- トップメニュー|検索
  1. この場所は:こども青少年局トップ
  2. 青少年育成課
  3. \ikusei\nojima.html
●● 横浜市野島青少年研修センター ●●  
  
  青少年団体や指導者の研修活動の場として設置している宿泊施設です。
  財
団法人横浜市青少年育成協会が指定管理者として管理運営を行っています。
  青少年の集団宿泊体験や指導者養成の場として、また青少年指導者・育成者の研修活動の場として
 利用されています。

財団法人横浜市青少年育成協会のホームページ   http://www.yokohama-youth.jp/


 ● 所在地
 ● 開館時間 及び 利用受付時間
 ● 休館日
 ● 施設の概要
 ● 利用者の範囲
 ● 利用の申込
 ● 利用料金
 ● 研修プログラム
●● 所在地 ●●

 〒236−0025
  横浜市金沢区野島町24−2 野島公園内

  電話 : 045−782−9169    FAX : 045−701−9599

  交通 : 金沢シーサイドライン 「野島公園」駅 より 徒歩8分
        京浜急行        「金沢八景」駅 より 徒歩20分
         *センターには利用者用の駐車場がありませんので、車での来所はご遠慮ください。
      


●● 開館時間 及び 利用受付時間 ●●

 開館時間         : (宿泊利用のない日) 9:00〜17:00 
 利用受付時間      : 9:00〜17:00

 利用できる時間     :  宿泊利用    利用開始日の14:00〜最終日の11:00
                  日帰り利用   9:00〜17:00

 利用申込の受付時間 :  9:00〜17:00(休館日を除く) *電話でも受け付けます。


●● 休館日 ●●

 施設点検日 (月1回。点検日程については、お問い合わせください)
 年末年始   (12月29日〜1月3日)


●● 施設の概要 ●●              
部 屋 名 面積(m2 定員(人) 内   容
第1研修室 216 108  一番大きな研修室で、視聴覚機器が充実しています。
第2研修室 121 66  60人程度の研修に適しています。2つに仕切って使うこともできます。
第3研修室 103 45  防音設備があり、音楽の練習に適しています。
和室(2室) 33 18×2  研修・会議等に利用できます。
食堂 440  200人が一度に食事することができます。
厨房  調理実習で使用する調理器具、食器等はすべてそろっています。
宿泊室 計200  二段ベットを設置しており、8人定員の洋室が25室あります。
浴室  大きな浴槽を備えた浴室が2つあります。
 《附帯設備・研修用具について》
  貸出施設の利用にあわせ、無料で利用できます。詳細はセンターにお問い合わせください。

 〈視聴覚機器〉                             ○:常設  ×:なし  △:備品として貸出可能

機 器 第1研修室 第2研修室 第3研修室 和室1 和室2 食堂
テレビ
VHSビデオ
レーザーディスク × ×
16ミリ映写機 × × × × ×
スライド映写機
OHC投影機
CD × ×
カセット × ×
マイク

 ・アンプつきマイク、CD・MD・カセットデッキの貸出も可能です(数に限りがあるため、事前にセンターにご確認ください)
 ・食堂では第3研修室の視聴覚機器を使用しますので、第3研修室と同時に使用することはできません。
 ・視聴覚機器は、故障の原因にもなりますので必ずセンター職員が設置、片づけを行います。

 〈その他の備品〉
  一部の備品についてのみ掲載しています。詳細はセンターにお問い合わせください。

  使用できる用具 使用上の注意
調理器具 調理台(6か所)、炊飯器、冷蔵庫
調理器具一式(ナベ、ザル、皿、包丁、まな板)  など
厨房責任者が事前に説明を受けてください。
研修用具 双眼鏡、トランシーバー、卓球台(ボールは各自持参) など 利用を希望される際は、必ず職員に申し出てください。
ケガや故障につながる恐れがありますので、設置・片付けはセンター職員が行います。


●● 利用者の範囲 ●●

  1. 主に横浜市内で活動する25歳未満の青少年団体
  2. 主に横浜市内を活動場所とし、青少年育成のための活動を行う団体

   *1.、2.とも、おおむね20名以上の団体
   *営利活動、宗教活動または特定の政党もしくは公の選挙に関し、特定の候補者を支持する活動を目的とした
     利用はできません。
   *利用できる人数  200名まで(引率者・責任者含む)
 

  ●● 利用の申込 ●●
宿泊利用、日帰り利用どちらの場合も利用許可申請書の提出が必要です。詳しい手続方法については、利用申込時にセンター職員にお問い合わせください。

《宿泊利用》
   利用したい日の3か月前の月の1日から受付をし、その月の第2日曜日の13:00に抽選会を行います。
   (7月21日〜8月31日の利用に関しては、別に抽選会を行います。)

   抽選会以降の申込は、
    抽選会の翌日より、利用したい日の2週間前まで受け付けます。


  《日帰り利用》
   利用したい日の4週間前より2週間前まで受け付けます。
 


 ●● 利用料金 ●●

 《宿泊利用》
  当センターは自炊施設です。調理器具・食器等は揃っていますので、食事の材料のみ持参してください。

利用団体の区分 利用料金額
高校生以下及びその引率者 1人1泊 600円
25歳未満(高校生以下を除く)及び青少年育成者・青少年指導者 1,200円
その他 2,400円

 《日帰り利用》
  日帰り利用には、利用料金の減免措置があります。詳しくはセンターにお問い合わせください。
部 屋 名 利 用 時 間 帯
午前(9:00〜12:00) 午後(13:00〜17:00) 1日(9:00〜17:00)
第1研修室 9,100円 12,100円 21,200円
第2研修室 全面 5,000円 6,800円 11,800円
半面 2,600円 3,400円 6,000円
第3研修室 4,400円 5,800円 10,200円
和室(1室につき) 1,400円 1,800円 3,200円
 
  ●●研修プログラム ●●
   屋内・屋外でできる研修プログラムがたくさんあります(掲載しているのは一例です)
   詳しい内容については、お気軽にセンターにご相談ください。  

屋内のプログラム 屋外のプログラム
調理実習
キャンドルファイヤー
軽スポーツ、レクリエーション
視聴覚機器を使用した研修
手づくり工作
音楽練習
 など
オリエンテーリング
ウォークラリー
自然観察(浜辺の生物、バードウォッチングなど)
野外炊事  ※
キャンプファイヤー ※
※ 野外炊事、キャンプファイヤーを実施する際は、
   野島公園事務所の許可が必要ですので、事前に公園事務所へ連絡をしてください。

    野島公園管理事務所   電話 045−781−8146



横浜市こども青少年局 | 作成: 2011年07月27日 | 更新: 2011年07月27日
このページに関するご意見・ご感想 e-mail : kd-ikusei@city.yokohama.jp | 電話 : 045-671-2324 | FAX : 045-663-1926
横浜市政に関するご提案やご意見などは市民からの提案まで
© 2000-2011 City of Yokohama. All rights reserved.