ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

予防接種について

横浜市の予防接種

【子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について】


厚生労働省の勧告に基づき、現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません

接種を受ける際は、有効性とリスクをご理解していただくため、
「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)」(PDF)を必ずお読みください

※中学1年生に対する接種のご案内などは、厚生労働省の勧告に基づき見合わせています。


【子宮頸がん予防ワクチン接種後の症状に関する相談窓口と医療支援について】


   市では、平成23年2月から平成25年3月まで、中学・高校生の女子を対象に、子宮頸がん予防ワクチンの接種費用助成を行っていました。
   平成25年4月からは予防接種法に基づく定期予防接種となりましたが、因果関係は不明ながら、接種後に持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告され、同年6月14日に厚生労働省が接種の積極的勧奨を差し控えて以降、本市でも接種をお勧めしていません。
  
   現在、市内でも同様の症状に関するご相談をいただいています。

   過去に子宮頸がん予防ワクチンの接種を受け、現在、持続的な痛み(筋肉痛、関節痛、皮膚の痛み、頭痛など)やしびれ、脱力、手足の不随意運動など、何らかの症状がある場合は、市の相談窓口までご相談ください
   
   健康福祉局健康安全課(相談窓口)045−671−4190
   平日:8:45〜17:15

【独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)による被害救済制度について】


   市では、国やPMDAの救済が行われるまでの措置として医療費・医療手当の支援を行ってきました。平成27年9月の国の審議会において救済を進める方針となり、救済の審査が再開されています。今後、任意接種(平成25年3月31日まで)でワクチンを接種した後に症状が生じた方については、PMDAによる被害救済を申請していただくことになります。
  PMDAによる被害救済制度の概要はこちらになります。

  

【風しんの予防接種と抗体検査について】


風しんの流行と「先天性風しん症候群」の発生を防止するため、19歳以上の横浜市市民を対象として、風しんの予防接種と抗体検査を実施します。

 ≪対 象 者≫ 19歳以上の横浜市民で、
             1 妊娠を希望されている女性(妊娠中は接種できません)
            2 妊娠を希望されている女性のパートナー(婚姻関係は問いません)
            3 妊婦のパートナー(婚姻関係は問いません)

 ≪実施期間≫ 平成28年4月1日〜平成29年3月31日


 ≪内  容≫  ・予防接種(抗体検査をしなくても受けることができます)
            ・抗体検査(免疫が不十分な場合、予防接種を受けることができます)


 ≪実施場所≫ 市内協力医療機関 約900ヵ所(こちら)
 
 詳しくは、こちらをご確認ください。

【小児用肺炎球菌ワクチンについて】

平成25年11月1日より、小児用肺炎球菌のワクチンが、従来の7価ワクチン(沈降7価肺炎球菌結合型ワクチン)から、新たに6種類の肺炎球菌に対応する成分が追加された13価ワクチン(沈降13価肺炎球菌結合型ワクチン)に変更されました。
11月1日以降、定期接種として使用されるワクチンは13価ワクチンのみです。既に7価ワクチンで接種を開始している場合は、残りの回数を13価ワクチンで接種します

※既に定められた回数の接種が終了した方については、8週間以上経過した後に13価ワクチンを1回接種することで、追加6種類に対する抗体が上昇するとされています。
任意接種になりますが、確実な予防のため、接種が望ましいと考えられています。(費用は自己負担となります。)

ワクチンの切替えに関するQ&A(厚生労働省)については、こちらをご確認ください。

【麻しん風しん予防接種について】

麻しん風しんの定期予防接種は、2回の接種が必要です!
(接種時期)
≪1回目≫ 生後12か月〜24か月未満
≪2回目≫ 平成22年4月2日〜平成23年4月1日生まれ【年長相当】

無料で受けられる期間は、平成29年3月31日までです。早めに接種しましょう。

接種場所や持ち物など、詳しくは、こちらをご確認ください。

【成人用肺炎球菌ワクチン予防接種について】


  ≪実施期間≫ 平成28年7月1日〜平成29年3月31日 
  ※ 対象の方でも4月〜6月に接種された方は全額自己負担になりますので、ご注意ください。)

