ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

不活化ポリオワクチンについて

ポリオ(急性灰白髄炎)の予防接種は、これまで口から飲む生ワクチンによる集団接種を各区福祉保健センターで行ってきました。
9月1日からは不活化ワクチンの皮下注射による個別接種に変わり、市内協力医療機関での接種となります

※今秋の各区の福祉保健センターでのポリオ集団接種は行いません。

 ○ポリオの予防接種に関するお知らせ (PDF)

 ○予防接種を受けるに当たっての説明(保護者の方へ) (PDF)



対象年齢


 生後3か月〜90か月(7歳6か月未満)のお子様 (平成24年9月1日以降の接種日時点)

すでにポリオの予防接種を完了している方は、受ける必要はありません
対象年齢の方は、接種費用は無料です



接種をおすすめする期間と接種回数

 

【 初回接種 (3回)】※1
  生後3か月〜12か月の間に、20日〜56日の間隔をあけて3回

 

【 追加接種 (1回)】※2
  初回接種終了後、12か月〜18か月の間に1回

 

※1 当分の間、56日以上の間隔を置いて接種することができます。
※2 追加接種については、国において4回接種(追加免疫)後の有効性、安全性が確認されたため、
    平成24年10月23日から定期接種(無料)として受けられるようになりました


接種ケース

 

協力医療機関一覧

※協力医療機関の確認については、下記の区名をクリックしてください。


 「ポリオ」に●印のついた医療機関です(三種混合定期予防接種の協力医療機関と同じです)。
 ・接種券(予診票)は医療機関にあります。接種の際は母子健康手帳をお持ちください。

青葉区
(PDF)
磯子区
(PDF)
港南区
(PDF)
瀬谷区
(PDF)
戸塚区
(PDF)
保土ケ谷区
(PDF)
旭区
(PDF)
神奈川区
(PDF)
港北区
(PDF)
都筑区
(PDF)
中区
(PDF)
緑区
(PDF)
泉区
(PDF)
金沢区
(PDF)
栄区
(PDF)
鶴見区
(PDF) 
西区
(PDF)
南区
(PDF)



国の情報提供について

 

 厚生労働省では、ポリオワクチンに関する情報を提供するサイトを開設しています。
 「不活化ポリオワクチンの円滑な導入に関する検討会」の資料も、こちらで閲覧できます。



ここからフッターメニューです