ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

感染症

感染症発生状況

感染症発生状況に関する情報を提供しています。

感染症発生状況(横浜市感染症情報センター)

予防接種について

予防接種に関する情報を提供しています。

予防接種について

HIV・エイズについて

HIV・エイズに関する情報を提供しています。

HIV・エイズについて

麻しん・風しんについて

 感染力が非常に強く、合併症などにより時に死に至ることもある麻しんと、先天性風しん症候群の原因にもなる風しん。症状や合併症、予防方法などについて掲載しています。

麻しん・風しんについて

新型インフルエンザについて

 いつ発生してもおかしくないといわれている、新型インフルエンザ。いざというときに慌てないよう、正しい知識を身につけておくことがとても大切です。新型インフルエンザの基礎知識、今からできる対策、横浜市の取り組みなどについて掲載しています。

新型インフルエンザについて

鳥インフルエンザについて

 鳥インフルエンザは、日本では家きんや野鳥での発生が報告されていますが、海外では人への感染も報告されています。鳥インフルエンザの基礎知識と発生状況について掲載しています。

高病原性鳥インフルエンザについて



 中国において鳥インフルエンザA(H7N9)に感染した患者が発生しました。これを受けて、横浜市では市内医療機関に対して、鳥インフルエンザA(H7N9)感染が疑われる患者を診察した際は、情報提供していただくよう協力を要請しています。

鳥インフルエンザA(H7N9)について

感染性胃腸炎(ノロウイルスなど)について

 ノロウイルスを中心とした感染性胃腸炎の特徴とその予防方法を掲載しています。感染力が非常に強く時に集団発生をおこすノロウイルスについて、正しい知識を身につけ、感染予防に努めましょう。

感染性胃腸炎(ノロウイルスなど)について

腸管出血性大腸菌感染症(O157など)について

腸管出血性大腸菌感染症(O157など)は、横浜市では毎年、60〜80人の報告がありますが、小さなお子さんでは重症化して命に関わることもあります。正しい知識を身につけて、感染を予防しましょう。

腸管出血性大腸菌感染症(O157など)について

多剤耐性菌について

多くの抗菌薬(抗生物質)が効かなくなった細菌、多剤耐性菌に関する情報を提供しています。

多剤耐性菌について

結核について

結核に関する情報を提供しています。

結核について

海外に渡航される方へ

日本ではなじみのうすい感染症も、海外では感染する危険性が高いものもあります。海外渡航時に注意すべき感染症やその予防方法について掲載しています。

海外に渡航される方へ

蚊が媒介する感染症(デング熱、ジカウイルス感染症など)について

 デング熱、ジカウイルス感染症(ジカ熱)、マラリアなど、蚊が媒介する感染症について掲載しています。

蚊が媒介する感染症(デング熱、ジカウイルス感染症など)について

デング熱について

 海外で感染して帰国後に発症する人の報告が近年増えており、平成26年8月に海外渡航歴のないデング熱患者が発生しました。
 横浜市の現在の対応について掲載しています。

デング熱について

エボラ出血熱について

 エボラ出血熱について掲載しています。

エボラ熱について

中東呼吸器症候群(MERS)について

 中東呼吸器症候群(MERS)について掲載しています。

中東呼吸器症候群(MERS)について

感染症診査協議会について

 協議会の概要と委員名簿を掲載しています。

横浜市感染症診査協議会について

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

 厚生労働省の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)のページにリンクします。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

横浜市感染防止対策支援連絡会について

 横浜市感染防止対策支援連絡会とは横浜市内医療機関の感染防止対策についての取組や状況を共有し、医療機関間及び行政との連携を図るための地域内ネットワークです。

横浜市感染防止対策支援連絡会について

ページ先頭へ戻る

ここからフッターメニューです