 ≪対象年齢≫ 1.平成26〜30年度:各年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
            ※平成26年度のみ101歳以上となる方も対象
             平成31年度以降:65歳の方
           2.接種日現在で60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に1級相当の障害のある方
 ≪接種回数≫ 1回(2回接種した場合、2回目は全額自己負担となります。)

 詳しくは、こちらをご確認ください。

【高齢者インフルエンザ予防接種について】 ※平成27年度の事業は終了しました。平成28年度については現在準備中です。


 ≪実施期間≫ 平成27年10月1日〜平成27年12月31日
 ≪対象年齢≫ 1.接種日現在で65歳以上の方
            2.接種日現在で60歳以上65歳未満の方で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、又はヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に1級相当の障害のある方
 ≪接種回数≫ 1回(2回接種した場合、2回目は全額自己負担となります。)

 詳しくは、こちらをご確認ください。

こどもの予防接種

 横浜市が実施している予防接種は、「予防接種法」によって定められた定期の予防接種です。

 下記の接種対象年齢に相当する方は、市内の協力医療機関で無料で接種できます

 接種を受ける際には、「母子健康手帳」と「予診票(接種券)」をお持ちください。予診票は、平成26年4月より、定期接種の対象年齢となるタイミングで、個別通知にて送付されます。(予診票の配付方法についてはこちら)

 なお、次の項目に記載されていない予防接種の場合は、希望者が受ける「任意接種」で、費用は自己負担となります。詳しくは医療機関にお問い合わせください。

 横浜市ホームページ又は福祉保健センターで配布している「予防接種協力医療機関名簿」に掲載されている医療機関で接種します。

 

予防接種名接種をお勧めする年齢
(標準の接種年齢)と接種方法
無料で受けられる年齢
(接種対象年齢)
ヒブ※1 初回 生後2か月〜7か月未満の間に接種開始し、生後12月までに27日〜56日の間隔で3回 生後2か月〜60か月未満
追加 初回接種終了後、7か月〜13か月の間に1回
小児用
肺炎球菌
ワクチン※1
初回 生後2か月〜7か月未満の間に接種開始し、生後12月までに27日以上の間隔で3回 生後2か月〜60か月未満
追加 生後12か月〜15か月の間に初回接種終了後、60日以上の間隔で1回
四種混合 ※2
三種混合
・ジフテリア
・百日せき
・破傷風
ポリオ ※2
1期 初回
接種
生後3か月〜12か月の間に
20日〜56日の間隔で3回
生後3か月〜90か月未満
1期 追加
接種
初回接種終了後
12か月〜18か月の間に1回
BCG ※3 生後5か月〜8か月未満の間に1回 生後1歳未満
麻しん風しん混合
または
麻しん・風しん単独
1期 生後12か月〜24か月未満の間に1回 生後12か月〜24か月未満
2期 5歳〜7歳未満で、小学校入学1年前の4月1日から入学の年の3月31日まで間に1回 5歳〜7歳未満で、小学校入学1年前の4月1日から入学の年の3月31日まで
水痘 ※4 初回 生後12か月〜15か月未満の間に1回 生後12か月〜36か月未満
〔1歳、2歳〕
追加 初回接種終了後、6〜12か月の間に1回
日本脳炎 ※5 1期 初回
接種
3歳中に6日〜28日の間隔で2回 生後6か月〜90か月未満 ※5
1期 追加
接種
4歳中に1回
(1期初回接種終了後おおむね1年後)
2期 9歳中に1回
(1期追加接種終了後おおむね5年後)
9歳〜13歳未満 ※5
二種混合
・ジフテリア
・破傷風
2期 11歳中に1回 11歳〜13歳未満
子宮頸がん予防 ※1、6 中学1年生の間に3回 ※6 小学校6年生〜高校1年生相当の女子

◎平成25年1月30日から、長期の療養を要する病気により定期の予防接種を接種対象年齢の間に接種できなかった場合、接種できるようになった日から2年間を経過するまでの間、定期の予防接種として無料で接種できるようになりました。手続き方法などの詳細については、接種前にお住いの区の区役所健康づくり係にお問い合わせください。
  その他、事情により、接種対象年齢を超えてしまったときは、公費による接種の対象となる場合がありますので、できるだけ早めにお住まいの区の区役所健康づくり係に相談してください。


