ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です
犬の写真

横浜市動物愛護センター

業務実績

過去3年間の業務実績は次のとおりです。

適正飼育等普及啓発事業

 適切な飼育等について市民の理解と関心を深めるため、飼い主をはじめ、学校、町内会等において広く市民を対象に、犬・猫のしつけ方教室の開催や啓発リーフレットの配布など普及啓発事業を実施しました。

年度学校関係町内会等飼い主その他
25年度 11回 880人 71回 6,018人 65回 2,257人 43回 2,117人
26年度 17回 1,335人 38回 5,019人 37回 1,227人 57回 1,990人
27年度 13回 1,346人 95回 10,292人 55回 3,317人 78回 7,326人

 

犬による咬傷事故対策

 犬による危害防止のため、犬の習性等の知識普及に努めるとともに、飼い主への犬の適切な飼育管理の指導強化を推進します。

年度咬傷事故届出件数咬傷犬数咬傷時の犬の管理状況
25年度 94件 合計 137頭 飼い犬 101頭 野犬等 36頭 合計137頭 犬舎等に係留中 10頭 係留して運動中 79頭 放し飼い 25頭 その他 23頭
26年度 83件 合計 105頭 飼い犬 90頭 野犬等 15頭 合計105頭 犬舎等に係留中 9頭 係留して運動中 49頭 放し飼い 13頭 その他 34頭
27年度 89件 合計 115頭 飼い犬 98頭 野犬等 17頭 合計115頭 犬舎等に係留中 10頭 係留して運動中 66頭 放し飼い 13頭 その他 26頭

 

犬の苦情

 市民からの苦情、相談等は微増の傾向で、依然として「ふん尿による被害」の割合が大きくなっています。
 そこで、各区において、飼い主への啓発キャンペーンの実施やモラル向上を訴えるプレート、チラシ等の配布等を行いました。

   平成25年度平成26年度平成27年度
苦情等内容件数 3,920件 2,719件 2,792件
内訳 野犬等保護 262件 171件 157件
放し飼い 147件 117件 124件
ふん尿 1,626件 1,343件 1,435件
鳴き声 321件 245件 281件
身体・器物の被害 222件 85件 110件
不適切な取扱い・虐待 76件 49件 48件
登録・注射に関すること 959件 483件 372件
その他 307件 226件 265件

 

犬の引取り・保護収容頭数

 飼い主不明犬や負傷犬の保護・収容や飼えなくなった犬の引取り等を行いました。

   平成25年度平成26年度平成27年度
収容頭数 総数 407頭 336頭 324頭
飼い主不明犬 314頭 257頭 230頭
飼えなくなった犬 85頭 74頭 87頭
負傷犬 8頭 5頭 7頭
返還数 204頭 176頭 172頭
譲渡数 101頭 125頭 110頭
致死処分数 110頭 42頭 40頭
自然死・死体搬入 5頭 5頭 5頭

 

猫等の苦情

 猫に関する苦情の大部分も、犬と同様にふん尿による被害の割合が高い状態が続いています。
 各区では、猫に関する苦情・相談について、個々に対応するとともに、周辺環境に配慮した猫の適正飼育の啓発を行っています。

 平成25年度平成26年度平成27年度
苦情等内容件数(合計) 4,211件 3,464件 3,730件
内訳 ふん尿 1,380件 1,179件 1,075件
臭気・羽毛 154件 113件 78件
鳴き声 84件 78件 86件
身体・器物の被害 146件 107件 92件
不適切な取扱い・虐待 88件 81件 84件
収容に関する相談 1,108件 914件 989件
その他 1,251件 992件 1,326件

 

猫等の引取り・保護収容頭数

 飼えなくなった猫、飼い主不明猫の引取り及び負傷した飼い主不明の猫や小動物の収容・治療を実施しました。
 収容される飼い主不明猫等は91日未満の個体がほとんどです。 

   平成25年度平成26年度平成27年度
収容頭数 総数 1,438頭 1,329頭 1,388頭
飼い主不明猫 863頭 782頭
(756)
797頭
(744)
飼えなくなった猫 120頭 100頭
(37)
87頭
(11)
負傷の猫等 455頭 447頭
(199)
504頭
(213)
返還数 11頭 8頭 18頭
譲渡数 394頭 372頭 528頭
致死処分数 565頭 579頭
(439)
517頭
(384)
自然死 245頭 159頭
(115)
109頭
(53)
死体搬入 252頭 241頭
(108)
212頭
(72)
( )内の数字は91日齢未満の頭数

 

 猫の不妊去勢手術推進事業

 平成27年度は、飼い猫及び飼い主のいない猫7,613頭に対し、1頭当たり上限5,000円を助成し、不妊去勢手術の推進を図りました。

 

狂犬病予防

  日本国内では昭和32年以来、狂犬病が発生していませんが、海外では先進国を含む多くの国で狂犬病が流行しており、いつでも狂犬病が国内に進入する可能性があることは否定できず、引き続き注意を払う必要があります。
 狂犬病予防法に基づき、犬の飼い主は登録と年1回の狂犬病予防注射を行うことが義務付けられています。

 平成25年度平成26年度平成27年度
登録頭数 182,782頭 182,971頭 180,033頭
登録申請数 11,884頭 11,857頭 13,429頭
注射済票交付数 130,961頭 131,593頭 136,667頭
集合会場注射実施数 35,824頭 33,904頭 24,027頭

 

業務概要

 業務実績の詳細については、業務概要をご覧下さい。
 Acrobat Reader平成27年度動物保護管理関係業務概要(PDFファイル、897KB)(クリックしてください)

 

お問合せ先

横浜市動物愛護センター(045-471-2111)

Adobe Reader ダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧頂くには、AdobeReader(無料)が必要です。
左のボタンをクリックしてダウンロードしてからご覧ください。

ページ先頭へ戻る

ここからフッターメニューです