ページの先頭

本文へジャンプ - トップメニュー|検索

ヘルパンギーナについて

流行は?

 世界的に夏から初秋にかけて流行の見られる感染症です。

横浜市では毎年夏になると流行が見られます。グラフで見る報告定点あたり疾患別患者数推移(ヘルパンギーナ)はこちら

 日本においては、ヘルパンギーナは、感染症法での5類の小児科定点把握疾患であり、全国約3000の小児科定点医療機関で患者発生が把握されています。届出基準はこちら(PDF版)です。2000-2006年の全国の小児科定点医療機関あたりヘルパンギーナ患者年間年齢別発生報告数は、下のグラフのとおりです。年齢別では1歳が最も多いです。0歳では生後6か月以降の発生が多いです。1歳以降、小児では年齢を重ねるとともに発生は減少します。一方、少ないですが20歳以上の発生報告もあります。

グラフ(2000-2006年の全国の小児科定点医療機関あたりヘルパンギーナ患者年間年齢別発生報告数)

どんな病気?

 ヘルパンギーナは、ウイルスによって起こされる口の中とのどの炎症です。1歳から10歳までの小さなこどもたちがかかる場合がほとんどです。発熱とのどの痛みが特徴です。のどが真っ赤になりますが、特に口の中の天井の奥の方の「軟口蓋」と言われる部分を中心に、周囲に赤みを伴った、小さな直径が1mmから2mmほどの水疱が何か所(2-20カ所。平均的には4-5カ所。)かできて、やがて小さな潰瘍となります。潰瘍の部分は白色から灰色がかって見えます。これが飲食のとき痛みます。味が濃い食物(特に刺激物や塩味、酸味のもの)は、潰瘍部への刺激が強く痛むので避けましょう。オレンジジュースなど柑橘系のジュースは酸味があり避けた方が良いでしょう。熱くないミルク・牛乳が比較的痛みが少なく摂取できる場合もあります。あまり噛まなくて良い消化の良い食物が良いです。飲食時の痛みのために、十分な飲食ができずに脱水状態となり、医療機関で点滴治療を受ける患者もいます。口の中の潰瘍と水疱は、3日間から5日間ほど続きますが、発病から1週間もすれば飲食時の痛みは楽になります。

 口の中の潰瘍と水疱は、特徴的な病変ですが、この特徴的な病変よりも、高熱・のどの痛み・頭痛(頭痛はない場合もあります)が先に出現します。発熱は40度程度の高熱が急に出て来る場合もあり、そのため熱性痙攣を起こすこどももいます。発熱は、2日間から3日間ほど続きます。

 通常は、合併症や後遺症もなく、一週間以内に治ります。まれに、髄膜炎を合併することがあります。発熱・頭痛・嘔吐がひどいときには、早めに医療機関に受診しましょう。

 ヘルパンギーナに対する特効薬はありません。医療機関での治療としては、高熱に対して解熱剤が使われたりします。

病原体は?

 ヘルパンギーナの病原体は、主にコクサッキーウイルスAの2、3、4、5、6、8、10、22型です。他にもエンテロウイルス71(EV71)やコクサッキーウイルスB、エコーウイルスなどもヘルパンギーナの病原体として認められる場合があります。「コクサッキー(Coxsackie)」とは、アメリカ合衆国のニューヨーク州の東部の町の名前で、ここにいた患者から最初にウイルスが見つかったため、1949年に名付けられたものです。コクサッキーウイルス(coxsackievirus)はエンテロウイルスの仲間ですが、「エンテロ」とは「腸」を意味します。エンテロウイルスの仲間は、腸の中で増えて、便の中に出て来るものが多いです。そこで、コクサッキーウイルスも、のどや口の中の分泌物(唾液)に混ざって、口から口への感染も起こしますが、腸の中で増えて便の中に出てきて感染の原因ともなります。症状が全くなくなっても、しばらくは便の中にウイルスは出続けていますので、注意が必要です。
 一度感染したコクサッキーウイルスAの株に対する免疫は持続しその株による再度の感染を防ぎますが、他の型のコクサッキーウイルスA等に感染して再びヘルパンギーナを発病することは、ありえます。

予防のためには・・・

 ウイルスに感染してから症状が出るまでの期間(潜伏期)は通常3日から6日です。ヘルパンギーナの最初の症状は、発熱です。患者ののどや鼻の分泌物あるいは便の中のウイルスが、手などによって、口や鼻の中に運ばれて、感染します。のどや鼻の分泌物の中のウイルスによる感染は、症状が出てから2、3日までが起こりやすいです。予防のためには、患者も、その周囲の人たちも、手をよく洗うことです。患者の便には1か月ほど病原体のウイルスが出ている可能性があるので、特に患児のおしめを替えた後などは、よく手を洗いましょう。患者は、トイレの後に、周囲の人たちは、食事や鼻をほじくる前に、特に注意して手を洗いましょう。おしりをふいたときなどにウイルスが付着する可能性があるので、患者のタオルは別にしましょう。

 ヘルパンギーナのワクチン(予防接種)はありません。

2000年8月21日初掲載
2008年7月31日増補
2008年8月4日増補

このページのTOPへ

横浜市衛生研究所 感染症・疫学情報課 - 2008年4月1日作成 - 2008年8月4日更新
ご意見・問合せ:kf-eiken@city.yokohama.jp - 電話:045-370-9237 - FAX:045-370-8462
©City of Yokohama. All rights reserved.