ページの先頭

ページ内移動用のリンク
グローバルナビゲーションへ移動
本文へ移動
フッターメニューへ移動
本文へジャンプ - トップメニュー|検索
ここからグローバルナビゲーションです
ここから本文です

重要なお知らせ

更新情報

トピックス

平成29年度の無料検診の実施について

対象者

 前年度に(平成28年4月2日から平成29年4月1日までの間に)、次の年齢(詳細は下の表をご覧ください。)になった女性の方は無料クーポン券による検診の対象者となります。

 ◎ 20歳になった女性の方は子宮頸がん無料検診の対象者

 ◎ 40歳になった女性の方は乳がん無料検診の対象者 

※ 無料クーポンは、対象者のうち、平成29年4月20日現在で横浜市民の方にお送りします。

子宮頸がん検診の対象年齢

年齢生年月日
20歳  平成8(1996)年4月2日〜平成 9 (1997)年4月1日

乳がん検診の対象年齢

年齢生年月日
40歳 昭和51(1976)年4月2日〜昭和52(1977)年4月1日

無料クーポン券の発送時期について

 無料クーポン券は平成29年6月5日に発送しました。
 

無料クーポン券が届くまでの受診について

 無料クーポン券交付までの間に、上記対象の生年月日の方が、子宮頸がん、または乳がんの横浜市がん検診を受診する場合は、医療機関で保険証等を提示していただき、生年月日を確認することで、無料で受診できます。
 無料クーポン券到着後に受診する方は、必ず医療機関に無料クーポン券を持参していただきます。

受診場所

横浜市と契約した医療機関でご受診いただけます。
契約医療機関の一覧は、こちらをご覧ください。

  


がん検診で行う検査について

子宮頸がん検診

 子宮の頸部の細胞をこすりとり、異常な細胞がないか顕微鏡で見る検査です。
 がん以外にも、将来がんになる可能性が高いといわれる異形成という病変が見つかることもあります。

 ※子宮がん検診を受診される方は、検診後出血する場合がありますので、ナプキンを持参してください。

乳がん検診

 乳がん検診では、「視触診検査」と「マンモグラフィ検査」の2つの検査を行います。

 「視触診検査」は、乳房の色、くぼみや腫れがないか、しこり等がないか、医師が乳房とわきの下を確認する検査です。
 「マンモグラフィ検査」は、乳房専用のレントゲン撮影による検査です。
 乳房を板で挟んで圧迫し、X線撮影を行います。人によってはすこし痛みを伴うこともありますが、がんの早期発見に有効とされています。
 ※乳がん検診は視触診及びマンモグラフィ検査の両方を受ける必要があります。

 TOP

新しい情報は、広報よこはま、本ホームページ等でお知らせいたします。



 

横浜市けんしん専用ダイヤル 

受付時間 8:30〜17:15(日曜・祝日除く)

TEL 045−664−2606

FAX 045−664−2828

ここからフッターメニューです