ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

障害福祉のあんない

重要なお知らせ

更新情報

トピックス

 福祉タクシー利用券の交付 

【内容】

1枚につき500円を限度に助成するタクシー利用券を交付します。1回の乗車につき、タクシー利用券を7枚まで使用できます。
なお、福祉タクシー利用券を使用しても「タクシー料金の割引」を受けることができます。

【対象者】

下記のいずれかに該当する市内にお住まいの方で、福祉特別乗車券又は敬老特別乗車証の交付を受けていない方
(1)下肢・体幹・視覚・内部障害のいずれかを含む1・2級の身体障害者手帳を持っている方
(2)愛の手帳(療育手帳)A1、A2(知能指数35以下)を持っている方
(3)下肢・体幹・視覚・内部障害の程度が3級でかつ愛の手帳(療育手帳)B1(知能指数36〜50)を持っている方
(4)精神障害者保健福祉手帳1級を持っている方
※ ただし、対象となる身体障害者手帳を65歳以上になってから交付された方は、タクシー券の交付対象となりません。

【交付枚数】

10月1日〜翌年9月30日まで年間84枚を交付します。
対象となる方のうち腎臓機能障害で人工透析に週3回以上通院している方には年間168枚を交付します。

【利用方法】

乗車の際には、身体障害者手帳、愛の手帳又は精神障害者保健福祉手帳を提示し、手帳番号を明記した福祉タクシー利用券を乗務員に提出してください。

【窓口】

手帳を持参のうえ各区福祉保健センターへ。

【次回以降の更新について】

次回の有効期間分の福祉タクシー利用券については、8月下旬頃、引き続き対象となる方へ郵送しますので、改めて申請する必要はありません。

【有効期間中(10月〜翌年9月)に「福祉特別乗車券」または「敬老特別乗車証」に切替える場合】

福祉タクシー利用券の残り枚数7枚(腎臓機能障害で168枚交付の方は14枚)=1か月分と換算して福祉特別乗車券等の利用開始月を決定するため、残数が不足している月までは切替えができません。
※切替えは有効期間中1回限りです。
※福祉特別乗車券・敬老特別乗車証との併給はできませんので、福祉タクシー利用券は返還していただきます。
※福祉特別乗車券に切り替える場合、年額1,200円(20歳未満600円)の利用者負担金がかかります。
 (敬老特別乗車証に切り替える場合、利用者負担金はありません)

タクシー利用券の
残りの枚数 (※)
84枚 77枚
以上
70枚
以上
63枚
以上
56枚
以上
49枚
以上
42枚
以上
35枚
以上
28枚
以上
21枚
以上
14枚
以上
7枚
以上
6枚
以下
乗車券等への
切替え可能月
10月
から
11月
から
12月
から
1月
から
2月
から
3月
から
4月
から
5月
から
6月
から
7月
から
8月
から
9月
から
切替
不可
(※)腎臓機能障害で168枚交付の方は、表中「残りの枚数」が2倍の計算となります。

 


 PDF福祉タクシー利用券利用者アンケート調査報告書(PDF形式 248KB)


■一般タクシーの利用について

神奈川県下で運行しているタクシー会社が対象です。乗車の際、タクシー券の利用についてご確認ください。
また、一般タクシー料金で乗ることができる、障害者や高齢者に配慮された「ユニバーサルデザイン(UD)タクシー」でも、福祉タクシー利用券を利用できます。

■福祉車両の利用について

福祉タクシー券で福祉車両を利用できる事業者は以下のPDFファイルのとおりです。利用する場合は、事業者へ予約して下さい。車種、利用方法、運行範囲等については、各事業者にお問合わせください。

 PDF福祉タクシー券で福祉車両を利用できる事業者一覧(PDF形式 149KB)


PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。
Adobe Reader を入手するAdobe Reader ダウンロードページへ
※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。

(↑このページの先頭へ戻る)

ここからフッターメニューです