ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

重要なお知らせ

更新情報

トピックス

麻しん(はしか)  及び  風しん


logo 病気の説明

麻しん
  麻しん(はしか)は、麻しんウイルスの空気感染・飛沫感染・接触感染によって発症します。ウイルスに感染後、無症状の時期(潜伏期間)が約10〜12日続きます。その後症状が出始めますが、主な症状は、発熱、せき、鼻汁、めやに、赤い発しんです。症状が出はじめてから3〜4日は38度前後の熱とせきと鼻汁、めやにが続き、一時熱が下がりかけたかと思うと、また39〜40度の高熱となり、首すじや顔などから赤い発しんが出はじめ、その後発しんは全身に広がります。高熱は3〜4日で解熱し、次第に発しんも消失しますが、しばらく色素沈着が残ります。
  合併症を引き起こすことが30パーセント程度あり、主な合併症には、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎などがあります。発生する割合は麻しん患者100人中、中耳炎は約7〜9人、肺炎は約6人です。脳炎は約1,000人に1人の割合で発生がみられます。
  また、麻しんにかかると数年から10数年経過した後に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という重い脳炎を発症することがあります。これは、麻しんにかかった者のうち約10万人に1人の割合で見られます。
  麻しん(はしか)にかかった人のうち、1,000人に1人程度の割合で死亡することがあります。
<空気感染>
  ウイルスや細菌が空気中に飛び出し、1mを超えて人に感染することです。麻しん(はしか)、水痘、結核が空気感染します。

<接触感染>
  皮膚同士のふれあい、または手すりや聴診器など物体の表面を通じての間接的なふれあいで病原体が皮膚に付着し、感染が成立するもの。

<潜伏期間>
  ウイルスや細菌などの病原体が感染してから、症状が出るまでの期間をいいます。

風しん
  風しんは、風しんウイルスの飛沫感染によって発症します。ウイルスに感染してもすぐには症状が出ず、約14〜21日の潜伏期間が見られます。その後、麻しんより淡い色の赤い発しん、発熱、首のうしろのリンパ節が腫れるなどが主な症状として現れます。また、そのほかに、せき、鼻汁、目が赤くなる(眼球結膜の充血)などの症状が見られることもあります。子どもの場合、発しんも熱も3日程度で治ることが多いので「三日ばしか」と呼ばれることがあります。合併症として関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。血小板減少性紫斑病は風しん患者約3,000人に1人、脳炎は風しん患者約6,000人に1人ほどの割合で合併します。大人になってからかかると子どもの時より重症化する傾向が見られます。
  妊婦が妊娠早期に風しんにかかると、先天性風しん症候群と呼ばれる病気により、心臓病、白内障、聴力障害がある赤ちゃんが生まれる可能性があります。
logo 予防接種の方法
  平成18年4月1日に予防接種法施行令が改正され、麻しん風しん混合ワクチンのよる2回接種となりましたが、平成18年6月2日に予防接種法施行令が再び改正され、単独ワクチンの定期接種も認められました。これにより、平成18年3月31日以前に単独ワクチンを接種したお子さんも、2期の対象年齢にあたる場合は接種対象となります。
  また、平成20年4月から平成25年3月までに麻しん(はしか)を排除することを目的とした、「麻しん排除計画」に基づき、5年間の時限措置として、中学校1年生(3期)及び高校3年生(4期)に相当する方(麻しん及び風しんにかかったことのある方又は麻しん及び風しん予防接種を2回接種している方は対象となりません)に、麻しん及び風しん予防接種を実施することとなりますので、以下のとおり接種を受けてください。

1  1期接種
  生後12か月〜24か月未満の間に、麻しん風しん混合ワクチンを1回接種します。なお、麻しん及び風しん単独ワクチンの接種を希望する場合は、単独ワクチンを27日以上の間隔をあけて各1回接種します。
  ※麻しん及び風しん両方にかかったことのある場合は、接種対象とはなりません。

