ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

重要なお知らせ

更新情報

トピックス

横浜市国民健康保険のページ

<特定健康診査のご案内>


  横浜市国民健康保険では、内臓脂肪の蓄積に起因する高血圧症、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病をみつけ、生活習慣の改善、病気の予防を目的とする「特定健康診査」を無料実施しています。
 特定健康診査PR動画
  九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)で受診率向上を目指してPR動画を作成しました。
 夫婦でいっしょに特定健診へ行こう
  夫婦のコミカルなやり取りに丁寧な説明を組み合わせて、特定健康診査を受診する必要性を分かりやすく呼びかけます。
 自分のため?何のため?特定健診を受診しよう!
  新学期にスリムになって現れた教師。夏休みの間に何があったのか。教師の話を聞いた娘が父親の健康を願い特定健康診査受診を熱心に勧めます。
               
 目次
対象となる人
実施内容(検査等の項目)
窓口での自己負担額
実施期間
実施機関
受診券の送付について

 特定健康診査の対象となる人
 平成30年度は、つぎの(1)、(2)いずれかに該当する方が対象となります。

(1) 4月1日以前から引き続き横浜市国民健康保険に加入していて、平成31年3月31日までに40歳〜75歳の誕生日を迎える方(国の基準による対象者)
(2) 4月2日以降に横浜市国民健康保険に加入した方で、平成31年3月31日までに40歳〜75歳の誕生日を迎える方(横浜市独自の対象者)

 なお、上記条件を満たす人であっても、下記枠内の(1)〜(9)に該当する人は、特定健康診査の対象とはなりませんのでご注意ください。
 【特定健康診査の対象とならない人】

 (1) 4月1日において、妊娠中の人、又は出産後1年未満の産婦の人
 (2) 4月1日において、刑事施設、労役場、その他これらに準ずる施設に拘禁されている人
 (3) 4月1日において、病院又は診療所に既に6か月以上継続して入院している人又は、年度内において病院や診療所に6か月以上継続して入院している人
 (4) 障害者支援施設に入所している人
 (5) 独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園の設置する施設に入所している人
 (6) 特別養護老人ホームに入所している人
 (7) 養護老人ホームに入所している人
 (8) 有料老人ホームに入居している人
 (9) 介護老人保健施設に入所している人
 

【生活習慣病等で現在治療中の方へのお願い】

 既に糖尿病、高血圧症又は脂質異常症で服薬治療中や人工透析で通院治療中など医療管理が行われている場合は、特定健康診査を受診する前に受診の必要性について主治医とご相談ください。

 特定健康診査の実施内容(検査等の項目)
 特定健康診査は、内臓脂肪の蓄積に起因する高血圧症、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病を早期にみつけるため、次の項目で実施します。
 また、横浜市国民健康保険の特定健診では、独自に健診項目を追加しており、腎臓の機能の働きや、尿路、前立腺の働きも確認することが出来ます。

〔受診者全員が受ける検査項目(基本的な項目と横浜市国保の追加項目)〕
  検査等の目的検査項目
問診

診察

生活習慣病の治療状況や生活習慣を知る

問診(服薬及び喫煙歴、食事、運動、睡眠等生活習慣)

自覚症状や他覚症状を診る

身体診察

検査の項目

内臓脂肪型の肥満かどうか

身長、体重、腹囲測定
BMI体格指数 (体重kg÷身長m÷身長m)

高血圧かどうか

血圧測定

脂質異常かどうか

血液検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)

糖尿病かどうか

血液検査(空腹時血糖、ヘモグロビンA1c)
尿検査(尿糖)

腎臓の機能の状態はどうか

尿検査(尿蛋白)、eGFR(参考値)(※)
血液検査(※クレアチニン、※尿酸)

肝臓の機能の状態はどうか

血液検査(GOT、GPT、γ−GTP)

膀胱・尿路系に異常はないか

尿検査(※尿潜血)

 ※印の検査は、国が定めた特定健康診査の基本的な項目以外の検査です。
  (横浜市国保独自追加項目)

  ・ 血清クレアチニン: 腎臓の働きを確認します。
  ・ 血清尿酸: 痛風かどうかを確認します。
  ・ 尿潜血: 尿路からの出血がないか確認します。
  ・ eGFR : 腎臓の働きを確認します。
   

〔医師の判断により必要とされた場合に受ける検査項目(詳細な項目)〕
検査等の目的検査項目

貧血はないか

血液検査(赤血球、血色素量、ヘマトクリット値)

心臓の機能の状態はどうか

心電図

動脈硬化等血管の状態はどうか

眼底検査

 
【詳細な項目(上記の検査項目)を実施するための国基準】
 

1 貧血検査
 貧血の既往歴があるなど、医師が必要と判断した方に行います。

2 心電図検査
 
当該年度の特定健康診査の結果において、
 収縮期血圧140mmHg以上 若しくは 拡張期血圧90mmHg以上 又は自覚症状及び他覚症状の有無の検査において不整脈が疑われる方に行います。
 
3 眼底検査
 当該年度の特定健康診査の結果において、血圧 又は 血糖が次の基準に該当した方に行います。
 ア 血圧:収縮期血圧140mmHg以上 又は 拡張期血圧90mmHg以上
 イ 血糖:空腹時血糖126mg/dl以上 又は ヘモグロビンA1c6.5%以上
※ただし、当該年度の特定健康診査の結果において、上記ア、イ両方共に該当しない場合、前年度の特定健康診査の結果等において、上記イに該当するものを含む。

