ページの先頭

本文へジャンプ - トップメニュー|検索

デング熱・デング出血熱について

流行は?

 デング熱(dengue fever : DF)は、蚊が媒介する感染症でインフルエンザのような高熱を起こします。さらに、死に至る可能性のあるデング出血熱(dengue haemorrhagic fever : DHF)という状態になることもあります。

 デング熱は、熱帯・亜熱帯の地域で世界的に見られます。熱帯・亜熱帯で見られるAedes aegypti (ネッタイシマカ)が主として媒介しますが、温帯で見られるAedes albopictus (ヒトスジシマカ)も媒介する可能性があります。

 近年、デング熱の発生が世界的に増えています。世界人口の約半数が感染の脅威にさらされています。全世界では、毎年、3億9000万人が感染していると世界保健機関(WHO)は推計しています。
 毎年、50万人がデング出血熱で入院を必要としていると推計されていますが、大部分はこどもたちです。その内、2.5%が死亡するとされています。

 アジアには、デング熱・デング出血熱がこどもたちにおける入院や死亡の主要な原因の一つになっている国もあります。インドネシア・ミャンマー・スリランカ・タイ・東ティモールなどです。

 アメリカ大陸においては、2007年一年間で、89万人以上のデング熱患者発生が報告されていて、その内、2万6千人がデング出血熱でした。ベネズエラでは、8万人以上のデング熱患者発生があり、その内、6千人以上がデング出血熱でした。

 デング熱の流行時には、感染したことのない人々において感染する率はしばしば40-50%です。しかし、80-90%に達することもありえます。

 日本の感染症法では、4類の感染症とされています。届出基準は、こちら [pdf:170KB]  です。
 2000年から2014年までの日本におけるデング熱患者年間発生数の推移は下のグラフ1のとおりです。2003年の減少は、SARSの影響で海外渡航者が減少したためと考えられています。近年、日本では年間発生数が増加傾向にありますが、2013年までは、すべて日本国外での感染です。日本国外では、タイ、インド、インドネシア、フィリピン、ミャンマー、ラオス、カンボジアなどでの感染が多いです。2010年にはインドネシアのバリ島への渡航が明らかになっている患者の報告が多く見られました。
 2014 年に日本国内で診断され、感染症法に基づく発生動向調査へ報告されたデング熱症例は計341例でした。その内、国内感染例162 例、国外感染例179 例でした。国内感染例の大部分(約8割)は都立代々木公園周辺への訪問歴があり、同公園周辺の蚊に刺されたことが原因と推定されました。そのため、現在では海外の流行地域からの帰国者だけで なく、海外渡航歴がない者についても、デング熱を疑う必要があります。
 主な媒介蚊であるAedes aegypti (ネッタイシマカ)については、日本では、南西諸島で昔生息していましたが、現在は生息が確認されていません。なお、米国や日本でも生息しているAedes albopictus (ヒトスジシマカ)については、日本で患者が発生すれば媒介する可能性があると考えられています。1942-1945年に西日本でデング熱の流行がありましたが、このときはAedes albopictus (ヒトスジシマカ)が媒介したと考えられています。

グラフ1. 日本におけるデング熱の年間患者発生数推移

 主な媒介蚊であるAedes aegypti (ネッタイシマカ)については、熱帯・亜熱帯の地域で世界的に見られます。緯度では、だいたい北緯35度と南緯35度との間です。北半球で冬季の1月の月間平均気温が10度となるのがだいたい北緯35度です。南半球で冬季の7月の月間平均気温が10度となるのがだいたい南緯35度です。夏季だけ、北緯45度程度でも見られることもあります。高度については、高くなると気温は低下するため高度1000m以上では通常見られません。地球温暖化により主な媒介蚊であるAedes aegypti (ネッタイシマカ)の生息範囲が広がるのではないかと懸念されています。
 Aedes aegypti (ネッタイシマカ)は、屋内・屋外で水が溜まっている場所で増えます。遠距離を飛ぶことはなく。100メートル以内に活動範囲は留まります。屋内・屋外で日中に(特に早朝の夜明けから2-3時間、及び、午後の暗くなる前の数時間に)ほとんど専ら人間から吸血します。じっと止まっている場所は主に屋内で棚や家具の裏側などです。

