ページの先頭

本文へジャンプ - トップメニュー|検索

狂犬病およびリッサウイルス感染症について

初めに

 狂犬病(rabies)には、狭義の狂犬病と広義の狂犬病とがあります。狂犬病ウイルスによる感染症が狭義の狂犬病です。狂犬病ウイルスは、リッサウイルス属に属し、狂犬病ウイルス以外のリッサウイルスも狭義の狂犬病と同様の感染症を起こします。狭義の狂犬病を含めてリッサウイルスによる感染症が広義の狂犬病です。本ページでは、狭義の狂犬病から始めて、広義の狂犬病(リッサウイルス感染症)について触れていきます。
 なお、欧米では、広義の狂犬病が用いられていますが、日本の感染症法では、狭義の狂犬病が用いられています。

流行は?

 日本では、1950年(昭和25年)に狂犬病予防法が制定されています。日本では、狂犬病は、人においては1949年の74人、犬においては1950年の879匹をピークに、発生報告の減少が見られました。狂犬病予防法では、犬の登録と年一回の狂犬病の予防接種が義務付けられています。日本においては、1958年以後は動物においても人においても狂犬病の国内発生の報告はありません。国内発生については、人(1人)と犬(6匹)は1956年(昭和31年)が、猫は1957年(昭和32年、1匹、広島県)が最後の発生報告でした。
 日本における狂犬病の国内発生がなくても、海外の狂犬病常在地で狂犬病感染動物にかまれ、帰国後に狂犬病を発症する輸入狂犬病は発生する可能性があるため、注意が必要です。
 1970年には、ネパール(狂犬病発生地)で野犬にかまれ、帰国後発症し死亡した輸入症例があります。

 また、2006年11月16日京都市、2006年11月22日横浜市において、一人ずつ、計2人狂犬病の発症が確認されました。いずれの患者もフィリピンからの帰国後に狂犬病が発症しました。いずれの患者もフィリピン滞在中、2006年8月ごろに犬に手を咬まれていて、これにより狂犬病に罹患したと判断されました。なお、いずれの患者とも現地において曝露後の狂犬病ワクチン接種を受けていません。

・狂犬病の最近の輸入感染症例について (厚生労働省)

 世界的には、狂犬病ウイルスによる狂犬病は、日本、英国、アイルランド、アイスランド、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、グアム、ハワイ、スカンジナビア半島の国々(ノルウェー・スウェーデン)、南極大陸など島国を中心とした一部の地域を除いて、多くの国で発生しています。WHO(世界保健機関)によれば、150以上の国や地域で発生しています(参考文献 26)。世界では、毎年約5万5千人の人と十数万の動物が、狂犬病で死亡していると推定されています。インド、パキスタン、中国、バングラデシュ、ミャンマー、フィリピンやアフリカでの発生が多く、毎年、インドだけでも2万人ほどが狂犬病で死亡していると考えられています。世界では、人と動物における狂犬病の排除は大きな課題であり、毎年9月28日が世界狂犬病デー(World Rabies Day)とされています。狂犬病ワクチンの開発者であるパスツールが亡くなった9月28日が2006年に世界狂犬病デーと定められました。パスツール(Louis Pasteur)は、狂犬病ウイルスをウサギの脊髄で培養し、曝露後免疫用に狂犬病ワクチンを開発しました。パスツールの研究は、ウイルス学・免疫学の基礎となるものでした。

・狂犬病の発生状況(厚生労働省健康局結核感染症課まとめ。発生地図:PDFファイル) [pdf:137KB]

 ハンムラビ(Hammurabi)法典などの古代メソポタミア文明における法典の一つで、ハンムラビ法典よりも古い、紀元前1930年頃のEshnunna法典には、狂犬病を思わせる記述が出てきます。罰として、狂った犬にわざと罪人を咬ませるというものです。今から約4000年前には、すでに狂犬病は人類の身近にあったようです。

感染経路は?

 狂犬病の動物にかまれたり、なめられたりすることで感染します。主に、狂犬病の動物にかまれた傷口から、唾液に含まれるウイルスが侵入します。傷口以外でも、目・鼻・口などの粘膜面から侵入することもありえます。

 通常は、ヒトからヒトに感染することはなく、感染した患者から感染が拡大することはありません。

 感染する動物はすべての哺乳類ですが、地域によって、狂犬病の発生状況に差があります。西欧諸国や北米では、森林等に住む野生動物(キツネなど)を中心に狂犬病が発生していて(森林型流行)、ヒトの発生は多くありません。米国では、スカンク、アライグマ、コウモリで動物の狂犬病の85%を占めます。一方、アジア、アフリカ、中南米では、主に都市部のイヌの間で狂犬病ウイルスが伝播されており(都市型流行)、多くの人々が狂犬病のために死亡しています。

(参考) 主な狂犬病危険動物
アジア:イヌ、ネコ
アフリカ:イヌ、ネコ、ジャッカル、マングース
ヨーロッパ:キツネ、ネコ
米国、カナダ:アライグマ、コウモリ、スカンク、キツネ、コヨーテ、ネコ
中南米:イヌ、コウモリ、ネコ、コヨーテ

