ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

障害福祉のあんない

重要なお知らせ

更新情報

トピックス

g.小児慢性特定疾病医療給付

次の病気で治療を受けた場合(疾患毎に状態の基準があります。)の医療費を給付します。
家族の収入状況に応じて医療費の一部を医療機関の窓口で納めていただきます。

対象者

悪性新生物、慢性腎疾患、慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、内分泌疾患、膠原病、糖尿病、先天性代謝異常、血液疾患、免疫疾患、神経・筋疾患、慢性消化器疾患、染色体又は遺伝子に変化を伴う疾患群、皮膚疾患 の各疾患に罹患している18歳未満の方(ただし20歳未満まで年齢延長できます。)

必要なもの

医師の意見書等 詳しくは窓口へお問い合わせください。

窓口

 各区福祉保健センター


お知らせ(制度変更と新たに認定された疾病について)

平成27年1月1日より、現行の小児慢性特定疾患に代わり、小児慢性特定疾病医療費助成制度が実施されました。

 それに伴い、新たに200超の疾病が認定されました。新たに認定された疾病についての詳細は、下記ホームページにてご確認ください。

小児慢性特定疾病情報センター  (左をクリックするとホームページへ移動します)  

 新たに認定された疾病で、小児慢性特定疾病制度の医療費補助を申請する流れは以下のとおりです。

(1)上記ホームページの「小児慢性特定疾病とは?」から当該疾病の意見書を印刷します。

(2)主治医に意見書を記入してもらいます。

(3)お住いの区の区役所「福祉保健センター」へ

・医師記入済意見書

・患者様の健康保険証

・その他の医療証(お持ちの方のみ)

・身体障害者手帳(お持ちの方のみ)

・認印

をご持参いただき、申請書等をご記入いただきます(場合によっては追加の資料を再度ご提出いただくこともございます)。

(4)ご申請いただいた書類を横浜市小児慢性特定疾病審査会にて審査し、対象基準を満たしていた場合は、ご申請から2ヶ月ほどで、小児慢性特定疾病受給者証を発行いたします。


お知らせ(横浜市指定医療機関および指定医について)

 平成27年1月1日より、原則として小児慢性特定疾病の治療は、指定医療機関で受診することになります(緊急時、手続き中の場合を除きます)。

 また、小児慢性特定疾病意見書は、指定医でなければ作成できなくなります。

 横浜市に所在地がある医療機関(病院・薬局・訪問看護ステーション)及び横浜市に所在する医療機関に勤務する指定医は、以下の名簿のとおりです。

 なお、この名簿は定期的に更新されます。現在掲示が無くても追加手続き中の場合もありますので、掲示が無い場合は直接医療機関へお問い合わせください。

 医療機関の方へ、この指定医療機関ファイルは、平成28年5月31日までに受理した指定申請書に基づき作成しています。

 同日までにご申請いただいたにも関らず掲示が無い場合、掲示内容に誤りがある場合は、たいへん恐縮ですが、下記連絡先(医療援助課)までご連絡ください。

 なお、個別の指定通知につきましては、順次発送の予定です。

20160531_医療機関名簿HP.pdf
20160531_薬局名簿HP.pdf
20160531_訪問看護名簿HP.pdf
20160531_指定医名簿HP.pdf

お知らせ(横浜市内の医療機関の方へ)

・平成27年1月1日から新たな小児慢性特定疾病医療費助成制度が実施されますが、新制度では、都道府県・政令市等が指定した医療機関等(指定医療機関)が行う医療に限り、小児慢性特定疾病患者の方が助成を受けることができます。

 ・指定医療機関の指定を受けるには、横浜市への申請手続が必要になります。(現在、横浜市と委託契約を締結している医療機関においても、改めて指定医療機関の指定を受ける必要があります。)

 ・詳細については、下記をご覧ください。

【指定医療機関】申請手続きのお知らせ [PDFファイル/138KB]
【指定医療機関】横浜市指定申請書 [Wordファイル/59KB]
【指定医療機関】横浜市変更届出書[Wordファイル/47KB]
【指定医療機関】横浜市休止等届出書[Wordファイル/34KB]

【送付先】
〒231−0017
神奈川県横浜市中区港町1−1
横浜市役所 健康福祉局 医療援助課
「小児慢性特定疾病指定医療機関担当」 宛


お知らせ(指定医の登録について)

・新たな制度では、知事や市長が定める医師(指定医)の作成した医療意見書を添えて提出する必要があります。(ただし、平成26年12月31日までに申請する場合は、この限りではありません。)

 ・指定医の指定を受けるためには、申請手続きが必要になります。

 ・制度や手続きの詳細は下記をご覧ください。

新たな制度における指定医の申請手続きについて【PDFファイル/142KB】
指定医申請書【Wordファイル/74KB】
指定医申請書記入見本【PDFファイル/116KB】
送付書【Wordファイル/17KB】
専門医認定学会一覧【PDF/255KB】

・現在登録されている情報に変更があったときは、下の変更届出をご提出ください。

小児慢性特定疾病指定医変更届出書 【excelファイル/33.5KB】


お知らせ(小児慢性特定疾病児童等自立支援事業について)


 平成28年1月より、「小児慢性特定疾病児童等自立支援事業」を開始しました。慢性的な疾病を抱える児童及びそのご家族からの相談に応じ、必要な情報の提供及び助言を行うとともに、関係機関との連絡調整その他の事業を行います。

 

 ※本事業は、独立行政法人 神奈川県立病院機構神奈川県立こども医療センターに委託をして実施しています。

 

↓独立行政法人 神奈川県立病院機構神奈川県立こども医療センター ホームページ

http://kcmc.kanagawa-pho.jp/outpatient/counseling.html

  

 

1 相談支援事業 

     小児慢性特定疾病児童ご本人やご家族の不安解消を図るため、日常生活や学校生活を送る上で の相談や助言を行います。

 

(1)実施場所   独立行政法人 神奈川県立病院機構神奈川県立こども医療センター

 (2)相談方法   対面相談

           電話相談( 電話番号:045-711-2351(代表) 保健福祉相談窓口内線3136

           

(3)対応時間   月曜日〜金曜日(ただし祝日を除きます。) 830分〜1715

 

 

2 小児慢性特定疾病児童等自立支援員による支援事業

  自立支援員による個別支援を希望される方について、自立・就労の円滑化を図るため、地域の社会資源を活用し、各種支援策の利用計画の作成・フォローアップや関係機関との連絡調整を行うことにより、利用者の環境に応じた支援を行います。 

 

(1)実施場所     上記「1 相談支援事業」と同様です。  

(2)相談方法     上記「1 相談支援事業」と同様です。

(3)対応時間     上記「1 相談支援事業」と同様です。




(↑このページの先頭へ戻る)



小児慢性特定疾病医療給付についてのお問い合わせ先

横浜市 健康福祉局 生活福祉部 医療援助課
場所:横浜市中区尾上町1−8 関内新井ビル10F
電話:045−671−4115

FAX:045−664−0403
メール:kf-iryoenjo@city.yokohama.jp

ここからフッターメニューです