ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です
犬の写真

横浜市動物愛護センター

身体障害者補助犬のおしごと

身体障害者補助犬は、盲導犬、聴導犬、介助犬に分けられます。
それぞれの補助犬のお仕事を紹介します。

(1)盲導犬:目の不自由な人が行きたい時に行きたい場所へ出かけられるように、障害物を避けたり、段差や角を教えたり、一緒に電車やバスに乗ったりして、目の不自由な方が安全に移動するためのお手伝いをします。
(2)聴導犬:家の中で音を教えるだけでなく、どこにでも同行して、耳の不自由な方々が災害や事故に巻き込まれる危険性を回避します。
(3)介助犬:手や足の不自由な方の手や足の代わりになって、落とした物を拾う、物を持ってくる、ドアの開け閉め、身体を支える、スイッチの操作などを行います。

★ 動物愛護センターから譲渡した犬が聴導犬としてデビューします! ★

ページ先頭へ戻る

動物愛護センターについて

ペットが迷子になったときは

身体障害者補助犬について

ペットの飼い主さんへ

収容動物・譲渡動物情報

動物について学ぼう

動物の愛護を知ろう

市民との協働

横浜市の費用助成制度について

動物取扱業・特定動物

協働事業・広告スポンサー・寄付

法令集等

ここからフッターメニューです