 アメリカ合衆国において、野生動物の狂犬病の報告については、季節変動があります。アライグマ、スカンク、キツネの報告は3-5月にピークがあります。さらに、アライグマ、スカンクの報告は8-9月に二番目のピークがあります。コウモリの報告は8月に鋭いピークがあります。

 アメリカ合衆国において、検査で確定された狂犬病について、犬では、1947年に6949匹、2009年に93匹、2014年に59匹と減少してきています。一方、猫では、2009年に274匹、2014年に272匹と、犬の狂犬病の発生より多くなっています(参考文献27)。

 動物が動物を咬むことによって、動物間で狂犬病ウイルスが伝達されます。家畜においては、狂犬病の潜伏期は、通常3-12週間ですが、数日から数か月に及ぶこともあります。しかし、潜伏期が6か月間を超えることは、まれとされています。動物の唾液中に狂犬病ウイルスが排出されている時期が、狂犬病ウイルスの伝達可能な時期です。犬、猫やフェレットは、発病の2、3日前から、ずっと、唾液中に狂犬病ウイルスが排出されます。

どんな病気?

 人間の狂犬病の臨床経過は、潜伏期、前駆期、急性神経症状期、昏睡期に分けられています。いったん発症したら、ほぼ100%死亡します。しかし、極めてまれなことですが、死亡せず回復した例も知られています(参考文献10、14、15、17)。

 潜伏期:多くの例で3〜12週間、短い例では4日間、長い例では1年を超える場合もありますが、93%以上で潜伏期は一年以内です(参考文献7)。潜伏期が、30日以下が30%、31-90日が54%、90日超えが15%、1年超えが1%とする文献もあります(参考文献28)。長い例では、潜伏期が14年、19年、25年の可能性がある例も報告されています(参考文献24)。
 25年の可能性がある例としては、インドのゴア市の48歳の男性の狂犬病患者が報告されています。25年前の23歳の時に狂犬に咬まれましたが狂犬病ワクチン接種などの処置を受けていません。その後は狂犬病ウイルスに感染するような狂犬との接触は把握されなかったことから、潜伏期が25年の可能性を考えています。しかしながら、一方で、潜伏期で狂犬病ワクチンを排出している犬が人の皮膚を軽くひっかいて小さな傷を作り、なめたとしても、感染を起こしえる危険な接触として把握されない可能性も指摘しています(参考文献24)。
 発病前であっても、発病の2週間前から、唾液や涙、気道分泌物などの中に狂犬病ウイルスが排出されている可能性があります。そのため、発病前の2週間に患者とキスした人たちなどには狂犬病ワクチン接種のような発症予防対策が考慮されます(参考文献30)。

 前駆期:発熱、頭痛、倦怠感、食欲不振、嘔吐等ではじまり、傷口周囲のかゆみや知覚異常が現れます。

 急性神経症状期:不安感、錯乱、麻痺、幻覚等の神経症状が2〜7日続きます。液体を飲むとのどがけいれんを起こし、非常に苦しいため飲水を避けるようになります(恐水症・水恐怖症: hydrophobia)。

 また、のどのけいれんは顔面に冷たい風が当たっても誘発されるため、風を避けるようになります(恐風症: anemophobia / ancraophobia、あるいは、空気恐怖症: aerophobia)。

 昏睡期:昏睡状態から呼吸麻痺で死にいたります。

 狂犬病の潜伏期・前駆期には、検査はすべて陰性であるため、検査による早期診断は不可能です。狂犬病流行地で動物にかまれた後、発症前に狂犬病ウイルスに感染したかどうかを知る手段はありません。

 狂犬病の英語での病名rabiesについては、暴れ回ること(to rage)を意味するラテン語のrabereに由来します。ラテン語のrabereについては、暴力をふるうことを意味するサンスクリットのrabhasに由来するともされます(参考文献22)。

病原体は?

 狂犬病(狭義)の病原体は狂犬病ウイルス(rabies virus : RABV)です。狂犬病ウイルスは、ラブドウイルス科(family Rhabdoviridae )、リッサウイルス属(genus Lyssavirus )に分類されます。1本鎖RNAウイルスで、大きさはほぼ75×180nmで、弾丸様の形をしています。エンベロープ(外殻)を有します。ラブド(Rhabdo- )は、ギリシア語で棒(英語ではrod)を意味するrhabdosに由来して、棒状の意味です。リッサ(Lyssa )は、ギリシア語に由来し狂乱を意味します。
 リッサ(Lyssa )は、また、ギリシア神話で犬を狂暴にさせる女神です(参考文献22)。リッサは、狩人Actaeonの死にまつわる話に登場します。Actaeonは半人半馬のChironにより優れた狩人として育てられました。狩人Actaeonは、ギリシアのCithaeronの森の中で狩猟中に、聖なる泉で狩猟の女神Artemis(アルテミス)が裸で水浴しているのを見かけ、その美しさに見とれてしまいます。狩人Actaeonに気付いた女神Artemisは、狩人Actaeonに話すことを禁じます。声を発したら獲物の動物に変わってしまう罰を女神Artemisは狩人Actaeonに与えます。自分の猟犬の鳴き声を聞いた狩人Actaeonは思わず声を上げますが、その姿はたちまち雄鹿に変わります。雄鹿に変身した狩人Actaeonは、居合わせた女神リッサによって狂暴にさせられた50匹の自分の猟犬によって、かみ殺され、むさぼり食われてしまいました。その後、猟犬たちは、自分たちが主人を食い尽くしてしまったことに気付かず、悲しく吠えながら主人Actaeonを探し回ります。半人半馬のChironの洞穴にも猟犬たちが訪れますが、Chironは狩人Actaeonの彫像を作って、猟犬たちの悲しみを癒しました。

