ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

災害時等の衛生対策に関する情報

 ここは横浜市保健所健康安全部生活衛生課のサイトです。災害時や水害時の衛生対策に関する情報を提供しています。

目次

災害応急用井戸について

 横浜市では、『災害時の生活用水の確保』として、災害時に地域の方々へ洗浄水などの生活用水として提供してくださる井戸(災害応急用井戸)を募集しています。

災害応急用井戸の指定の手続の流れ

井戸の所有者等の方で、災害時の生活用水として提供いただける場合
 ↓
井戸がある区の福祉保健センター生活衛生課へ申出
 ↓
福祉保健センター生活衛生課職員による井戸の調査(所有者等の立会いが必要です。)
 ↓
指定要件を満たす場合、災害応急用井戸として指定※
指定要件を満たさない場合、施設の改善等を助言
 ↓
改善等により、指定要件を満たした場合、災害応急用井戸として指定※

 ※指定の際に、災害応急用井戸指定通知書、「災害用協力の家」プレート等をお渡しします。

ページ先頭へ戻る

災害応急用井戸の指定要件

 災害時に洗浄水などの生活用水として衛生的に活用していただくため、井戸水の水質や井戸の構造等について、一定の要件を満たす井戸を災害応急用井戸として指定しています。
 指定の要件は、次のとおりです。

1 市内の井戸又は湧水であること。所有者等がいること。

 日常管理を行っていることを確認するため、所有者又は管理者がいる横浜市内の井戸(湧水)を指定しています。

2 要綱に定める水質基準(PH、臭気、色度、濁度)を満たすこと、井戸本体及び周囲の状況が清潔であること。

 要綱に定める水質の基準、井戸の構造の基準は、次のとおりです。

≪水質基準≫
項目基準
PH 5.8以上8.6以下であること
臭気 異常でないこと
色度 5度以下であること
濁度 2度以下であること
≪構造基準≫
項目基準
井戸の立上げ おおむね15センチメートル以上あること
ふた 防水密閉であること。また上部に水を汚染するものがないこと。
周辺の状況 井戸を汚染するようなものが周囲にないこと

3 市内住民に周知できるよう井戸又は湧水の所在地、所有者氏名等の必要事項を公表できること。

 災害応急用井戸に指定されますと、横浜市が発行する災害応急用井戸名簿に、井戸所有者氏名、井戸の所在地等が掲載されます。
 この名簿は、災害時に活用していただくため、地域防災拠点や、町内会、自治会、区役所の窓口等に配備されます。
 名簿は、どなたでも閲覧することができるため、井戸の所在地、所有者氏名が公表されることについて同意を得られる場合に、災害応急用井戸として指定をしています。

ページ先頭へ戻る

災害応急用井戸に指定された後の管理等

1 「災害用協力の家」プレート等

 災害応急用指定の際に、所有者等の方へ、次の3つをお渡しします。
 ○「災害用井戸協力の家」プレート
 ⇒近隣の方がわかりやすい場所(例えば門など、道路から見やすい場所)に掲示します。
「災害用井戸協力の家」プレート

○「災害用井戸の注意事項」プレート
⇒井戸の周囲等、井戸水を利用する際に見やすい場所に掲示します。
「災害用井戸の注意事項」プレート

※「災害用井戸の注意事項」プレートの記載内容は次のとおりです。
【災害用井戸の注意事項】
災害時、井戸水を使う時に
○お配りしてある水質検査試薬で井戸水を検査し、有害物質がないことを確認してください。
(水質検査試薬の使用方法は、説明書に記載してあります。)
○井戸水は、生活用水として使用し、飲み水は、地域防災拠点等で供給される飲料水や備蓄されたものを使用してください。
日常の管理
○水質保持とポンプ等の点検を兼ねて、週1回以上井戸水を汲んでください。
○井戸やその周囲をいつも清潔にしてください。
<横浜市>

○有害物質を検査する簡易水質検査試薬(pH値検査用試験紙、使用説明書入り)
⇒所有者等の方が保管していただき、災害発生後に汲み上げた井戸水に有害物質の影響がないことを確認するために使用します。
pH値検査用試験紙、使用説明書

2 横浜市で行う水質検査等

 水質状況を確認するための簡易的な水質検査及び井戸周辺状況の調査を行うことがありますので、御協力をお願いします。(調査前に御連絡します。)

3 日常の衛生管理

 災害時等に安全に井戸水を活用することができるようにするため、日常の衛生管理をお願いします。

ページ先頭へ戻る

災害応急用井戸の管理

 井戸の清浄度を保ち、災害時等に安全に井戸水を活用することができるようにするためには、通常から、井戸水と井戸周囲について点検等を行うことが重要です。
 次のチェックポイントを参考に、点検を行うようにしましょう。

1 井戸のふたはありますか?

 井戸にふたがないと、ごみや汚物等が入り、井戸水が汚染されることがあります。
 ふたがない場合は、ふたをして(上を覆うなどして)ごみ等が入らないようにしましょう。

2 井戸のふたの上に物をおいていませんか?

 井戸のふたの上に油缶や洗剤などが置いてある場合、ふたが破損した時に井戸水が汚染されてしまうことがあります。
 ふたの上には物を置かないようにし、清潔にしましょう。

3 井戸のふたに亀裂はありませんか?

 たとえ井戸のふたの上を清潔にしていても、ふたに亀裂があると雨水などが井戸に入ってしまいます。
 井戸のふたに亀裂がる場合は補修しましょう。

4 井戸の立上げは十分ありますか?

