ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

重要なお知らせ

更新情報

トピックス


小規模多機能型居宅介護事業所及び看護小規模多機能型居宅介護事業所(複合型サービス事業所)の整備を希望される事業者の方へ

  横浜市では、「高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」に基づいて小規模多機能型居宅介護事業所の整備を進めています。 また、医療ニーズの高い要介護者が地域で生活が送れるよう、看護小規模多機能型居宅介護事業所についても整備を進めています。

 今後の整備予定計画一覧はこちらをご覧ください。
 既に開所している事業所の一覧はこちらをご覧ください。


.平成30年度整備募集に関する情報←7/24 NEW

 

 【平成30年度整備分事業者募集が終了しました】

 小規模多機能型居宅介護事業は2件の事業計画が挙がりました。
 なお、審査結果の公表は、平成29年10月下旬頃を予定しています。
 
 次回の募集は、時期未定です。

参考掲載●平成30年度整備募集「建設の手引き」等 ※募集終了

募集概要:
小規模多機能型居宅介護事業 看護小規模多機能型居宅介護事業 認知症対応型共同生活介護事業建設の手引き参照
募集圏域:1 小規模多機能型居宅介護事業
      ア 未整備圏域(31圏域)
      イ 1か所整備済み圏域(80圏域)
      ウ 鶴見、神奈川、中、南、港南、保土ケ谷、旭、金沢、港北、緑、青葉、泉、瀬谷の13区の
        2か所目整備済圏域25圏域
     2 看護小規模多機能型居宅介護事業
       看護小規模多機能型居宅介護事業所の整備済み圏域を除く、すべての圏域(134圏域)
     (※ 参照:「建設の手引き」P.5P.12
補 助 金:1 小規模多機能型居宅介護事業
            整備費は未整備圏域での事業計画のみ、施設開設準備経費はすべての事業計画を対象
     2 看護小規模多機能型居宅介護事業
      整備費、施設開設準備経費どちらもすべての事業計画を対象
指定期限:平成31年4月1日までに、介護保険事業者として指定を受けること
申請書類:必ず事前に来庁日時をお約束の上
事業計画書をご提出ください。
    ※事業計画書の様式が前回募集から変更となっています。必ず最新のものをダウンロードの上、ご作成ください。

応募締切:平成29年7月24日(月)17:00〈厳守〉


★事業計画書作成に係る質問又は事前相談にあたって来庁を希望される場合は、事前相談等申込票Eメール(kf-kscm@city.yokohama.jp)またはFAX045-681-7789)で必ずお送りください。

◎認知症対応型共同生活介護事業所の事業者募集はこちをご覧ください。



2.市内高齢者施設の防犯対策事業について

 詳細はこちらをご覧ください。


3.消防用設備設置費補助事業について

 本市では予算の範囲内において、消防用設備設置に係る工事費用の一部補助を実施しています。
 詳細については、こちらをご覧ください。

 当該補助事業に関するご質問等については、介護事業指導課(045-671-3414)までご連絡ください。


4.防災改修等補助事業について

 本市では予算の範囲内において、防災対策を目的として行う改修工事に対して、工事費用の一部補助を行っています。
 詳細については、こちらをご覧ください。


 当該補助事業に関するご質問等については、介護事業指導課(045-671-3414)までご連絡ください。
 

5.事業所整備に必要な要綱等

6.参考情報

7.問合せ

事業者募集・整備関係:健康福祉局 介護事業指導課(電話:045-671-3414)
サービス内容・指定手続き:健康福祉局 介護事業指導課(電話:045-671-3466)

ページトップヘもどる

ここからフッターメニューです