 狂犬病ウイルスは比較的不安定なウイルスで、乾燥や熱で容易に不活化しますが、唾液中では数時間安定です。狂犬病ウイルスは、アルコールなどの通常の消毒により失活します。

 狂犬病ウイルス以外にも、狂犬病関連リッサウイルス(rabies-related virus ; あるいは狂犬病類似ウイルスとも呼ばれます)が人間に(広義の)狂犬病を起こすことがあります。狂犬病ウイルスが起こす狂犬病と狂犬病関連リッサウイルスが起こす狂犬病(リッサウイルス感染症)とは、症状で区別することはできません。狂犬病ウイルスが起こす狂犬病を、特に、古典的(classical)狂犬病と呼ぶことがあります。
 狂犬病関連リッサウイルスには、欧州コウモリリッサウイルス(European bat lyssavirus : EBLV)や、豪州コウモリリッサウイルス(Australian bat lyssavirus : ABLV)などがあります。欧州コウモリリッサウイルスには、1型(EBLV-1)と2型(EBLV-2)とがあります。欧州コウモリリッサウイルスは、欧州で、昆虫を食べるコウモリ(食虫コウモリ)で見られることがあり、ときとして人間に狂犬病を起こします。欧州コウモリリッサウイルスによる感染は、明確な接触の認識がなくても、朝起きたら部屋にコウモリがいたというような状況で起こっていることもありえるので注意が必要です。意識していなくても、コウモリに咬まれたり引っ掻かれたり、コウモリの唾液などが人間の目・鼻・口などの粘膜に付着したりして、人間が感染する可能性があります。コウモリによる咬み傷は、非常に小さく、本人も咬まれたと意識しない場合も見られます。コウモリを見かけたら、コウモリに触らないようにして、また、コウモリの唾液との接触も避けましょう。なお、欧州コウモリリッサウイルスがコウモリ以外の動物に感染することはきわめてまれであると考えられています。

 2002年には、英国のスコットランドで欧州コウモリリッサウイルスのEBLV-2にコウモリから感染した一人の男性が死亡しています。患者は日常的にコウモリとの接触がある人でした。患者から検出されたウイルスはこれまでに英国内でコウモリから検出されているウイルスと一致しました。

 過去25年間に、ヨーロッパのオランダ・スペイン・デンマーク・ドイツ等で、約700匹のコウモリで、欧州コウモリリッサウイルスの感染が確定されています。大部分が1型(EBLV-1)でした。英国では、過去15年間で、6000匹以上のコウモリを検査して、6匹で欧州コウモリリッサウイルスの感染が確定されています。英国でのコウモリでの第一例は、1996年にEast Sussexからでした。ただし英国国外からのコウモリでした。最近では、2007年にShropshireからでした。英国で欧州コウモリリッサウイルスの感染が確定されたコウモリについては、すべて、欧州コウモリリッサウイルスのEBLV-2に感染したDaubentonコウモリ(Myotis daubentonii )でした。英国でよく建物で見かける種類のコウモリからは欧州コウモリリッサウイルスは検出されていません。Daubentonコウモリが家屋をねぐらとすることは、まれです。

 2002年に英国のスコットランドで欧州コウモリリッサウイルスのEBLV-2にコウモリから感染した一人の男性を含めて、これまで、欧州コウモリリッサウイルスにコウモリから感染したのが確認されているのは4人に留まります。他の3人は、フィンランドで一人、前のソ連で二人です。他の3人の内で最近の発生は、1985年です。いずれも事前に狂犬病の予防接種を受けていませんでした。
 1982年以来、欧州では、後に欧州コウモリリッサウイルスの感染が確定されたコウモリに咬まれたり、ひっかかれたりした人が200人以上報告されています。これらの人たちには狂犬病の曝露後免疫の処置が適切に行われ、誰も狂犬病を発病していません。

 狂犬病ワクチンは、もともと狂犬病ウイルスに対するワクチンですが、欧州コウモリリッサウイルスに対するワクチンとしても有効なようです。欧州コウモリリッサウイルスによる狂犬病の予防のためにも狂犬病ワクチンは、使用されています。