 媒介蚊となる可能性がある、日本でも生息しているAedes albopictus (ヒトスジシマカ)については、近年、アジアからアフリカ・アメリカ・ヨーロッパへと生息範囲が広がりました。日本などで中古タイヤの内側に卵が産みつけられていて、国際間で取引されて、海外で雨などで戸外に置かれた中古タイヤに水がたまって卵がかえることで、国際的に生息範囲が広がっていったと考えられています。卵は水がない状態でそのまま何か月も生き延びることができ、水につかる事で孵化(ふか)します。なお、古タイヤにコッ プ半分ほどの塩を入れておくと、夏期の間ヤブカ類の発生を抑えることが期待できます。

どんな病気?

 デング熱について、人間が感染している蚊に刺されてから発病するまでの潜伏期は3-14日(平均的には4-7日)です。症状が見られない感染も多いと考えられています。

 デング熱はインフルエンザのような発熱を起こす感染症です。発熱は2-10日続きます。赤ちゃんや小さなこどもたちでは発疹も見られます。大きなこどもたちや大人たちでは、軽い発熱だけのこともありますが、高熱に頭痛、目の後ろの痛み、筋肉痛、関節痛、悪心・嘔吐、発疹などを伴うこともあります。発疹については熱が下がってから出現することが多いです。デング熱はデング出血熱と呼ばれる重症の状態にならない限り、死因となることはまれです。

 デング出血熱は、突然の発熱で始まり、発熱は2-7日続き、41度に達することがあります。点状出血(皮膚の溢血点など)や鼻粘膜・口腔粘膜(歯茎など)からの出血が見られることがあります。消化管出血や婦人の性器出血が見られることもあります。発熱がおさまって軽快する場合もありますが、発熱がおさまるとともに循環不全・ショックとなり12-24時間で死に至る場合もあります。血管内の血漿の漏出から胸水・腹水の貯留や循環血液量の減少が起こり、ショックに至る場合もあると考えられます。
 なお、デング出血熱では、出血傾向が認められますが、出血傾向に加えショック症状が認められるデング出血熱をデングショック症候群(dengue shock syndrome : DSS)と呼ぶことがあります。

 デング熱に対する特効薬はありません。しかし、重症のデング出血熱でも、適切な医療がなされれば、救命される場合が多いです。適切な医療がなければ、デング出血熱による致命率(致死率)は、20%を超えることもあります。デング出血熱について熟知した医療従事者による適切な医療がなされる環境があれば、デング出血熱による致命率(致死率)は、1%未満に下げることもできます。
 なお、解熱鎮痛剤としては、サリチル酸系は出血傾向を強めるため適さず、アセトアミノフェンが勧められます。

 デング熱は英語では単に"dengue(デング)"あるいは"dengue fever"ですが、この"dengue"はスワヒリ語(東アフリカで使われている言語。ケニア・タンザニア・ウガンダで公用語となっています)での呼称"kidingapopo"(dinga)に由来するようです。

病原体は?

 デング熱・デング出血熱の病原体はフラビウイルス科フラビウイルス属に属するデングウイルス(dengue virus : DEN)です。他には、黄熱ウイルス(yellow fever virus: YFV)、ウエストナイルウイルス、セントルイス脳炎ウイルス、日本脳炎ウイルスなどがフラビウイルス属に属します。デングウイルス(dengue virus : DEN)には4種類の血清型(1型[DEN-1]・2型[DEN-2]・3型[DEN-3]・4型[DEN-4])があります。この4種類の血清型は、交叉反応を示しますが、交叉防御免疫が成立しません。

 初めてデング熱に感染すると、感染した血清型のデングウイルスに対する終生の免疫を獲得します。感染した血清型以外の血清型のデングウイルスの免疫も一過性に2-3か月程度の間獲得しますが長続きせず、消失してしまいます。こうして、今度は、終生免疫を獲得した血清型以外の血清型のデングウイルスに感染すると、重症のデング出血熱となる確率が高くなるとされています。

