ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

重要なお知らせ

更新情報

トピックス

東日本大震災の被災者に敬老特別乗車証を有料で交付します

1 敬老パスとは

  提示することで、横浜市内の乗合バス、市営地下鉄、金沢シーサイドラインが利用できるフリーパス券です。
  交付にあたっては、一定のご負担をお願いしています。
横浜市が定める要件に該当する方は無料)
※利用できる交通機関についての詳細は、こちらをご覧ください。

2 対象者

横浜市に避難されている方のうち、以下の要件を全て満たす方
   ○ 70歳以上の方
   ○ 総務省の「全国避難者情報システム」に記載のある方
   ○ 避難先所在地が横浜市内である方
   ○ 避難元市町村の住所地が東日本大震災による特定被災区域の指定を受けている方

3 実施期間

○平成24年9月30日まで

 敬老特別乗車証は、毎年一律に9月30日までを有効期間としているため、平成23年9月30日までにお申込なさる場合は、平成23年9月30日までの証と平成24年9月30日までの証の2種類の申込が可能です。

4 申し込み方法

   【1】 保険証などの身分証をお持ちのうえ、避難先の区役所高齢・障害支援課にお越しください。

   【2】 申請書をご記入ください。

   【3】 負担金が記載された納付書(無料の方は引換券)をお渡しします。

   【4】 横浜市内の郵便局にて納付書に記載された金額をお支払いください。
       その場で敬老パスを交付します。

       ※銀行など他の金融機関や、横浜市外の郵便局ではお取扱できません。
        受付時間は、平日の9時〜16時です。

 ※ 既に避難者登録システムに登録された方で、区役所窓口で申請されていない方へは、避難者登録システムへ登録されたおよそ1ヵ月後に申請書を送付いたします。交付を希望される場合は、送付された申請書を区役所に持参または郵送してください。

5 料金

   避難者システムに登録された日や、生年月日によって異なります。

   避難者システムに登録している避難先に送付される納付書でご確認ください。

   敬老パスの有効期間である1年間全てを通して利用資格がある方は、年額3,200円です。

   その他の方は、利用資格のある月数での月割りとなります。

   

但し、下記事項に該当する方は無料となりますので、必ず証明書(コピー可)を申請書に同封してください。
※ 証明書をご提出いただけない場合は、有料となります。

1 身体障害者手帳1〜4級
2 横浜市の愛の手帳の等級A1〜B1に該当する方
3 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方
4 被爆者健康手帳をお持ちの方
5 戦傷病者手帳をお持ちの方
6 母子生活支援施設に入所されている方
7 児童扶養手当を受給されている方
8 世帯全員が非課税で老齢福祉年金を受給している方
9 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律による支援給付を受給する世帯に属している方

ここからフッターメニューです