいることで感染します。
潜伏期間は3〜5日間です。


●治療と受診のポイント

熱やのどの痛みをやわらげる治療をおこないます。
次のような場合は、すぐ受診しましょう。
・水分をあまりとらないとき
・高熱が3日以上続くとき
・元気がなく、ぐったりしているとき


●家庭でのケアのポイント

・熱が高いときは、衣類やふとんで暖めすぎない。
・水分補給に気をつける。
・のどが痛いので、口当たりのよい飲み込みやすい食べ物にする。


★ひとことメモ★

●熱性けいれん

熱が急に高くなるときに、ひきつけを起こすことがあります。
ふつうは単純型と呼ばれる良性のタイプで、生後6か月から6歳までの子どもに多いです。
一度引きつけた子どもの約半数は、また起こすことがあります。あわてないで大丈夫!

●どうしたらいいの? けいれんを起こしたとき

(1)あわてない。
(2)口の中に指や物を入れない。
(3)横向きに寝かせる。
(4)吐いたものがのどにつまらないようにする。
(5)けいれんの様子をよく観察して、10分以上続くときはすぐ受診する。


●PDF版 「ヘルパンギーナ」のPDF版はこちら


●関連情報リンク先

○国立感染症研究所感染症情報センターホームページ
 詳しくは「感染症の話」の「ヘルパンギーナ」のページをご覧ください。
 URL http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_08.html


横浜市こども青少年局 | 作成: 2011年12月14日 | 更新: 2011年12月14日
このページに関するご意見・ご感想 e-mail : kd-kokatei@city.yokohama.jp | 電話 : 045-671-2390 | FAX : 045-681-0925
横浜市政に関するご提案やご意見などは市民からの提案まで
© 2000-2011 City of Yokohama. All rights reserved.