 立ち上げが低い井戸は大雨などが降ったとき、汚水等が井戸に流れ込む恐れがあります。
 立ち上げが十分(15cm以上)にない場合は、井戸に立上げを設けるなどして、汚水等が流入しないようにしましょう。

5 井戸の周囲は清潔ですか?

 井戸の周囲に「ごみ、汚物、たまり水等」があると井戸水の汚染の原因となります。
 「整理、整頓、清潔」を心がけましょう。

6 井戸の周囲に水を汚染するものはありませんか?

 井戸の周囲にある浄化槽、排水マスなどが破損していると、汚水等がそこから漏れて井戸水に混入することがあります。
 井戸本体の近く(5m以内程度)にこれらの設備がある場合は、設備の管理に十分注意し、汚水等が漏れていないことを定期的に確認しましょう。

7 井戸水に色、濁り、匂いはありませんか?

 定期的に井戸水を汲み上げていただき、水に色、濁り、匂い等の異常がないことを確認しましょう。
 ※災害応急用井戸は生活用水としての使用を目的としています。飲料水には水道を使われることをお勧めします。
(参考:受水槽の衛生管理に関する情報「井戸水」のページ)

ページ先頭へ戻る

申請書等のダウンロード

 災害応急用井戸の指定を申し込む場合の申請書、災害応急用井戸の変更又は廃止の届出書がダウンロードできます。
書類の申請(届出)先は、井戸がある区の福祉保健センター生活衛生課になります。

ページ先頭へ戻る

災害応急用井戸に関する要綱・要領

ページ先頭へ戻る

現在の災害応急用井戸数 NEW!!

 平成28年4月1日の横浜市内の災害応急用井戸の施設数は2,617施設です。
 区別の内訳は、次のとおりです。

区名施設数
鶴見  94
神奈川 133
西  19
 54
 73
港南  56
保土ケ谷 118
317
磯子  69
金沢 201
港北 100
172
青葉  99
都筑 129
戸塚 318
 77
462
瀬谷 126

ページ先頭へ戻る


水害時の衛生対策と消毒方法

 台風や集中豪雨などがあると水害が起こることがあります。

家屋等が浸水した場合

 豪雨時等に路面が冠水すると下水道が逆流する可能性があります。下水道には汚水が混入している場合がありますので、そのような汚水によって、家屋等が浸水した場合は、洗浄により十分に汚れを除去して消毒するようにしてください。(消毒は、洗浄後でないと、効果を発揮することができません。)
 路面が冠水しない状況で、雨水が浸水した場合は、水道水でよく洗浄を行えば衛生対策として十分ですが、地域の状況によっては汚水が混入する可能性もありますので、消毒作業が必要となることがあります。

ページ先頭へ戻る

衛生対策について

 家屋等が浸水した場合、次のとおり洗浄及び衛生対策を行ってください。

床上浸水の場合

  1. 家の周囲や床下などにある不要なものや汚泥などを片付けてください。
  2. 床下は雑巾等で吸水し、扇風機等により強制的に換気するなど乾燥に努めてください。
  3. 水が引いた後、濡れた畳や家の中の不要な物を片付けてください。
  4. 汚れた家具や床・壁などは、水で洗い流すか、雑巾で水拭きするなどしてください。
  5. 食器類や調理器具などは、水洗いして汚れをきれいに洗い流してください。
  6. 食器棚や冷蔵庫などは、汚れをきれいに拭き取ってください。

床下浸水の場合

  1. 家の周囲や床下などにある不要なものや汚泥などを片付けてください。
  2. 床下は雑巾等で吸水し、扇風機等により強制的に換気するなど乾燥に努めてください。

食中毒、感染症の予防に

  1. 水道水に異常を感じた場合はお住まいの区の水道局営業所に連絡してください。
  2. 受水槽は、安全と衛生を点検・確認してから使用してください。
  3. 水に浸かった食品や、停電により保存温度が保てなかった要冷蔵・冷凍食品はできるだけ廃棄してください。
  4. からだに異常を感じたら早めに医療機関で受診してください。
  5. 食事の前や用便の後などは、しっかりと手を洗ってください。

ページ先頭へ戻る

消毒方法について

 消毒を行う場合、消毒薬はお近くの薬局で購入してください。薬局が不明な場合は、「横浜市防疫対策代表連絡薬局(社団法人 横浜市薬剤師会)」まで、お問い合わせください。
 消毒薬は、過剰に使用すると人の健康や環境へ影響を与えることがあります。使用は必要最小限としましょう。また、使用の際には、取り扱い説明書に従い、事故が起こらないよう注意してください。

【家庭で使いやすい消毒薬とその使い方】

◎逆性せっけん10%

 使用濃度0.1%(薬液を100倍になるように水で薄める)
 家具や床などの消毒に適しています。雑巾に浸して拭いてください。(ゴム製品への使用はさけてください)

◎次亜塩素酸ナトリウム6%(家庭用塩素系漂白剤など)

 使用濃度0.02%(薬液を300倍になるように水で薄める)
飲食器具等の消毒に適しています。薬液に5分程度浸した後水洗いしてください。(金属には使用できません)

ページ先頭へ戻る

消毒に関するお問い合わせについて

 家屋等が浸水した時の衛生対策は、水道水による洗浄で十分な場合と浸水の状況により消毒が必要な場合があります。
 消毒の必要性の判断等、消毒に関することについてお困りの際は、お住まいの区の福祉保健センター生活衛生課までご相談ください。福祉保健センターの職員が、現地調査を行い、状況を確認した上で、消毒の必要性を判断し、消毒作業の支援を行います。

チラシのダウンロード

ページ先頭へ戻る

 

ここからフッターメニューです