 リッサウイルスには、7種類の遺伝子型が知られています。
遺伝子型1型:狂犬病ウイルス(rabies virus : RABV)、
遺伝子型2型:ラゴスコウモリウイルス(Lagos bat virus:LBV)、
遺伝子型3型:モコラウイルス(Mokola virus:MOKV)、
遺伝子型4型:ドゥベンヘイジウイルス(Duvenhage virus:DUVV)、
遺伝子型5型:欧州コウモリリッサウイルス1型(EBLV-1)、
遺伝子型6型:欧州コウモリリッサウイルス2型(EBLV-2)、
遺伝子型7型:豪州コウモリリッサウイルス(ABLV)、
です。この他にも近年、リッサウイルスとして、
アラバンウイルス(Aravan virus:ARAV)、
クージャンウイルス(Khujand virus:KHUV)、
イルクーツウイルス(Irkut virus:IRKV)、
ウェストコーカシアンコウモリウイルス(West-Caucasian bat virus:WCBV)、
がユーラシア大陸のコウモリから発見されています。なお、ラゴスコウモリウイルスはナイジェリアで食果コウモリから、モコラウイルスはナイジェリアでトガリネズミからジンバブエで人間・猫から、ドゥベンヘイジウイルスは南アフリカで人間から、豪州コウモリリッサウイルスはオーストラリアで食果コウモリから、分離されました。

 狂犬病ワクチンは、狂犬病ウイルス、ラゴスコウモリウイルス、ドゥベンヘイジウイルス、欧州コウモリリッサウイルス1型・2型、豪州コウモリリッサウイルスに対して有効ですが、モコラウイルスに対しては無効と考えられています。

 豪州コウモリリッサウイルス(ABLV)については、1996年に、オーストラリアのニューサウスウェールズ州Ballina付近にいた生後5か月ぐらいの脳炎の雌のコウモリ(Pteropus alecto )から分離されました(参考文献12)。この雌のコウモリはイチジクの木の下で飛べずにいるところを見つかりました。
 また、1996年、オーストラリアのクィーンズランド州Rockhamptonの女性が腕のしびれや脱力で発病し、発病後20日で、脳炎で死亡しました。この女性は、豪州コウモリリッサウイルス(ABLV)に感染していました。発病の4.5週間前に食虫コウモリ(Saccolaimus flaviventris )に咬まれていました。
 1998年には、オーストラリアのクィーンズランド州Mackayにおいて脳炎で死亡した37歳女性で豪州コウモリリッサウイルス(ABLV)の感染が確認されました(参考文献13)。食果コウモリ(Pteropus sp.)に咬まれてから27か月後の発病でした。発病の27か月前の1996年8月下旬、この女性は、夕方のバーベキューに参加しました。突然、小さいこどもの背中にコウモリが留まりました。この女性は、コウモリを追い払おうとして、左手の小指の付け根の部分をコウモリに咬まれました。二日後、医療機関を受診し、破傷風トキソイドと抗生物質の投与を受けました。さらに、6か月後に医療機関を受診した時に、夕方のバーベキューで豪州コウモリリッサウイルス(ABLV)に曝露している可能性を指摘され、狂犬病の曝露後免疫を勧められましたが、断りました。豪州コウモリリッサウイルス(ABLV)の感染が確定したことで、夕方のバーベキューに参加したこどもと4人の人たちに、狂犬病の曝露後免疫が実施されました。
 豪州コウモリリッサウイルス(ABLV)については、米国CDC(疾病管理予防センター)が、ネズミを使った実験で狂犬病ワクチンが有効であることを示しています。

 アメリカ合衆国では、種の中で狂犬病ウイルスが受け継がれている野生動物がいくつかあります。アライグマ(東海岸[大西洋岸])、コウモリ(ハワイ州以外)、スカンク(カリフォルニア州及び合衆国中部)、キツネ(テキサス州、アリゾナ州、アラスカ州)、及びマングース(プエルトリコ)です。ヨーロッパの人々がアメリカ大陸を発見する以前から、アメリカ大陸には狂犬病ウイルスが存在し、それは狂犬病ウイルスのコウモリ変異株と考えられています。アメリカ合衆国で狂犬病が報告されているコウモリは30種以上です。1514年にスペインによる征服の指導者(conquistador: コンキスタドール )が吸血コウモリに咬まれて死んだとする、おそらく狂犬病と思われる記録が残っています。また、アメリカ大陸の発見後に、ヨーロッパの人々がアメリカ大陸に移り住むとともにアメリカ大陸に持ち込まれた狂犬病ウイルスが存在し、それは狂犬病ウイルスのイヌ変異株と考えられています。アライグマ(東海岸[大西洋岸])、スカンク(アリゾナ、合衆国中部の南部)で受け継がれている狂犬病ウイルスはコウモリ変異株由来と、キツネ(テキサス州、アリゾナ州)、スカンク(カリフォルニア州及び合衆国中部の北部)で受け継がれている狂犬病ウイルスはイヌ変異株由来と、考えられています。
 狂犬病ウイルスの変異株が宿主を替えて行くことも観察されています。2001年に発見されたFlagstaff変異株(Flagstaff rabies virus variant)は、もともとbig brown batというコウモリを宿主としていましたが、アリゾナ州Flagstaffでは、スカンクを宿主とするようになりました。最近は灰色キツネ(gray fox)の報告が増えていて、灰色キツネがFlagstaff変異株の新しい宿主となるかもしれません。

