ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

中東呼吸器症候群(MERS)について

中東呼吸器症候群(MERS)について

  • MERSはMERSコロナウイルスによる感染症で、2012年初めて確認された感染症です。
  • 感染経路…人がどのようにしてMERSに感染するかは、まだ正確には分かっていません。ヒトコブラクダがMERSウイルスの感染源動物の一つであるとされています。 その一方で、患者の中には動物との接触歴がない人も多く含まれています。家族間や、感染対策の実施が不十分な医療機関における患者間、患者−医療従事者間など、濃厚接触者間での感染も報告されています。
  • 潜伏期間、症状…2〜14日程度の潜伏期間の後、発熱や急性の重症な呼吸器症状で、ほとんどの患者が肺炎を起こします。中には軽症の患者や所見が非典型的な場合もあると言われています。
  • 治療法…現在、MERSに対するワクチンや特異的な治療法はありません。患者の症状に応じた治療(対症療法)になります。
  • 予防…海外渡航時には渡航先での流行状況を確認し、手洗いの励行や動物との接触を避けるなど、一般的な衛生対策を心がけることが大切です。

市民の皆様へ

下記に該当する方は、直接医療機関を受診せず、まずは各区の福祉保健センター福祉保健課健康づくり係又は横浜市保健所健康安全課健康危機管理担当(TEL:045-671-2463 FAX:045-664-7296)まで電話でご相談ください。
※平日営業時間内以外で、下記に該当する場合などの緊急時のご連絡先は、こちら

症状 患者背景
ア.38度以上の発熱及び咳を伴う急性呼吸器症状を呈し、
臨床的又は放射線学的に実質性肺病変(例:肺炎又はARDS)が疑われる者
発症前14日以内に対象地域(※)に渡航又は居住していたもの
イ.発熱を伴う急性呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者 発症前14日以内に対象地域(※)において、
  • 医療機関を受診又は訪問したもの
  • MERSであることが確定した者との接触歴があるもの
  • ヒトコブラクダとの濃厚接触歴があるもの
ウ.発熱又は急性呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈する者 発症前14日以内に、対象地域か否かを問わず
  • MERSが疑われる患者を診察、看護又は介護していたもの
  • MERSが疑われる患者と同居(当該患者が入院する病室又は病棟に滞在した場合を含む。)していたもの
  • MERSが疑われる患者の気道分泌液又は体液等の汚染物質に直接触れたもの

※対象地域:アラビア半島又はその周辺諸国
        (アラブ首長国連邦、イエメン、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、ヨルダン(6月11日時点))
注 「診察、看護又は介護していたもの」とは、医療従事者又は介護従事者等であって、医療機関等において、診察、看護若しくは介護などで日常的に患者と接触する機会がある者とする。この場合の「接触」とは、対面で会話することが可能な距離(2メートルを目安とする。)にいることをいい、単にすれ違うといった軽度の接触のみでは対象とならない。なお、医療従事者等であっても標準的な感染防護具(サージカルマスク(エアゾル発生の可能性が考えられる場合は、N95マスク)、手袋、眼の防護具、ガウン)を適切に着用していた者は、これに含まれない。

医療機関の皆様へ

MERSの届出基準に該当する疑い症例があった場合は、直ちに保健所(緊急通報ダイヤル)まで電話で御相談ください。

【緊急通報ダイヤル】
横浜市保健所 健康安全課 健康危機管理担当
電話:045−671−2463(平日8:30〜17:15)
     045−664−7293(上記時間外:緊急通報ダイヤル)
       ※こちらの連絡先は夜間休日時の緊急用の連絡先になります。 
       緊急性がない場合はご遠慮ください。

FAX:045−641−6074

本市から各医療機関に向けた通知

関係資料

ページ先頭へ戻る

ここからフッターメニューです