ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

 

風しん流行に関する注意喚起

  平成30年8月20日以降、横浜市内で風しんの発生が増加しています。
  また、7月下旬頃から、千葉県や東京都を中心に関東地方で風しんが流行しています。
  詳細については、こちらをご参照ください。→ 「麻しん(はしか、麻疹)・風しん(風疹)について」(横浜市保健所) 
 

  海外で風しんに感染する場合もあります。
  海外に渡航される方は、こちらのページ(横浜市保健所)をご覧ください。  

腸管出血性大腸菌感染症に注意しましょう!

  平成30年6月15日(金) 厚生労働省から、本年5月25日以降、埼玉県、東京都、茨城県及び福島県で報告された腸管出血性大腸菌O157による感染症・食中毒の事案のうち、6件について、同一の遺伝子型であったことが確認されたとの発表がありました(詳細は下記リンク先をご覧ください)。
 埼玉県、東京都、茨城県及び福島県から報告された同一の遺伝子型の腸管出血性大腸菌O157:H7による感染症・食中毒事案について(厚生労働省医薬・生活衛生局食品監視安全課 報道発表)

 腸管出血性大腸菌感染症の予防のために、手洗いなどを徹底するとともに、腸管出血性大腸菌の感染が疑われる症状(血便など)が現れた場合は下痢止めは服用せず、早めに医療機関を受診しましょう。

 詳細はこちらのページ(横浜市保健所)をご覧ください。

≪参考≫
 腸管出血性大腸菌Q&A(厚生労働省)

 腸管出血性大腸菌O157による食中毒(厚生労働省)

 腸管出血性大腸菌感染症のパンフレットはこちら[pdf:285KB](横浜市衛生研究所)
 

海外に渡航される方へ

  日本国内ではほとんど発生が見られない、または、あまり知られていない感染症で、海外では感染する危険性が高い感染症がいろいろあります。
 海外渡航前に、感染症の予防方法や各地域における発生状況についてあらかじめ正しい知識を身につけ、安全で楽しい時間をお過ごしください。

 海外渡航時に注意すべき感染症やその予防方法の詳細は、こちらのページ(横浜市保健所)をご覧ください。

★ 夏休みに海外に渡航される方へ!
 
   こちらもご覧ください。「夏休みにおける海外での感染症予防について」(厚生労働省)
 

冬の感染症予防について〜ノロウイルスやインフルエンザを予防しましょう!〜

 
インフルエンザ予防策
◯ かからないようにしましょう
・帰宅したら流水と石けんで20秒以上かけて丁寧な手洗いをしましょう。
・洗い残しが多い指の間手のしわ手首も洗うようにしましょう。
栄養と休養を充分にとり、体の抵抗力を高めましょう。
◯ うつさないようにしましょう
・咳やくしゃみがでるときは、マスクをしましょう
・インフルエンザにかかってしまったら、学校や仕事は休みましょう
(一般には発症後3〜7日間は鼻やのどからウイルスを排出すると言われています。)
(学校保健安全法では発症した後5日を経過しかつ解熱後2日(幼児は3日)を経過するまでを出席停止期間としています。)
◯ 悪化させないようにしましょう
・かかったかなと思ったら、必ずマスクを着用して早めに医療機関を受診しましょう。
呼びかけに答えない、呼吸がはやく息苦しい、胸の痛みが続く、症状が長引き悪化する場合は重症化のサインです。すぐに受診しましょう
【参考】 平成30年度 今冬のインフルエンザ総合対策について(厚生労働省HP)

◯ インフルエンザにかからないための対策や、感染してしまった場合の対処法についてはこちら(PDFファイル420KB)
◯ 感染拡大防止のための「咳エチケット」についてはこちら(PDFファイル 262KB)
 
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
 冬は、ノロウイルスやインフルエンザなどの感染症が流行期を迎える季節です。
  ひとりひとりが「正しい手洗い」を徹底することで、みんなで感染症を予防しましょう。
   ・石けんを使ってよく泡立て、十分に洗い流しましょう。
   ・汚れの残りやすいところ(指先、指の間、手首など)は、特にていねいに洗いましょう。 
   ・トイレを使ったあと、おう吐物を処理したあと、帰宅時、調理の前後など、こまめな手洗いを心がけましょう。
 
 ◯ ノロウイルスやインフルエンザの流行情報については、こちらのページ(横浜市感染症情報センター)をご覧ください。
 
 ◯ 正しい手洗い方法については、こちらのページ(横浜市保健所)をご覧ください。

 ◯ ポスター「石けんで『手』を洗おう」(横浜市保健所)
    PDFファイル(321KB)       PDFファイル(107KB)
   手洗いポスターA4    手洗いステッカーA6  ※ ご自由に印刷してご活用ください。
   