 2014年に、アメリカ合衆国で、狂犬病としてCDC(疾病管理予防センター)に報告された動物数は、総計6033匹で、その内訳は下の表のとおりです(参考文献27)。野生の動物が5588匹で92.6%を占めます。

2014年に米国でCDCに報告された狂犬病の動物数
狂犬病の動物頭数(匹)各動物の検体において狂犬病ウイルスが検出された検体の割合(%)
アライグマ 1822(30.2%) 14.8
コウモリ 1756(29.1%) 6.2
スカンク 1588(26.3%) 31.4
キツネ 311(5.2%) 20.8
ネコ 272(4.5%) 1.1
ウシ 78(1.3%) 6.1
イヌ 59(1.0%) 0.3
ウマ・ラバ 25(0.4%) 3.3
ヒツジ・ヤギ 10(0.2%) 1.6
野生動物 5588(92.6%) 10.8
家畜 445(7.4%) 0.9
総計6033(100.0%)5.9

 2010年には、ニューヨーク市のマンハッタンでアライグマの狂犬病が多発しました(参考文献18、23)。都心ですが自然が残っているセントラルパーク(Central Park)を中心に発生が見られました。2009年8月28日に第1例の報告があり、2009年末までにさらに10例の追加報告がありました。2010年には123例の発生報告がありました。セントラルパーク(Central Park)を中心としたこのアライグマの狂犬病の多発を受け、TVR作戦が実施されました。Tはtrap(わなで捕らえる)で、アライグマをわなで生け捕りにします。Vはvaccinate(予防接種する)で、捕らえたアライグマに狂犬病の予防接種をします。狂犬病の予防接種を受けたアライグマには耳に札の標識を付けます。Rはrelease(解放する)で予防接種済みのアライグマを元の居場所に戻します。一回目のTVR作戦は、2010年の2月16日から4月7日まで実施されました(初回接種237匹)。また、2010年の春に生まれた小さなアライグマを主な対象として、2010年の9月20日から11月5日まで二回目のTVR作戦が実施されました(初回接種148匹)。また、2011年の11月28日から12月16日まで三回目のTVR作戦が実施されました(初回接種99匹)。マンハッタンのセントラルパーク(Central Park)・モーニングサイドパーク(Morningside Park)・リバーサイドパーク(Riverside Park)で総計484匹のアライグマが狂犬病の予防接種を初めて受けました。また、総計112匹(二回目で68匹、三回目で44匹)のアライグマが狂犬病予防接種の再接種を受けています。三回のTVR作戦の実施により、ニューヨーク市マンハッタンにおけるアライグマの狂犬病の多発は沈静化したようです。2011年のニューヨーク市のマンハッタンでのアライグマの狂犬病の発生報告は2例で、2月2日に一例、12月9日に一例でした。

 アメリカ合衆国では、最近20年間の人間の狂犬病の発生例において、主たる感染経路は、コウモリとの接触となっています。
 2009年には4例発生し、3例はアメリカ合衆国国内でのコウモリとの接触が、1例はインドでのイヌとの接触が、感染経路でした。
 2010年には2例発生し、1例はメキシコでのコウモリとの接触が感染経路でした。あとの1例の感染経路はアメリカ合衆国国内でのコウモリとの接触が疑われています。
 2011年にはアメリカ合衆国国内でのネコとの接触により感染したと思われる例と、ハイチでのイヌとの接触により感染したと思われる例とが発生しています。
 2014年9月にアメリカ合衆国ミズーリ州で発生した52歳男性の狂犬病の患者は、当地でのコウモリとの接触が感染経路と考えられました(参考文献29)。
 2015年9月にアメリカ合衆国ワイオミング州で発生した77歳女性の狂犬病の患者は、当地でのコウモリとの接触が感染経路と考えられました(参考文献30)。

 アメリカ合衆国では、近年の人間の狂犬病の発生例において、コウモリが主たる感染源となっていますが、オーストラリアや西ヨーロッパにおいても、最近、コウモリが狂犬病の感染源として目立ってきています。

予防のためには・・・

 狂犬病は、いったん発症すれば特異的治療法はないため、感染防止に努めるとともに、狂犬病動物にかまれた場合は、できるだけ早期に発症予防の対策をとる必要があります。

 むやみに野生動物に手を出さないようにしましょう。海外の狂犬病の汚染地域に渡航したり、長期滞在する場合は、ワクチンを接種(曝露前免疫)した方が安全です。狂犬病を持っているおそれのある動物にかまれたら、できるだけ早急に、15分以上、傷口を石鹸と流水で十分に洗い、40-70%エタノールあるいはポピドンヨード液等で消毒します。そして、できるだけ早急に医療機関で、破傷風トキソイドの接種と、狂犬病発症防止のためのワクチン接種を行います。傷口に口を付けて吸い出すような行為は、口の粘膜から狂犬病ウイルスが侵入する恐れがある危険な行為ですので、行ってはいけません。狂犬病を持っているおそれのある動物の唾液が目・鼻・口などの粘膜に付着したような場合には、できるだけ早く、清潔な水で徹底的に洗い流します。

