ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です
  • 乱用される薬物
  • 危険ドラッグってなに?
  • 名前・見た目にだまされないで
麻薬・覚醒剤とは

乱用される危険性のある薬物は“こころ”すなわち精神に影響を与える作用をもっていて、中枢神経系を興奮させたり抑制したりして、多幸感、壮快感、ひどく酒に酔ったような状態、不安の除去、知覚の変容、幻覚などをもたらす働きがあります。
いくつか定義がありますが、麻薬とは、脳内に作用し、ひどく酒に酔ったような状態・多幸感・幻覚などをもたらす薬物のうち、依存性や毒性が強く健康を害する恐れがあるため、あるいは社会に悪影響を及ぼすため、国家等によって指定され、持つこと自体が禁じられているものを指します。
覚醒剤は、日本では他の麻薬と区別され、所持、製造、摂取が厳しく規制されています。

乱用される薬物
覚醒剤
俗称 エス、スピード、アイス、シャブ など
身体に及ぼす影響
  • 心拍数、呼吸、血圧の上昇、瞳孔が散大、食欲減退
  • 発汗、頭痛、かすみ目、めまい、不眠
  • 脳溢血、肺疾患、腎機能不全、不整脈、心不全、生殖器官の異常、肝炎など
精神に及ぼす影響
  • 気分の高揚、超人になったような強烈なバイタリティーを感じるが、薬の効果が薄れると、代わりに不安とうろたえ、混乱に一気に襲われる
  • 慢性的な精神症状として、幻覚や幻聴、幻視、幻臭など五感の異常。続いて妄想、不安、不眠、うつへの移行
  • 幻覚、妄想、パラノイア(偏執狂)などを含むアンフェタミンに起因する精神異常(サイコシス)
  • 薬物を止めても続くフラッシュバック(何かの刺激により幻覚・妄想などの精神異常が再燃すること)
大麻
俗称 ハシシ、ハッシ、スティック、チョコ など
身体に及ぼす影響
  • 心拍数の上昇、目の充血、口や喉の渇き、食欲増進
  • 免疫力の低下や白血球の減少
  • 記憶力や理解力の低下、時間感覚の異常
  • 脳障害、肺疾患、狭心症、生殖器官の異常など
精神に及ぼす影響
  • 妄想や異常行動、思考力低下
  • 偏執病等、精神病の要因
  • 薬物を止めても続くフラッシュバック(何かの刺激により幻覚・妄想などの精神異常が再燃すること)
コカイン
俗称 コーク、スノウ、クラック など
身体に及ぼす影響
  • 瞳孔の散大、血圧・心拍・呼吸・体温の上昇
  • 不眠、食欲減退、触感異常
  • 鼻の粘膜の腫瘍、鼻水、副鼻腔性頭痛、鼻腔内炎症
  • 脳内出血、脳卒中、動脈狭窄、動脈破裂、精神系統の各種発作
  • 脳の機能を破壊されることによる呼吸困難など
精神に及ぼす影響
  • 重度の依存性
  • 多幸感(恍惚感)が消失すると、イライラした抑うつ状態に苛まれる
  • 重度の偏執病の症状
  • 強迫的衝動的行動
  • 幻覚
  • 異常で不合理な考え方
ヘロイン(あへん系麻薬)
俗称 スキャッグ、スマック など
身体に及ぼす影響
  • 瞳孔の収縮、涙目、痒み
  • 意識障害、幻覚・妄想、記憶力の低下、けいれんなど
  • 呼吸困難から、ひきつけや昏睡に至り死亡することもある
  • 嘔吐感や慢性的に繰り返す下痢
  • 気管支炎、心不全、不整脈、胸痛、生殖器官の異常、肝炎など
精神に及ぼす影響
  • 重度の依存性、強い耐性
  • 強烈な陶酔感のあと、激しい禁断症状
  • 蟻走感(ぎそうかん。体中を小さな虫がはい回るような不気味な感覚)
有機溶剤(シンナー・トルエンなど)
俗称 アンパン、ジュントロ など
身体に及ぼす影響
  • 脱水、酸素欠乏、呼吸麻痺
  • 歯が溶けてボロボロになる
  • 咳、痰、手足のしびれ、歩行困難、筋肉萎縮、複視、視力低下、めまい、息切れ、肝機能障害、脳の萎縮・痴呆
精神に及ぼす影響
  • ものの見え方の変化(大きく見える、小さく見えるなど)、時間感覚の異常
  • 極度の疲労や情緒不安、孤独感
  • いらいらして落ち着きがない等の性格の変化
  • 有機溶剤精神病(幻視・幻聴、妄想、それらに基づく異常行動)
MDMA
俗称 エクスタシー、X、E、アダム など
身体に及ぼす影響
  • 脱水症、高血圧、心臓や肝臓の機能不全
  • 大量摂取による悪性の高体温(筋肉の著しい障害、腎臓・心臓血管の損傷)
  • 神経細胞の破壊及び永続的な(数ヶ月〜数年とも言われている)後遺症
精神に及ぼす影響
  • 混乱、憂うつ
  • 重度の不安(不安障害)、妄想、気分の障害、記憶障害、睡眠障害、衝動性の亢進、注意集中の困難など

写真引用)覚醒剤、ヘロイン、コカイン、有機溶剤:千葉県警察サイト 大麻:厚生労働省 報道資料 MDMA:厚生労働省九州厚生局 報道資料

依存性や毒性の強いアヘンやコカイン、覚醒剤等の麻薬は世界的に使用が厳しく規制されています。
麻薬は個人の心身をむしばむだけでなく、社会治安を崩壊し、反政府勢力や集団犯罪組織の重要な資金源となっているのです。
甘い誘いには乗らず、「断る勇気」を持ちましょう。

ここからフッターメニューです