ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です
犬の写真

横浜市動物愛護センター

横浜市 犬の登録と狂犬病予防注射の手続き

 平成27年4月1日から横浜市の委託を受けた動物病院(注射と登録)とペットショップ(登録のみ)でも、手続きができるようになりました。

(1) 犬の登録
  横浜市内で犬を飼い始めた方は、登録申請をして犬鑑札の交付を受けてください。
  犬鑑札は犬の首輪などに必ず装着してください。
  犬の登録(犬鑑札交付)手数料は3000円です

(2) 狂犬病予防注射
  登録した犬に毎年1回、動物病院か集合注射会場で狂犬病予防注射を受けさせ、狂犬病予防注射済票の交付を受けてください。
  登録している犬には毎年3月中旬に狂犬病予防注射のお知らせ(封書)をお届けします。狂犬病予防注射を受ける際には、封書に入っている三連の「狂犬病予防注射済票交付申請書」を切り離さずにお持ちください
  狂犬病予防注射済票は犬の首輪などに必ず装着してください。
  狂犬病予防注射済票交付手数料は550円です
  ※注射料金は動物病院ごとに異なります。集合注射会場の場合は3050円です。
  
(3) 手続き窓口
  ・各区福祉保健センター生活衛生課
   狂犬病予防注射済票の交付を受ける場合は、動物病院が発行した証明書(狂犬病予防注射済証)をご持参ください。
  ・犬の登録等出張会場(集合注射会場
   
4月に各区に会場を設置します。
  ・横浜市の委託を受けた動物病院及びペットショップ
   横浜市の委託を受けた動物病院では、狂犬病予防注射と狂犬病予防注射済票の交付手続きが同時にできます。未登録の犬は登録も同時にできます。また、横浜市の委託を受けたペットショップでは、犬を購入するときにその場で登録することができます。


平成29年4月1日から
[PDF]横浜市の犬鑑札・狂犬病予防注射済票の交付が受けられる動物病院一覧(PDFファイル、195KB)

[PDF]犬を購入する時に横浜市に犬を登録する手続きができるペットショップ一覧(PDFファイル、KB)





Adobe Reader ダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧頂くには、AdobeReader(無料)が必要です。
左のボタンをクリックしてダウンロードしてからご覧ください。

ページ先頭へ戻る

ここからフッターメニューです