※1 ヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸がん予防ワクチンについて
 平成25年4月1日から、定期予防接種になりました。これら3種のワクチンの予診票は、協力医療機関に置いてあります。

※2 四種混合及びポリオについて

◆四種混合予防接種について
 平成24年11月1日から、従来の三種混合ワクチンに不活化ポリオワクチンを追加した四種混合ワクチンでの接種が開始されています。
 「三種混合予防接種予診票」を用いて接種を受けていただく場合は、協力医療機関で「四種混合」に書き換えて使用します。
 詳細は、こちらをご覧ください。
◆ポリオ予防接種について
 平成24年9月1日からポリオは不活化ワクチンでの接種となりました。
 詳細は、こちらをご覧ください。

※3 BCGについて
 平成25年4月1日から、接種対象年齢が、「生後6か月未満」から「生後1歳未満」に変更となりました。併せて、標準の接種年齢が、「生後3か月〜6か月未満」から、「生後5か月〜8か月未満」に変更となりました。
 接種の際は、事前にお渡ししている「BCG予防接種予診票」(生後6か月未満まで)」を用いて接種を受けていただきます。

※4 水痘予防接種について
 平成26年10月1日から、定期予防接種になりました。
  詳細は、こちらをご覧ください。


※5 日本脳炎予防接種について
 厚生労働省の勧告により積極的勧奨を差し控えていましたが、現在、「3歳・4歳」「8歳・9歳の1期追加未接種者」「18歳の2期未接種者」の方について、積極的な勧奨が再開されています。
 ◎救済措置として
  1.生年月日が「平成8年4月2日〜平成19年4月1日」の間の方は、20歳未満まで接種することが可能です。
  2.生年月日が「平成19年4月2日から平成21年10月1日」の間の方は、1期の対象年齢の期間中に規定の回数を接種していない場合、2期の対象年齢の期間中に未接種分を接種することが可能です。
 詳細については、こちらをご確認ください。

※6 子宮頸がん予防ワクチンについて
 平成25年6月14日の厚生労働省の勧告に基づき、現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。
 
【標準の接種方法】
 サーバリックス(2価)・・・初回接種の1か月後と6か月後に追加接種(計3回)
 ガーダシル(4価)・・・初回接種の2か月後と6か月後に追加接種(計3回)

    外国語版予防接種のしおり(PDF)
    [英語版]Guide to Vaccinations for Children  [中国語版]预防接種手册


    外国語版予診票(みほん)※必ず正規の予診票に転記してください。
    [英語版]Vaccine medical questionnaire    [中国語版]预防接種预诊单
    ※BCG専用予診票
    [英語版]BCG Vaccine medical questionnaire [中国語版]BCG预防接種预诊单

こどもの予防接種協力医療機関

※協力医療機関の確認については、下記の区名をクリックしてください。平成28年7月12日全体更新 (※変更あり次第随時更新中)
※こどもの予防接種用の医療機関リストです(成人用肺炎球菌ワクチン・風しん対策等の医療機関リストは上部にリンクがあります)。
※居住区以外でも接種できます。

青葉区
(PDF)
磯子区
(PDF)
港南区
(PDF)
瀬谷区
(PDF)
戸塚区
(PDF)
保土ケ谷区
(PDF)
旭区
(PDF)
神奈川区
(PDF)
港北区
(PDF)
都筑区
(PDF)
中区
(PDF)
緑区
(PDF)
泉区
(PDF)
金沢区
(PDF)
栄区
(PDF)
鶴見区
(PDF) 
西区
(PDF)
南区
(PDF)



横浜市ワクチン相談窓口

 予防接種についての相談窓口を設置しています。協力医療機関のご案内も行っています。

 TEL:045-671-4183  FAX:045-664-7296
  受付時間:9時〜17時(土・日曜、祝日、年末年始は休みです)



調査会

 

海外旅行等のための任意予防接種



ページ先頭へ戻る

ここからフッターメニューです