ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です
犬の写真

横浜市動物愛護センター

 


 平成30年度 猫の不妊去勢手術推進事業

 補助を希望される市民の皆様へ 

 

  飼い主のいない猫を増やさないために、平成30年4月1日以降に手術をした猫の不妊去勢手術費用の一部を横浜市が補助します。

 [PDF] 猫の不妊去勢手術推進事業チラシ(PDF 227KB)

 ○対 象 者:横浜市民及び市内の自治会・町内会
 ○対象動物:平成30年4月1日から平成31年3月5日までに、登録動物病院で手術をした市内に生息する飼い主のいない猫。
  〇
頭       数 : 5,700頭程度
   ○
金       額 : 1頭につき5,000円(ただし手術費用が5,000円未満の場合は支払った額)
                       
※申請してから、およそ3〜4か月後に申請者様の口座にお支払いします。
   ○申請窓口 : 各区生活衛生課、動物愛護センター
  ○申請期間 : 平成30年5月7日から平成31年3月5日まで
                       
※手術をした翌月10日までに申請して下さい。 10日が閉庁日の場合は、翌開庁日が締切になります。
                          申請期間を過ぎると受付できませんので、ご注意ください。
                            申請期間であっても、予算が無くなり次第受付を終了しますので、ご容赦ください。
                         

手術実施日 4/1-5/31 6/1-6/30 7/1-7/31 8/1-8/31 9/1-9/30 10/1-10/31 11/1-11/30 12/1-12/31 1/1-1/31 2/1-3/5
申請期間 5/7-6/11 7/10まで 8/10まで 9/10まで 10/10まで 11/12まで 12/10まで 1/10まで 2/12まで 3/5まで

 
--------------------------------------------------------------------------------

 

【申請の手順】 

 1.登録動物病院の名簿から、手術を実施する動物病院をお選びください。

  ※事前に必ずお電話で手術の予約をしてください。その際、横浜市の補助金を申請することもお伝えください。

 2.手術実施証明書を入手し、あらかじめ申請者記入事項を記入したものを不妊去勢手術実施時に登録動物病院に提出してください。
   
※申請時に必要な書類は、市内18区の福祉保健センター生活衛生課窓口などの他、横浜市動物愛護センターのホームページからもダウンロードできます。

 3.登録動物病院で不妊去勢手術と耳カットを実施し、術後に動物病院記載済の手術実施証明書と領収書を発行してもらってください。
  ※手術実施証明書に猫の個体No.を記入し、領収書はコピーを1通用意してください。
 4.手術後の耳カットと、対象猫の特徴が確認できるカラー写真を撮ってください。
  ※カメラは申請者様がご用意ください。
  ※手術後の写真撮影が難しい場合は、動物病院の先生にご相談ください。

 5.申請書類を揃え、市内18区の生活衛生課又は横浜市動物愛護センター窓口で申請してください。
  ※補助金が振込まれるまで、申請書の控えは大切に保管してください。
      
※提出書類等は下記を参照してください。

    ※10日が閉庁日の場合は、翌開庁日が締切日です。

         4月及び5月に手術を実施した場合2月及び3月に手術を実施した場合は締切日が異なるのでご注意ください。

    ※代理人が申請することも可能です。(委任状が必要です。)

    ※郵送、FAX、電子メールでの申請はできません。

 6.横浜市動物愛護センターから申請者様あてに、「補助金交付決定通知書(または「補助金不交付決定通知書」)を封書で郵送します。

 7.申請者様の口座に補助金をお支払いします。(申請から支払いまで34か月程度かかります。)

   ※年末年始や申請が集中する時期にはお支払までに時間がかかる場合があります。

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

【申請に必要な書類・持ち物】

 1.申請書(正本1通・コピー2通):3通すべてに朱肉印を押印してください。

 2.申請金額内訳書(1通):2頭以上申請の場合に必要です。
 3.委任状:代理人申請の場合に必要です。

 4.登録動物病院発行の手術実施証明書(原本):以下の手順で書類を作成してください。
  (1)手術実施証明書様式を入手し、申請者の住所、氏名、電話番号、対象猫の毛色・柄と捕獲場所を記入しておく。
  (2)手術時に動物病院に提出。
  (3)手術後、動物病院記載済の証明書として発行してもらう。
  (4)同時に申請するすべての猫で連番となるように、猫の個体NO.を記入する。
 
5.登録動物病院発行の領収書(原本とコピー1通):必要事項の記載(発行日、手術実施日、猫の性別、1頭ごとの手術金額、動物病院名、動物病院の所在地)があること。
  ※あて名が申請者のフルネームで誤りがないことを、領収書受領時に必ず確認してください。
 6.対象猫のカラー写真:L版(8.9×12.7cm)以上の大きさのものを1枚以上用意してください。
  ※手術後の耳カットした頭部全体、顔や体の毛色・柄など個体全体の特徴が確認できること。
 
7.本人確認書類(原本):現住所の記載がある公的機関発行のもの(パスポート不可)。
  ※代理人申請の場合、申請者の本人確認書類(原本かコピー)と代理人の本人確認書類 (原本)が必要です(代理人は横浜市民でなくても可)。
  8.朱肉印:書類を訂正する際などに必要です(シャチハタ等の浸透印、ゴム印は不可)。

 

--------------------------------------------------------------------------------
  申請書のダウンロード
 個人で申請される方
[PDF] 猫の不妊去勢手術補助金交付申請書(個人用)PDF  213KB)
[PDF]  委任状(個人用) PDF  185KB

 
 自治会・町内会で申請される方

[PDF] 猫の不妊去勢手術補助金交付申請書(自治会・町内会用)PDF  213KB

[PDF]  委任状(自治会・町内会用)PDF  185KB

[PDF]  受領委任状(自治会・町内会用)PDF  189KB

 

 お問い合わせ先

お住まいの各区福祉保健センター生活衛生課、または動物愛護センター

 

Adobe Reader ダウンロードページへ

PDF形式のファイルをごらん頂くには、AdobeReader(無料)が必要です。
左のボタンをクリックしてダウンロードしてからご覧ください。

 


ページ先頭へ戻る

ここからフッターメニューです