 窓口での自己負担額(受診料)

無料*

 ※平成30年4月より自己負担額が無料となりました。

 特定健康診査の実施期間
 平成30年度は下記の期間内に受診してください。
 平成30年4月1日 から 平成31年3月31日まで

 特定健康診査の実施機関
 特定健康診査は、横浜市国民健康保険が委託した健診実施機関において、受診することができます。

 受診券の送付について
 4月1日以前から引き続き横浜市国民健康保険に加入している方のうち、平成30年度中に40歳〜74歳になる方については、特定健康診査の受診に必要な「受診券」 を個別に送付します。
 受診者の利便性の向上および健診機会の確保のため、受診券の送付が年1回になりました。
 平成30年度の受診券発送時期は下記のとおりです。
平成30年5月末に発送しました

 
 特定健康診査は、平成31年3月31日までお受けいただくことができますが、特に年度末は健診実施機関の窓口が大変混み合います。
 できるだけご案内する受診奨励期間内に受診していただくよう、ご理解とご協力をお願いいたします。
 なお、上記の表にある発送時期よりも早く受診を希望される方や、4月2日以降に横浜市国民健康保険に加入された方は、お住まいの区の区役所保険年金課保険係へ申請していただければ、受診券を交付いたします。

 昨年度の特定健康診査の受診結果に基づき、現在特定保健指導をご利用されている方は、特定保健指導の終了後に特定健康診査を受診してください。

〔 年度途中(4月2日以降)に横浜市国民健康保険に加入した方 〕
 年度途中に横浜市国民健康保険に加入した方については、以前に加入していた健康保険(または職場)で、健診を受けていた可能性があることから、一律に受診券を発送することは行っていません。
 横浜市国民健康保険の特定健康診査の受診を希望する場合は、お住まいの区の区役所保険年金課保険係に申請し、受診券の交付を受けてください。

〔 今年度(平成30年度)75歳になる方 〕
 75歳の誕生日以降は後期高齢者医療制度に移行し、特定健康診査を受けられないことから、一律に受診券を発送することは行っていません。
 75歳の誕生日前日までに特定健康診査の受診を希望する場合は、お住まいの区の区役所保険年金課保険係に申請し、受診券の交付を受けてください。
   
 ⇒75歳以上の後期高齢者医療制度加入者「横浜市健康診査」について
 
 特定健診の受診後は…

 特定健診の結果等により、生活習慣の見直しが必要と判断された方には、3〜6か月間のサポートプログラム「横浜市国民健康保険特定保健指導」をご利用いただき、生活習慣を変えるお手伝いをします。

「横浜市国民健康保険特定保健指導」について詳しいご案内はこちらから


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇   よくあるご質問  ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 

Q 今年度中に75歳になります。横浜市国民健康保険の被保険者ですが、今年度はまだ受診券が届きません。特定健康診査を受けることはできないのでしょうか?
 
A 
75歳の誕生日を迎えると、これまでの国民健康保険から後期高齢者医療制度へと健康保険が変わります。 
  後期高齢者医療制度へ変わると、横浜市健康診査の対象になることから、年度の途中で75歳になる方に対しては、特定健康診査の受診券をお送りしていません。ただし、75歳の誕生日前日までは、これまでどおり特定健康診査を受けることも可能です。
  受診を希望される方は、お住まいの区の区役所保険年金課保険係に申請し、受診券の交付を受けてください。
 
 【75歳以上の方の健診に関するお問合せ先】

 横浜市けんしん専用ダイヤル(TEL 045-664-2606)
 健康福祉局保健事業課(TEL 045-671-2453)
 または各区福祉保健センター福祉保健課

 現在、特定保健指導を利用しています。今年度は、特定健康診査を受けることはできますか?
 
 昨年度の健診結果に基づき、現在特定保健指導を利用している方は、特定保指導終了後に特定健康診査を受診し、特定保健指導の成果を確認してくださいますようお願いします。
  また、お手元に今年度の受診券と、昨年度の健診結果に基づく特定保健指導利用券をお持ちの場合は、特定保健指導を先にご利用いただき、その成果を特定健診でご確認ください。
  なお、受診奨励期間を過ぎても、有効期限(平成31年3月31日)までは、特定健康診査を受診することができます。

 年度末に特定健診を受診しようとしたが、予約がいっぱいで受診できません。有効期限を過ぎても特定健診を受診することは可能ですか。
 
A 
受診券の有効期限を過ぎてからの健診受診は出来ません。年度末は予約等で混みあい、「予約が取れない」といったお問合せを数多くいただきます。
  年度末や、風邪等が流行する季節は健診機関も混雑し、予約が取れない場合もあります。是非とも、早めの受診をおすすめします。

 人間ドック費用の補助事業はありますか。
 
A 
横浜市国保で実施していた人間ドック費用の補助事業は、平成20年度から、特定健康診査・特定保健指導が実施されたことから廃止になりました。今後は特定健康診査・特定保健指導をぜひご活用ください。

 〔特定健康診査に関するご質問は、下記の専用ダイヤルへ〕


 横浜市けんしん専用ダイヤル

電 話 : 045−664−2606 

FAX : 045−664−2828

(月〜土 8:30〜17:15 祝休日および年末年始は除く)
ここからフッターメニューです