ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

重要なお知らせ

更新情報

トピックス

横浜健康経営認証

  人も企業も輝く横浜をめざし、「横浜健康経営認証」制度を始めています。
   横浜市では、従業員を人的資本と捉え、従業員の健康づくりを積極的に進める健康経営の手法を取り入れ、実践する事業所を認証します。
  認証を受けた事業所は、横浜市のホームページ等で積極的にPRします。
  また、認証事業所は、保健師や栄養士等による訪問相談や体組成計等の健康測定機器の貸出しなどを利用できるようになります。


   〜「第1回横浜健康経営認証」認証事業所が決定しました!(詳細はこちら)〜
 

    【対象】
   (1)市内事業所(市内に本社・本店、支社・支店、営業所等を有する事業所)であること
     (NPO法人、公益法人等も含む)
   (2)法人市民税及び事業所税を滞納していないこと
   (3)過去5年間に、重大悪質な事案で法令等に違反し、処分等を受けたことがないこと
   (4)東京証券取引所・経済産業省が行う「健康経営銘柄」を取得していないこと
 
  【審査】
   応募内容を基に、外部委員により構成された横浜健康経営認証委員会にて審査を行い、
  市長が認証します。
   審査にあたり、取組内容について、事前に照会、ヒアリングなどを行う場合があります。
 
  【認証区分】  
   「経営者の理解と関与」「健康経営の推進」「取組の評価」の視点に基づき、次の3つの区分で認証します。
  
    クラスA  :経営者が健康経営の概念を理解し、健康経営宣言等で明文化しているもの
   クラスAA :健康経営の推進体制の整備、従業員の健康課題の把握、健康行動の取組を実施しているもの
   クラスAAA:健康経営の取組結果を評価し、次の取組につなげているもの

  【認証基準】
   応募用紙から一次評価を行います。
   一次評価結果を基本とし、認証委員会において、PDCAサイクルの循環状況の確認等から総合的に評価します。
   ※評価項目については、「健康経営銘柄」の調査項目や経済産業省作成の「企業の健康投資ガイドブック」を参考に、
有識者の意見を踏まえて横浜市が実施する事業等の独自項目を加えて設定しています。
   認証基準の詳細はこちら[PDF74KB]
   
  <参考>
  経済産業省作成「企業の『健康投資ガイドブック』」
  【認証期間】   
  
 応募の翌年度の4月1日から2年間
   
  【応募方法】
   必要書類を下記の期間内に郵送・FAX・Eメールのいずれかの方法で御提出ください。
    <必要書類>応募用紙[PDF164KB] [Excel148KB]
             取組内容について参考となる資料
    <提出先>〒231-0017 横浜市中区港町1−1
           横浜市健康福祉局保健事業課 「横浜健康経営認証」担当あて
           FAX:045-663-4469
                        Eメール:kf-kenkouyokohama@city.yokohama.jp
 
   【募集期間】平成28年12月22日(木)まで  平成29年1月13日(金)まで延長  (消印有効)

    【募集要項等の各種資料】  
      募集要項[PDF564KB] 
      応募用紙[PDF164KB] [Excel148KB]
   「横浜健康経営認証」事業実施要綱[PDF228KB]
      横浜健康経営認証委員会(部会)設置要綱[124KB]
      よくある質問はこちら[PFD332KB]
     
    
★全国健康保険協会神奈川支部が実施する「かながわ健康企業宣言」こちらをご覧ください。
 
  2014年6月に政府が示した“「日本再興戦略」改訂2014-未来への挑戦‐”では、経営者等に対するインセン ティブとして、健康経営®に取組む企業が、自らの取組を評価し、優れた企業が社会で評価される枠組み等を構築するとされています。
 企業での取組が注目されている今、横浜市では、職場での社員の健康づくりに役立てていただくことを目的に、様々な情報を提供していきます。

 ※「健康経営」は、特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です。

 
ページトップへ

ここからフッターメニューです