ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

重要なお知らせ

更新情報

トピックス


概要

“Happy! Wellness Wave ”第二期として、タバコの「受動喫煙防止」にフォーカスした健康啓発を展開しています。
受動喫煙の害については、医学的に明らかであるにもかかわらず、一般には必ずしも正しい情報が普及しておりません。
「副流煙」の恐ろしさを広くお伝えするため、通勤通学など多くの方々に利用される電車を活用し、広報活動を展開してまいります。

実施期間

第2期 2008年11月24日〜2009年3月31日
全ての京急電車内に啓発ポスター(窓上に通常広告の2倍のワイドサイズ)約800枚を掲出
(11月24日〜1月13日までの2か月間を啓発強化期間として連続掲出し、その後3月末まで断続的に掲出)

※本啓発ポスターは、横浜市交通局市営地下鉄全276車両にも掲出します。
(1月〜3月末まで断続)

ポスター


京急電車の車内に掲示中のポスターをご紹介します。

禁煙ポスター

受動喫煙防止ポスター配布終了のお知らせ

 本キャンペーンで作成したポスターについて
「市内に数箇所の事業所があるので、社員啓発用に数枚譲ってほしい」
「病院内に来院者啓発用として貼りたいので、分けてもらえないか」
などお問い合わせをいただいたことから、希望される方に無料でお分けしてきました。
 皆様から多くのご希望をいただき、平成27年10月末にて在庫がなくなりましたので、
ポスターの配布を終了させていただきます。
 
 ありがとうございました。

タバコの害について

 タバコの煙は、4,000種類以上の化学物質を含み、そのうち有害物質は200種類以上、発がん性物質の疑いが あるとされるものが約60種類といわれています。
 また、喫煙者本人が吸い込む「主流煙」よりも、タバコの先から立ち上る「副流煙」のほうが有害物質を多く含んでいます。

→リーフレット「受動喫煙ってなに?」へ(PDFファイル559KB)

タバコの煙は肺胞(肺の組織)を破壊します。
破壊された肺は元に戻らず、咳や息切れなどの症状が発生します。

タバコを吸わない人の肺写真   1日10本、50年間喫煙を続けた人の肺写真   1日60本、55年間喫煙を続けた人の肺写真


(写真提供/呉羽内科医院 水上陽真氏)

記者発表資料

横浜市が行った報道発表の資料を掲載します。
2009年1月8日 受動喫煙防止ポスター無料でお分けします!
2008年11月28日 ハッピー! ウエルネス ウェーブ 2008−2009

メディア掲載

神奈川新聞、CSテレビ・朝日ニュースター”MY JAPAN”、月刊へるすあっぷ21で取り上げられました!
メディア掲載についてはこちら




ハッピー!ウエルネスウエーブ トップページへ

禁煙サポートのページへ

ここからフッターメニューです