ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

センターの仕事

動物愛護センターでは主に次のような仕事を行っています。

市民協働事業

(1)適正飼育の普及啓発
しつけ教室、飼い主のマナー講座などを行い、適正飼育の普及啓発を行います。また、動物との正しい接し方などを学ぶわんにゃん教室などにより、動物愛護や終生飼育の普及啓発を行います。
(2)譲渡事業の充実
保護収容した犬や猫について、市民等へ可能な限り譲渡を推進します。
(3)飼い主不明の犬や猫の対策
みだりな繁殖の防止と動物逸走時の迅速な対応や遺棄の防止を図ります。
(4)市民ボランティアとの協働
本市動物行政の考え方を共有する市民ボランティアと協働して運営します。
(5)市民意見等の反映
幅広い市民の意見等を運営に反映するため、委員会の設置を予定しています。

動物保護管理業務

(1)傷病動物への緊急措置
市内の動物病院で緊急的な治療を行います。
(2)保護収容動物の保護管理業務
・収容された犬や猫等の健康状態についての診察や治療を行うとともに、動物病院から搬送された傷病動物についても引き続き治療等を行います。
・負傷や病気等でやむを得ず致死処分をする場合には、鎮静・麻酔薬により行い、炭酸ガスによる処分機は設置しません。

神奈川県動物愛護管理推進計画(平成26年度〜平成35年度)

 神奈川県動物愛護管理推進計画(PDF形式、243KB)

平成28年度横浜市動物愛護管理業務計画

平成28年度横浜市動物愛護管理業務計画(PDF形式、328KB)

平成28年度横浜市動物愛護業務のご案内

平成28年度横浜市動物愛護業務のご案内 (PDF形式、2.48MB)

Adobe Reader ダウンロードページへ

PDF形式のファイルをごらん頂くには、AdobeReader(無料)が必要です。
左のボタンをクリックしてダウンロードしてからご覧ください。

ページ先頭へ戻る

動物愛護センターについて

ペットが迷子になったときは

身体障害者補助犬について

ペットの飼い主さんへ

収容動物・譲渡動物情報

動物について学ぼう

動物の愛護を知ろう

市民との協働

横浜市の費用助成制度について

動物取扱業・特定動物

協働事業・広告スポンサー・寄付

法令集等

ここからフッターメニューです