 1.曝露前免疫
  1回量を1mLとして、4週間隔で2回皮下に接種し、さらに6〜12か月後に3回目を皮下に接種します。
  必要があれば、1〜2年ごとに1mL追加接種します。
  なお、海外において、WHO(世界保健機関)方式は、0、7、28日(3回目については時間的余裕がないときには、21日まで早くすることができます)の3回、1回量を1mL(ワクチンによっては0.5mL)として接種(筋肉注射)します。
 ・予防接種実施機関の探し方(厚生労働省検疫所ホームページ)

 2.曝露後免疫
  1回量を1mLとして、その初回接種日を0日として、以降、3、7、14、30及び90日の計6回皮下に接種します。
  なお、海外において、WHO方式は、0、3、7、14、28日の計5回、1回量を1mL(ワクチンによっては0.5mL)として接種(筋肉注射)します(参考文献5)。アメリカ合衆国のCDC方式は、免疫機能が正常な人については、0、3、7、14日の計4回、1回量を1mL(ワクチンによっては0.5mL)として接種(筋肉注射)します(参考文献21)。
  また、WHO方式・CDC方式では、ヒト抗狂犬病免疫グロブリン20IU/kg(またはウマ抗狂犬病免疫グロブリン[equine rabies immunoglobulin : ERIG]40IU/kg)を可能な限り多量に咬傷局所に接種し、残量を(狂犬病ワクチン接種部位とは離れた部位の)肩などに注射するとなっています。 ヒト抗狂犬病免疫グロブリンはできるだけ早期に注射することが望ましいですが、遅くなった場合、ワクチン接種開始後7日目までなら注射できます。
  日本では、抗狂犬病免疫グロブリンを製造も輸入もしていないので、入手は困難で、曝露後発症防止は、狂犬病ワクチン接種だけで実施することになります。 ヒト抗狂犬病免疫グロブリン(human rabies immunoglobulin : HRIG)は、狂犬病ワクチンを受けて免疫を獲得した人たちの血清を原材料として製造したものです。
  曝露前に狂犬病の予防接種を受けていても、WHO方式・CDC方式では、曝露後の接種は必要です(回数は減る場合があります)。WHO方式・CDC方式では、十分に曝露前免疫済みであれば、0、3日の計2回、1回量を1mL(ワクチンによっては0.5mL)として接種(筋肉注射)します(参考文献5,21)。現在、日本で使用されている乾燥組織培養不活化狂犬病ワクチンの添付文書では、「以前に暴露後免疫を受けた人は、6箇月以内の再咬傷の場合はワクチン接種を行う必要はない。暴露前免疫を受けた後6箇月以上たって咬傷を受けた人は、初めて咬まれた場合と同様に接種を行う。」とされています(参考文献25)。

[参考] WHOが定めた基準(参考文献5)
狂犬病又はその疑いのある飼育動物や野生動物との接触、又は観察不能な動物との接触の状況処置方法
 カテゴリー1(危険性なし)
動物に触れたり、餌を与えた。
動物に傷のない皮膚をなめられた。
処置必要なし
 カテゴリー2(低い危険性)
動物に直接皮膚をかじられた。
出血を伴わない引っ掻き傷やすり傷ができた。
ただちにワクチン接種を開始するが、10日間動物が健康であるか、剖検して狂犬病が否定された場合は中止する
 カテゴリー3(高い危険性)
1か所以上の咬傷や引っ掻き傷ができた。
動物に粘膜をなめられた。
動物に傷のある皮膚をなめられた。
コウモリとの接触。
ただちに抗狂犬病ガンマグロブリンとワクチンを開始するが、10日間動物が健康であるか、剖検して狂犬病が否定された場合は中止する

 ワクチンの副反応:現在、日本で使用されている乾燥組織培養不活化狂犬病ワクチンは、接種後脳炎の危険性はありません。
 以前使用されていた神経組織狂犬病ワクチン(nerve-tissue rabies vaccine)については、接種後脳炎の危険性や免疫産生で劣ることなどの問題があるため、できるだけ早く生産・使用を止めるように、WHOは勧告していますが、アジアやラテンアメリカのいくつかの国などで使用されています。

 現在、日本で使用されている乾燥組織培養不活化狂犬病ワクチンの添付文書には、以下の記載があります。

 全身症状:一過性であるが、まれに発熱を認めることがある。

 局所症状:一過性であるが、発赤、腫脹、疼痛等を認めることがある。

 世界的には、毎年、1500万人以上が狂犬病予防接種を受けていて、中国やインドに住んでいる人で多いです。曝露後免疫の処置がなされなければ、アフリカやアジアで狂犬病で亡くなる人は、272000人程度増加するだろうと推計されています。