2  2期接種
  5歳〜7歳未満で小学校入学1年前の4月1日〜入学する年の3月31日までの間(いわゆる幼稚園の年長児)に麻しん風しん混合ワクチンを1回接種します。なお、麻しん及び風しん単独ワクチンの接種を希望する場合は、単独ワクチンを27日以上の間隔をあけて各1回接種します。
  ※麻しん及び風しん両方にかかったことのある場合は、接種対象とはなりません。

◆麻しんについての注意事項
  1歳前に保育園等に入園させる場合には、9か月から麻しん(はしか)単独ワクチンを任意(有料)で受けることをおすすめします。その場合、お母さんからの免疫の影響で免疫がつきにくいことがありますので、1歳になったら、法律で定められている予防接種(無料)を受けてください。
  ガンマグロブリン製剤の注射を受けたことのある方は3か月以上、川崎病などでガンマグロブリン製剤の大量療法を受けたことのある方は6か月以上経過してから、麻しんの予防接種を受けてください(ガンマグロブリンは血液製剤の一種で、A型肝炎などの感染症の予防目的や重症の感染症の治療目的などで注射することがあります)。

3  3期及び4期接種(平成20年度〜24年度までの5年間に限り実施)
  中学1年生及び高校3年生に相当する1年の間に、麻しん風しん混合ワクチンを1回接種します(麻しん及び風しんワクチンを2回接種している又は麻しん及び風しん両方にかかったことのある方は対象となりません)。なお、麻しん及び風しん単独ワクチンの接種を希望する場合は単独ワクチンを各1回接種(27日以上の間隔をあけて)します。

  ※麻しん・風しん予防接種については、妊娠していることが明らかな場合は、接種を受けることができませんので御注意ください。また、接種後2か月間は避妊が必要となります。
logo ワクチンと副反応
  
麻しん風しん混合ワクチン
  主な副反応は、発熱(接種した者のうち20パーセント程度)や、発しん(接種した者のうち10パーセント程度)です。これらの症状は、接種後5〜14日の間に多く見られます。接種直後から翌日に過敏症状と考えられる発熱、発しん、掻痒(かゆみ)などがみられることがありますが、これらの症状は通常1〜3日でおさまります。ときに、接種部位の発赤、腫れ、硬結(しこり)、リンパ節の腫れ等がみられることがありますが、いずれも一過性で通常数日中に消失します。
  まれに生じる重い副反応としては、アナフィラキシー様症状(ショック症状、じんましん、呼吸困難など)、急性血小板減少性紫斑病(紫斑、鼻出血、口腔粘膜の出血等)、脳炎及びけいれん等が報告されています。
  
麻しんワクチン
  主な副反応は、接種後5〜14日を中心として、37.5度以上38.5度未満の発熱(接種した者のうち約5パーセント前後)、38.5度以上の発熱(接種した者のうち約8パーセント前後)、麻しん様の発しん(接種した者のうち約6パーセント前後)がみられます。ただし、発熱の期間は通常1〜2日で、発しんは少数の紅斑や丘しんから自然麻しんに近い場合もあります。その他に接種した部位の発赤、腫れ、熱性けいれん(約300人に1人)、じんましん等が認められることがありますが、いずれもそのほとんどは一過性です。
  まれに生じる重い副反応としては、アナフィラキシー様症状、脳炎脳症(100〜150万人接種当たり1人以下)、急性血小板減少性紫斑病(100万人接種当たり1人程度)が知られています。
  ワクチン接種後に起こる亜急性硬化性全脳炎(SSPE)は極めてまれであり、自然の麻しんウイルスに感染し、発症した場合の1/10以下程度と報告されています。
  
風しんワクチン
  主な副反応は、発しん、じんましん、紅斑、掻痒(かゆみ)、発熱、リンパ節の腫れ、関節痛などが認められています。
  まれに生じる重い副反応としては、ショック、アナフィラキシー様症状があり、また、急性血小板減少性紫斑病(100万人接種当たり1人程度)が報告されています。

ここからフッターメニューです