- トップメニュー|検索
  1. この場所は:こども青少年局トップ
  2. 保育・教育人材課
  3. H27食材測定トップページ
  4. H27保育所給食食材j放射性物質検査
保育所等における給食食材の放射性物質測定について

 

1 目的

  保育園給食食材の安全性確認のため、子どもへの影響も考慮した食品の放射性物質の新基準施行(平成24年4月)後の平成24年8月から、主な食材の喫食前検査を実施しています。
  平成26年4月からは、測定食材の選定方法を変更し、実施します。
 

2 開始日

  平成24年8月1日(水)給食実施分(測定は7月31日から開始)

  

3 測定日

  火・水・木・金曜日の給食実施分(祝日、年末年始及びその翌日を除く)を1日1園(給食提供日の前日午後及び当日午前に測定)、順次実施します。
  

4 検査機関

  ・一般財団法人 新日本検定協会(〜平成27年3月31日まで)
  ・一般社団法人 日本海事検定協会

5 測定機器
  
  ゲルマニウム半導体検出器
  
   検出限界値  3Bq/kg
  

6 測定核種

  放射性セシウム(セシウム134、セシウム137)



7 測定食材(平成26年4月から)
  
  
当該保育園での当日の給食献立のうち、下記の食材について測定します。
  測定検体数:最大8品(当日検査分、最大2品を含む)

 (1)主食(米、パン)、牛乳

 (2)全国の検査で、平成26年4月から平成27年2月の間に、基準値(100Bq/kg)あるいはその1/2を超える放射性セシウムが検出された食材
 (3)(1)及び(2)を主原料とする加工品
 (4)その他必要と認めるもの

 ※(2)の具体的な品目については、厚生労働省「農畜水産物等の放射性物質検査について」(平成27年3月20日 食安発0320第1号)を参考に設定します。 

 【参考】(平成24年8月から平成26年3月まで)
 「米」及び当該保育園での当日の給食献立のうち、摂取量の多いものから順に、原則8品(当日測定は最大2品まで)を測定していました。

  

8 測定結果の公表

  こども青少年局のホームページで、給食実施当日に測定結果の公表を行います。 
 

    平成28年3月の測定結果

   
  平成28年2月の測定結果  


    平成28年1月の測定結果

  
  平成27年12月の測定結果


  平成27年11月の測定結果


  平成27年10月の測定結果


   平成27年9月の測定結果


    平成27年8月の測定結果


  平成27年7月の測定結果

   
  平成27年6月の測定結果
   

  平成27年5月の測定結果


    平成27年4月の測定結果 


    平成24年8月〜平成27年3月までの測定結果
  
     
 


○ 保育園給食における一食まるごと累積線量調査について
  
  
本調査は、平成25年9月17日に提供される給食をもって終了しました。 

 「平成25年度 横浜市で実施した食品の放射性物質の検査結果について」に掲載されています。



 


横浜市こども青少年局 | 作成: 2016年03月01日 | 更新: 2016年03月01日
このページに関するご意見・ご感想 e-mail : kd-jinzai@city.yokohama.jp | 電話 : 045-671-2397 | FAX : 045-664-5479
横浜市政に関するご提案やご意見などは市民からの提案まで
© 2000-2016 City of Yokohama. All rights reserved.