 人から人への感染経路として、狂犬病の患者が他の人を咬むことは考えにくいです。しかし、患者の唾液などを介して患者の接触者や患者の治療にあたる医療従事者が患者から感染する可能性を考えて、接触者や医療従事者を対象に曝露後免疫の処置が行われることがあります。
 2010年8月、米国CDC(疾病管理予防センター)は、ルイジアナ州で入院した19歳のメキシコ出身の農夫一名で狂犬病を確定しました(参考文献8)。農夫がメキシコからルイジアナ州のサトウキビ農場へ到着したのは2010年7月29日のことでした。農場で一日働いた後、7月30日に左肩の痛み・左手のしびれ等で医療機関を受診しました。症状は悪化し8月3日にはニューオリンズの病院に入院しました。ウイルス性の脳炎が見られ、8月20日には患者の脳脊髄液と血清から狂犬病特異のIgGおよびIgM抗体が検出されました。8月21日に死亡し、8月22日の解剖で採取された脳組織から狂犬病ウイルス抗原が検出されました。メキシコの患者の母の話によれば、7月中にメキシコで患者は睡眠中に左足を吸血コウモリに咬まれたが医療機関を受診しなかったとのことです。
 この事例では、狂犬病患者の気管内押管や気道内吸引等に関わった医療従事者と、狂犬病患者と飲用器具を共有した農夫とが曝露後免疫の処置の対象とされました。狂犬病患者の気管内押管や気道内吸引にあたっては、ガウン・ゴーグル・マスク・手袋の適切な着用が必要です。

 日本では、1950年に制定された狂犬病予防法の下、犬の登録、予防注射、野犬等の抑留が徹底され、狂犬病を撲滅するに至りました。今日でも、犬による咬傷事故が発生した場合には、狂犬病の可能性も考えての行政対応が行われています。
 犬による咬傷事故が発生した場合、早急に最寄りの保健所に届け出ることになります。横浜市の場合、飼い犬が人をかんで傷つけた事実を知ったら飼い主は翌日までに区役所の福祉保健センター(生活衛生課)に届出なければなりません。さらに、飼い主は、2日以内に、人をかんで傷つけた犬を獣医師に受診させ狂犬病の鑑定を受けさせなければなりません。また、犬にかまれた場合には、福祉保健センター(生活衛生課)への届出として「犬によるこう傷事故被害届出書」があります。人をかんで傷つけた犬の飼い主がわかれば、福祉保健センターで指導することになります。
 詳しくは、当・横浜市衛生研究所ホームページ「犬による咬傷について」をご覧ください。

 アメリカ合衆国では、イヌやネコに対する狂犬病の予防接種については、州ごとに対応が違います。イヌにもネコにも狂犬病の予防接種をする法律がある州が多いのですが、日本のようにイヌだけに狂犬病の予防接種をする法律がある州や、ハワイ州のようにイヌにもネコにも狂犬病の予防接種をする法律がない州もあります。

感染症法における取り扱い

 狂犬病およびリッサウイルス感染症は、いずれも4類感染症に定められていて、診断した医師は直ちに最寄の保健所に届け出ます。報告のための基準は下記を参照してください。 なお、感染症法上の狂犬病は狂犬病ウイルスが起こす感染症です。また、感染症法上のリッサウイルス感染症は狂犬病ウイルス以外のリッサウイルスが起こす感染症です。

 ・狂犬病 届出基準 [pdf:420KB]
 ・リッサウイルス感染症 届出基準 [pdf:170KB]