 ◯ ポスター「ノロウイルス インフルエンザ流行中!!」(横浜市保健所)
    PDFファイル(476KB)
     ※ ご自由に印刷してご活用ください。

  ≪参考≫
   ・厚生労働省の関連ページ(
感染性胃腸炎(特にノロウイルス)インフルエンザ

動物由来感染症について

 動物の口の中、ツメ、糞尿には、人に感染症を起こす病原体がいる場合があります。
 過度な触れ合いは控え、触れ合った後やトイレの清掃後などには、手を洗いましょう。
 また、野生動物にはむやみに触らないようにしましょう(海外渡航時にも注意しましょう)。

 動物由来感染症の詳細はこちら(厚生労働省)

【医療機関の皆様へ】
コリネバクテリウム・ウルセランスによるジフテリア様症状を呈する感染症患者に関する情報について(横浜市保健所)


アニサキスによる食中毒に注意しましょう!

 魚介類の寄生虫、アニサキスによる食中毒が増えています。
 魚介類とともに口から入ったアニサキスは、胃や腸の内壁に刺入して、激しい腹痛や嘔吐等を引き起こすことがあります。
 家庭で作ったシメサバが原因となった事例もあり、家庭での調理も注意が必要です。

 予防には、加熱調理(60℃、1分以上)、冷凍処理(-20℃、24時間以上)、明るい場所でのアニサキスの除去等が効果的です。
 また、魚介類が死亡すると、内臓に寄生していたアニサキスは筋肉に移動することが知られています。
 自分で魚を釣ったとき等は、内臓を速やかに取り除くことも有効です。

 詳細はこちらのページ(食の安全ヨコハマWEB)をご覧ください。

 ≪参考≫
 アニサキスによる食中毒を予防しましょう(厚生労働省)


有毒植物・毒キノコによる食中毒に注意しましょう!

 ハイキングに絶好のシーズンとなりました。
 山菜採りやキノコ狩りなどで、有毒植物や毒キノコを食用と誤って食べて食中毒になる事例が多く確認されています。
 有毒植物は葉や根だけで植物を見分けることは難しく、素人判断することは大変危険です。
 またキノコについても、素人判断が危険なことに変わりはありません。
 食用と確実に判断できない場合は、採らない、食べない、売らない、人にあげないようにしましょう。

 食用と間違えやすい有毒植物の例は こちら
 食用と間違えやすい毒キノコの例は こちら(厚生労働省ホームページ)
 詳細はこちらのページをご覧ください。 



蚊が媒介する感染症について

!ジカウイルス感染症(ジカ熱)について!
中南米、アジア等の地域で、蚊が媒介する「ジカウイルス感染症(ジカ熱)」が発生しています。
妊娠中のジカウイルス感染は、胎児の小頭症を引き起こす可能性があることから、妊娠の可能性のある方や妊婦の方は流行地域への渡航を控えましょう。

ジカウイルス感染症(ジカ熱)についての詳細は こちら をご覧ください。

★ 蚊のモニタリング調査については こちら をご覧ください。 ( 調査結果の速報は こちら )

子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について

厚生労働省の勧告に基づき、現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません

接種対象者が接種を受ける際は、有効性とリスクをご理解していただくため、
「子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(平成25年6月版)」(PDF)を必ずお読みください

※中学1年生に対する接種のご案内などは、厚生労働省の勧告に基づき見合わせます。

子宮頸がん予防ワクチンの接種後に持続的な痛みなどの症状が発生した場合は、健康安全課(電話:045-671-4190)にご相談ください。

放射線に関する健康と食品の情報等について

横浜市では、市民の皆様の健康不安を解消するため、市内の放射線量の測定状況(最新)をホームページに掲載しております。
現在の測定値は、健康に影響を与えるレベルではありませんので、ご安心いただくとともに、冷静なご対応をお願いたします。
また、インターネット等に流れる根拠のない情報に注意し、むやみにヨウ素を含む消毒剤などを飲用することのないようにしてください。

放射線に関する健康と食品の情報についてはこちら
横浜市放射線対策本部のページはこちら
【 医療機関・医療従事者の方へ 】
・東日本大震災関連 厚生労働省事務連絡(厚生労働省ホームページ)


