ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

重要なお知らせ

更新情報

トピックス

横浜市肝炎対策事業


横浜市では次のようなウイルス肝炎対策事業を行っています。

  • 肝炎講演会等のお知らせ ※準備中
    横浜市が開催する肝炎の市民医療講座についてお知らせします。
  • 肝炎ウイルス検査事業

      今般のフィブリノゲン製剤問題を契機として、肝炎一般に対する関心の高まりを受けて、国は、平成20年1月から
     緊急肝炎ウイルス検査事業を実施しています。
     これを受けて、横浜市では、早期発見・早期治療のため、市内の協力医療機関で、無料の検査を実施します。

     ※各区福祉保健センターで行っていた肝炎ウイルス検査は、平成19年度で終了しました。

神奈川県の「肝炎治療医療給付事業」について

  神奈川県では、C型ウイルス性肝炎の根治を目的として行うインターフェロン治療(少量長期投与を除く)及びインターフェロンフリー治療並びに
B型ウイルス性肝炎に対して行われるインターフェロン治療及び核酸アナログ製剤治療に係る医療費の助成を行っています。
 対象となる方や助成の内容は次のページをご覧ください。

→肝炎治療医療費助成制度(神奈川県のホームページ)

※認定審査を行う審査会は、毎月1回(原則、神奈川県の最終開庁日)開催されます。
   審査会の判定で「承認」された場合は、審査会後20日前後で受給者証が郵送されます。


  横浜市に在住の方の申請窓口は、お住まいの区の福祉保健センター健康づくり係になります。



 各区福祉保健センター健康づくり係 お問合せ先


【関連リンク】

 ◆神奈川県◆

  神奈川県の肝炎に対する取り組み(肝炎治療医療費助成制度) (神奈川県HPへリンク)
 
  肝炎検査の受診を呼びかけています! (神奈川県HPへリンク)

 ◆厚生労働省◆

 B型肝炎訴訟に関するページ
  (厚生労働省HPへリンク)

 フィブリノゲン製剤等相談窓口
  (厚生労働省HPへリンク)
 
  フィブリノゲン製剤・血液凝固第IX因子製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染された方々へ
  (厚生労働省HPへリンク)
 
  肝炎総合対策の推進 (厚生労働省HPへリンク)

 ◆薬害肝炎全国弁護団◆

  薬害肝炎全国弁護団 ご相談窓口
  (薬害肝炎全国弁護団HPへリンク)

ここからフッターメニューです