ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

協力医療機関の方へ

 
  〇予防接種を受けたことによる副反応と疑われる症状を知った場合  
       
        医師等が、「報告基準」に見られる症状を診断した場合には、「予防接種後副反応疑い報告書(別紙様式1)」
   又は予防接種後副反応疑い報告書入力アプリ(国立感染症研究所)にて作成した様式(※)に必要事項を記入し、
   速やかに独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)あて直接FAXにて報告してください。 
        また、同時に横浜市健康安全課にもFAXをお願いいたします。

     ※ 平成28年10月1日から、国立感染症研究所のホームページからダウンロードできる 予防接種後副反応疑い報告書
            入力アプリにて作成した様式での報告が可能となりました。

       【参考】副反応疑い報告書入力アプリ(国立感染症研究所)
                  http://www.nih.go.jp/niid/ja/vaccine-j/6366-vaers-app.html 

     
◆報告先1
独立行政法人
医薬品医療機器総合機構(PMDA
FAX:0120-176-146

 








報告先2
横浜市健康福祉局健康安全課


FAX:045-664-7296
 
 



 


         

 


      

    

ここからフッターメニューです