ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

重要なお知らせ

更新情報

トピックス

横浜市認知症初期集中支援事業(認知症初期集中支援チーム)


横浜市認知症初期集中支援事業(認知症初期集中支援チーム)の概要

 目的

認知症になっても認知症の人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域のよい環境で暮らし続けられるために、認知症の人やその家族に早期に関わる「認知症初期集中支援チーム」を設置し、認知症の早期診断・早期対応に向けた支援体制を構築します。

 事業の内容

専門職で構成するチームが、医療や介護につながっていない認知症の人や疑いのある人の自宅を訪問し、医療機関の受診や介護サービスの利用支援をしたり、認知症の状態に応じた助言等を行い、安定的な支援につなげます。

※チームの構成:保健師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、介護福祉士等の医療保健福祉に関する国家資格を有する者2名以上と認知症の専門医等1名以上で構成します。

 対象

在宅で40歳以上の認知症が疑われる人や認知症の人で、1か2のいずれかに該当する人

1 医療・介護サービスを受けていない人、または中断している人

2 医療・介護サービスは受けているが、認知症による症状が強く、対応に困っている人

 初期集中支援の内容

1 専門医療機関への受診に向けた動機付けを行い、継続的な医療支援につなげる

2 介護サービス利用の勧奨・指導を行う

3 認知症の重症度に応じた助言

4 食事や運動等の身体を整えるケアや生活環境の改善 等   ※期間はおおむね6か月

 利用方法(相談窓口)

初期集中支援チームに支援してほしい、近くに支援の対象になりそうな人がいる場合は、設置区の地域包括支援センターか区役所高齢・障害支援課へご相談ください。

   区役所(高齢・障害支援課)(PDF形式117KB)

 設置状況

 鶴見区・西区(平成27年9月1日設置)

 青葉区・港北区・神奈川区・磯子区・港南区・金沢区(平成28年9月1日設置)

 保土ケ谷区・旭区・緑区・泉区(平成29年9月1日設置)

 中区・都筑区・戸塚区・瀬谷区(平成30年2月1日設置)

 南区・栄区(平成30年9月1日設置)

 報道発表

  認知症初期集中支援チーム南区・栄区に新規設置(平成30年8月9日)(PDF形式659KB)

  認知症初期集中支援チーム市内4区に新規設置(平成30年1月10日)(PDF形式384KB)

  認知症初期集中支援チーム市内4区に新規設置(平成29年8月7日)(PDF形式415KB)

  認知症初期集中支援チーム市内6区に新規設置(平成28年8月3日)(PDF形式420KB)

  認知症初期集中支援チームを鶴見区と西区に設置します(平成27年8月27日)(PDF形式402KB)

ここからフッターメニューです