ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

重要なお知らせ

更新情報

トピックス

食について

何をどれだけ食べたらいいの?〜食事バランスガイドの活用〜

つかえる!「食事バランスガイド」

主食、主菜、副菜を意識しましょう
 望ましい食事の基本は、「主食・副菜・主菜」がそろうことです。「主食」とは、ご飯やパン、麺類(炭水化物の供給源)です。「主菜」はメインのおかずで、材料にお肉やお魚、卵や大豆が使われた料理(たんぱく質源)です。「副菜」は、主に野菜やきのこ、いもや海藻類などが使われる小鉢やお味噌汁で、ビタミンミネラルの供給源になります。これらをそろえて、はじめて望ましい食事となります。
「食事バランスガイド」って?
 「食事バランスガイド」とは、平成17年6月に厚生労働省と農林水産省により、食生活指針を具体的な行動に結びつけるものとして、食事の望ましい組合せやおおよその量をわかりやすく示したものです。「何を」「どれだけ」食べたらよいか、主食・副菜・主菜等に分けて、イラストで示したものです。
食事バランスガイドを使った健康管理
 食事バランスガイドを使い、ご自身の食事をチェックしてみましょう。指折り数えることができる食事バランスガイドの「つ(SV)」の目安を、毎食意識してみましょう。まずは、副菜から数えてみることをおすすめします。
<1日の食事例>
 では、実際にコマを使って1日の食事をチェックしてみます。
間食について
 「菓子・嗜好飲料」はコマのヒモとして表現されています。「楽しく適度に」とることが大切です。
 また、間食は、食事と食事の「つなぎ」と考えてみてはいかがでしょうか。
 3食を補うものとしてヨーグルトや果物を食べる、次の食事の前倒しとしておにぎりを食べる等、間食イコールお菓子という考え方を変えてみましょう。
 なお、菓子・嗜好飲料の「適度」は1日200kcal以下です。
あなたの食事をチェック
・チェックブックを使って、普段の食生活を食事バランスガイドでチェックしてみよう!(厚生労働省ホームページへ) 


ページトップへ
ここからフッターメニューです