緊急情報

平成24年09月24日
医師及び歯科医師の資格確認の徹底について
平成23年03月17日
放射線に関する健康と食品の情報について

お知らせ

平成30年6月14日
旅館業法施行条例等の一部改正に伴う「旅館業の営業の許可・旅館業の地位の承継承認(合併又は分割)・旅館業の地位の承継承認(相続)に関する審査基準」の一部改正の意見公募結果について
平成30年6月14日
旅館業の営業の許可・旅館業の地位の承継承認(合併又は分割)・旅館業の地位の承継承認(相続)に関する審査基準の一部改正の意見公募結果について
平成30年6月14日
横浜市旅館業法施行細則の一部改正の意見公募結果について
平成30年6月6日
旅館業法施行条例等の一部改正に伴う「旅館業の営業の許可・旅館業の地位の承継承認(合併又は分割)・旅館業の地位の承継承認(相続)に関する審査基準」の一部改正の意見公募について
平成30年5月8日
旅館業の営業の許可・旅館業の地位の承継承認(合併又は分割)・旅館業の地位の承継承認(相続)に関する審査基準の一部改正の意見公募について
平成30年5月8日
横浜市旅館業法施行細則の一部改正の意見公募について
平成30年3月16日
災害時給水協力貯水槽の認定(第4号)について
平成30年1月25日
インフルエンザの市内流行警報発令に伴う注意喚起について(医療機関の皆様へ)
平成30年1月18日
コリネバクテリウム・ウルセランスによるジフテリア様症状を呈する感染症患者に関する情報について(医療機関の皆様へ)
平成30年1月6日
高病原性鳥インフルエンザA(H5N6)に感染した家きんの発生について(医療機関の皆様へ)
平成29年12月27日
インフルエンザの市内流行注意報発令に伴う注意喚起について(医療機関の皆様へ)
平成29年11月22日
インフルエンザの市内流行開始に伴う注意喚起について(医療機関の皆様へ)
平成29年10月12日
ペストに係る注意喚起について(医療機関の皆様へ)
平成29年9月14日
腸管出血性大腸菌感染症・食中毒の予防対策等の啓発の徹底について(医療機関の皆様へ)
平成29年8月29日
腸管出血性大腸菌感染症の患者への対応について(医療機関の皆様へ)
平成29年5月30日
災害時給水協力貯水槽の認定(第3号)について
平成29年5月29日
医薬品成分を含有する健康食品等の発見について(厚生労働省ホームページ)
平成29年4月10日
災害時給水協力貯水槽の認定(第2号)について
平成29年3月10日
医薬品成分を含有する製品(無承認無許可医薬品)について
平成28年12月1日
医療関係者のみなさんは届出を
平成28年11月14日
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準及び届出様式の改正について(医療機関の皆さまへ)
平成28年09月30日
医薬品成分を含有する製品(無承認無許可医薬品)について
平成28年09月14日
平成28年度横浜市風しん対策事業によるワクチン接種の一時中止ついて
平成28年08月25日
麻しんの広域的発生について(情報提供)
平成28年08月25日
医療法施行細則の一部を改正する規則に関する意見公募の結果について(結果公示)
平成28年08月15日
ダニ媒介性脳炎について(厚生労働省)
平成28年03月30日
薬局等許可審査基準及び指導基準の一部改正に関する意見公募の結果ついて(結果公示)
平成28年02月16日
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)施行令等の一部を改正する政令の施行等について(医療機関の皆さまへ)
平成28年01月28日
ジカ熱に関する情報提供及び患者への対応について(医療機関の皆さまへ)
平成27年10月08日
横浜市におけるノロウイルスの発生状況について(医療機関の皆さまへ)
平成27年09月25日
エボラ出血熱及び中東呼吸器症候群(MERS)の国内発生を想定した対応について(医療機関の皆さまへ)
平成27年08月20日
第23回世界スカウトジャンボリー大会参加者における侵襲性髄膜炎菌感染症の発生について(医療機関の皆さまへ)
平成27年07月01日
デング熱等患者への対応について(医療機関の皆さまへ)
平成27年06月12日
中東呼吸器症候群(MERS)の国内発生時の対応について(医療機関の皆さまへ)
平成27年06月05日
中東呼吸器症候群(MERS)のホームページを開設しました。ホームページはこちら
平成27年06月05日
韓国における中東呼吸器症候群(MERS)の対応について(医療機関の皆さまへ)
平成27年06月03日
韓国における中東呼吸器症候群(MERS)の発生について(医療機関の皆さまへ)
平成27年05月20日
横浜市風しん排除戦略の策定について(医療機関の皆さまへ)
平成27年05月20日
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)施行規則の一部を改正する省令の施行等について(医療機関の皆さまへ)
平成27年05月13日
「エボラ出血熱の国内発生を想定した医療機関における基本的な対応について」の一部改正について(医療機関の皆さまへ)
平成27年04月08日
麻しん対策の継続について(医療機関の皆さまへ)
平成27年02月5日
海外渡航時に注意すべき感染症について
《チラシ》「海外旅行の時は、特に注意!」(PDF)

過去のお知らせ

分野別情報

ページ先頭へ戻る

ここからフッターメニューです