- トップメニュー|検索
  1. この場所は:こども青少年局トップ
  2. 青少年育成課
  3. 寄り添い型生活支援事業


寄り添い型生活支援事業について



  寄り添い型生活支援事業では、生活困窮状態にあるなど養育環境に課題があり、支援を必要とする家庭に育つ小・中学生等に対して将来の進路選択をの幅を広げ、生まれ育った環境によって左右されることなく、一人ひとりが基本的な生活・学習習慣を身に付け、自立した生活を送れるよう生活支援・学習支援等を実施しています。

対象者 生活保護世帯及び生活困窮状態にある家庭、養育環境に課題があり支援を必要とする家庭に育つ小・中学生及びその保護者など
支援内容

・将来の選択の幅を広げることを目的とした生活支援・学習支援
・対象者とその保護者への相談支援

運営主体 社会福祉法人、NPO法人等の法人に委託
施設

常設の居場所を設置し生活支援・学習支援を実施

頻度

原則として週5日、1日あたり5時間
※ 原則として、利用は対象者一人あたり週2回程度
※ 上記の基準を原則として、区と運営法人が協議して頻度を設定

スタッフ

責任者1名のほか、利用人数に応じて必要な支援スタッフ等を配置


横浜市こども青少年局 | 作成: 2014年05月08日 | 更新: 2016年12月12日
このページに関するご意見・ご感想 e-mail : kd-ikusei@city.yokohama.jp | 電話 : 045-671-2324 | FAX : 045-663-1926
横浜市政に関するご提案やご意見などは市民からの提案まで
© 2000-2016 City of Yokohama. All rights reserved.