ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

重要なお知らせ

更新情報

トピックス

特定医療費(指定難病)助成制度 指定医・指定医療機関について

指定医について

指定難病にかかっている患者の方が、医療費(調剤医療費を含む)の支給を受けるためには、
都道府県知事や政令指定都市市長から「指定医」の指定を受けた医師が記載した診断書である臨床調査個人票が必要になります。
指定医には、新規申請及び更新申請に必要な診断書の記載ができる「難病指定医」と、
更新申請に必要な診断書のみ記載できる「協力難病指定医」の2種類があります。
詳しい要件や必要書類については、こちらのご案内(PDF:583KB)をご覧ください。

指定医指定申請書(Word:25KB)
指定医指定申請書(PDF:118KB)

「協力難病指定医」の申請をされる方は、下記の日本医師会総合政策研究機構のワーキングペーパーをご確認の上、質問回答書を記入し提出してください。
http://www.jmari.med.or.jp/research/working/wr_624.html(外部リンク:日本医師会総合政策研究機構ワーキングペーパー)
質問回答書(PDF:178KB)


指定医変更届出書(Word:23KB)
指定医変更届出書(PDF:106KB)
指定医指定通知書の記載内容に変更がある場合、申請してください。
※主に指定難病の診断等を行う医療機関に変更があり、変更後も横浜市内の医療機関に勤務される場合、こちらの「指定医変更届出書」を提出してください。

指定医辞退申出書(Word:21KB)
指定医辞退申出書(PDF:100KB)
※主に指定難病の診断等を行う医療機関が横浜市外の医療機関に変更になった場合、「指定医辞退届出書」を提出してください。
なお、変更先の都道府県や政令指定都市で指定を受ける場合、
主に指定難病の診断等を行う医療機関の所在地がある都道府県または政令指定都市に再度新規申請をする必要があります。

指定医指定通知書再交付申請書(PDF:100KB)
紛失等により指定医指定通知書の再交付を希望される方は
こちらの用紙をご記入の上、申請してください。

指定医療機関について

指定難病にかかっている患者の方が、医療費(調剤医療費を含む。)の支給を受けるには、
都道府県知事や政令指定都市市長から「指定医療機関」の指定を受けた医療機関で医療を受けることが必要になります。

※「指定医療機関」と「指定医」の指定は異なります。指定医のいる医療機関であっても、特定医療費(指定難病)受給者証を取り扱うためには、指定医療機関の指定を受ける必要があります。
申請については、平成30年度版 特定医療費(指定難病)助成制度 指定医療機関の申請手続きについて(PDF:538KB)をご覧ください。

指定医療機関指定申請書(PDF:199KB)

指定医療機関変更届出書(PDF:198KB)
※必ず記入例をご確認ください。(PDF:289KB)
医療機関コードが変更となる場合は、「指定医療機関辞退申出書」及び「指定医療機関指定申請書」の提出が必要です。(辞退申出→新規申請の流れとなります。)

指定医療機関休止等届出書(PDF:196KB)

指定医療機関辞退申出書(PDF:193KB)

申請・問合せ先

郵送申請
〒231-0017 横浜市中区港町1-1
横浜市健康福祉局保健事業課 難病対策担当宛
電話:045-671-4405

ここからフッターメニューです