参考文献

  1. 国立感染症研究所 感染症情報センター 感染症の話 狂犬病
  2. 海外渡航者のための感染症情報 狂犬病 Rabies (厚生労働省検疫所ホームページ)
  3. 「感染症予防必携」 第2版 (財団法人 日本公衆衛生協会)
  4. 「予防接種に関するQ&A集」 第11版 (一般社団法人 日本ワクチン産業協会)
  5. WHO, Rabies vaccines: WHO position paper, Weekly epidemiological record, 6 AUGUST 2010, 85th YEAR /No. 32, p. 309-320.
  6. Health Protection Agency and Natural England; Bats and Human Health; 27 September 2010.
  7. Department of Health(英国); Immunisation against infectious disease (Green book):
    https://www.gov.uk/government/collections/immunisation-against-infectious-disease-the-green-book
    :  Rabies: the green book, chapter 27: Updated:19 April 2013
  8. CDC; Human Rabies from Exposure to a Vampire Bat in Mexico --- Louisiana, 2010; Morbidity and Mortality Weekly Report / August 12, 2011 / Vol. 60 / No. 31, p. 1050-1052.
  9. 源 宣之: “1. 狂犬病とリッサ (狂犬病関連) ウイルス”. ウイルス, Vol. 54, pp.213-222 (2004) .
  10. CDC; Recovery of a Patient from Clinical Rabies --- Wisconsin, 2004; Morbidity and Mortality Weekly Report / December 24, 2004 / Vol. 53 / No. 50, p. 1171-1173.
  11. Charles H. Calisher, James E. Childs, Hume E. Field, Kathryn V. Holmes, and Tony Schountz; Bats: Important Reservoir Hosts of Emerging Viruses; Clinical Microbiology Reviews, Vol. 19, No. 3, July 2006, p. 531-545.
  12. Graeme C. Fraser, Peter T. Hooper, Ross A. Lunt, Allan R. Gould, Laurence J. Gleeson, Alex D. Hyatt, Gail M. Russell, and Jaqueline A. Kattenbelt; Encephalitis Caused by a Lyssavirus in Fruit Bats in Australia; Emerging Infectious Diseases, Vol. 2, No. 4, October-December 1996, p. 327-331.
  13. Jeffrey N Hanna, Ian K Carney, Greg A Smith, Anthony E G Tannenberg, Joseph E Deverill, John A Botha, Ina L Serafin, Bruce J Harrower, Peter F Fitzpatrick and Jeffrey W Searle; Australian bat lyssavirus infection: a second human case, with a long incubation period; Medical Journal of Australia, 2000; 172: p. 597-599.
  14. CDC; Presumptive Abortive Human Rabies --- Texas, 2009; Morbidity and Mortality Weekly Report / February 26, 2010 / Vol. 59 / No. 7, p. 185-190.
  15. Rodney E. Willoughby. Jr., Kelly S. Tieves, George M. Hoffman, Nancy S. Ghanayem, Catherine M. Amlie-Lefond, Michael J. Schwabe, Michael J. Chusid, and Charies E. Rupprecht; Survival after Treatment of Rabies with Induction of Coma; New England Journal of Medicine; 2005;352: p. 2508-2514.
  16. National Association of State Public Health Veterinarians, Inc. Compendium of Animal Rabies Prevention and Control, 2011. Recommendations and Reports, MMWR / Vol. 60 / No. RR-6, November 4, 2011, p. 1-17.
  17. CDC; Recovery of a Patient from Clinical Rabies --- California, 2011; Morbidity and Mortality Weekly Report / February 3, 2012 / Vol. 61 / No. 4, p. 61-65.
  18. Thomas Farley; 2011 Veterinary Alert # 1 Summary of Animal Rabies and Testing in New York City, 2010. February 9, 2011,
    NEW YORK CITY DEPARTMENT OF HEALTH AND MENTAL HYGIENE. p. 1-4.
  19. Jesse D. Blanton, Dustyn Palmer, Jessie Dyer, Charles E. Rupprecht, Rabies surveillance in the United States during 2010; JAVMA(Journal of the American Veterinary Medical Association ), Vol 239, No. 6, September 15, 2011, p. 773-783.
  20. Jesse D. Blanton, Dustyn Palmer, Charles E. Rupprecht, Rabies surveillance in the United States during 2009; JAVMA
    (Journal of the American Veterinary Medical Association ), Vol 237, No. 6, September 15, 2010, p. 646-657.
  21. CDC. Use of a Reduced (4-Dose) Vaccine Schedule for Postexposure Prophylaxis to Prevent Human Rabies : Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. Recommendations and Reports, MMWR / Vol. 59 / No. RR-2, March 19, 2010, p. 1-8.
  22. Ronnie Henry; etymologia "Rabies"; Emerging Infectious Diseases, Vol. 18, No. 7, July 2012, p. 1169.
  23. Sally Slavinski, Lee Humberg, Martin Lowney, Richard Simon, Neil Calvanese, Brooke Bregman, Daniel Kass, and William Oleszko ; Trap-Vaccinate-Release Program to Control Raccoon Rabies, New York, USA ; Emerging Infectious Diseases, Vol. 18, No. 7, July 2012, p. 1170-1172.
  24. Shankar S K, Mahadevan A, Sapico SD, Ghodkirekar M, Pinto R, Madhusudana S N. Rabies viral encephalitis with proable 25 year incubation period!. Ann Indian Acad Neurol 2012 ; Volume :15/ Issue : 3/Page :221-223. Available from: http://www.annalsofian.org/text.asp?2012/15/3/221/99728
  25. アステラス製薬株式会社; 「乾燥組織培養不活化狂犬病ワクチン添付文書 [pdf:280KB] 、2014年7月改訂(第12版)。
  26. WHO, Rabies: Fact Sheet no. 99., updated March 2016.
  27. Benjamin P. Monroe, Pamela Yager, Jesse Blanton, Meseret G. Birhane, Ashutosh Wadhwa, Lillian Orciari, Brett Petersen, and Ryan Wallace; Rabies surveillance in the United States during 2014; JAVMA(Journal of the American Veterinary Medical Association ), Vol 248, No. 7, April 1, 2016, p. 777-788.(PDF版 [pdf:602KB] )
  28. Baer GM. The Natural History of Rabies. 2nd ed. Boston: CRC Press; 2000. p.526.
  29. Pratt PD, Henschel K, Turabelidze G, et al. Human Rabies - Missouri, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep / March 18, 2016;65(10):253-256. DOI: http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6510a1
  30. Harrist A, Styczynski A, Wynn D, et al. Human Rabies - Wyoming and Utah, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep / June 3, 2016;65(21):529-533. DOI: http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6521a1

2006年11月22日初掲載
2011年9月2日改訂増補
2011年11月11日改訂増補
2012年2月15日改訂増補
2012年6月20日改訂増補
2016年6月16日改訂増補

先頭へ戻る

横浜市衛生研究所 感染症・疫学情報課 - 2008年4月1日作成
ご意見・問合せ:kf-eiken@city.yokohama.jp - 電話:045-370-9237 - FAX:045-370-8462
©City of Yokohama. All rights reserved.