 病原体のデングウイルス(dengue virus : DEN)は患者体内で増えます。突然の発熱による発病から4-5日間(最長で12日間)は、患者は血液からウイルスが検出されるウイルス血症の状態にあります。このウイルス血症を起こしている患者をメスの蚊が吸血することで蚊の中腸で感染を起こします。この感染が蚊の全身に広がることで、吸血に伴って感染を起こすようになります。蚊がウイルス血症を起こしている患者を吸血してから吸血による感染力を持つようになるまで8-12日と考えられています。感染力を持つようになった蚊は終生感染力を持ち続けます。主な媒介蚊であるAedes aegypti (ネッタイシマカ)については、人間の真近にいて卵を産むまでに何回も人間から吸血して、感染者・患者を増やします。卵経由で蚊の次の世代にデングウイルス(dengue virus : DEN)が引き継がれることがありえることが実験室内では明らかになっていますが、実験室外で現実におこることはまれなようです。

図1.デングウイルスの感染サイクル

 デングウイルス(dengue virus : DEN)に感染すると、患者の体は抗体を産生しますが、初めての感染であるか、二度目の感染であるかによって、抗体産生の状況は違います。
 デングウイルスの初めての感染である場合(デングウイルス以外の黄熱ウイルス・日本脳炎ウイルス等のフラビウイルスに感染したことがない場合で、なおかつ、黄熱・日本脳炎などのフラビウイルスのワクチンを接種したことがない場合に限る)、IgM抗体がまず産生されます。突然の発熱による発病から3-5日で患者の50%からIgM抗体が検出されます。5日までで80%から、10日までで99%からIgM抗体が検出されます。IgM抗体は発病後約二週間でピークに達します。IgM抗体はその後2-3か月で低下して検出されないようになって行きます。IgG抗体は発病後7日で低値ながら検出されるようになりだんだん増加します。IgG抗体は発病後数か月たっても検出され、長期にわたって検出されるものと思われます。
 デングウイルスの二度目の感染である場合(ときには、デングウイルスの初めての感染であっても、、以前にデングウイルス以外の黄熱ウイルス・日本脳炎ウイルス等のフラビウイルスに感染したことがある場合や、以前に黄熱・日本脳炎などのフラビウイルスのワクチンを接種したことがある場合にも)、IgG抗体がまず高値で検出されるようになり10か月後も検出されます。IgM抗体の産生は、デングウイルスの初めての感染である場合に比較して明らかに少ないです。検査法によってはIgM抗体が検出されない場合もあります。IgM/IgG抗体比がデングウイルスの初めての感染であるか、二度目の感染であるかの判断の参考にされます。

予防のためには・・・

 デング熱の予防接種(ワクチン)はありません。予防接種(ワクチン)は研究開発の途上にあります。デング熱を媒介する蚊の駆除が予防に役立ちます。

 デング熱・デング出血熱が発生している国々では、蚊に刺されないように注意が必要です。長袖・長ズボンを着用しましょう。せっかく肌をおおっても、薄手の肌にピッチリな服だと、服の上から刺されてしまう可能性があるので、肌にピッチリではない、厚手のゆとりのある服を着ましょう。また、虫よけスプレーやローションなどを使用しましょう。国内で販売されているものは、虫よけ(忌避剤)の有効成分DEET(ディート)の濃度が低めです。海外で販売されている有効成分DEET(ディート)が高濃度の製品の方が虫よけの効果が強く持続時間も長いと思われます。DEET(ディート)は、虫よけ(忌避剤)のラベルでは「 N,N-diethyl-m-toluamide 」などと表記されることがあります。

 雌の蚊は人や動物の血液に含まれる蛋白を産卵時に必要とするため吸血します。蚊は人の皮膚臭と呼気中の二酸化炭素により人に誘引されます。蚊は虫よけ(忌避剤)の有効成分を嫌うため人に近寄らず、虫よけ(忌避剤)により蚊が死ぬことはありません。また虫よけ(忌避剤)は塗布表面の近くでのみ効果を示すため、虫よけ(忌避剤)を使用しても蚊は人の周りを飛び回ります。
 虫よけ(忌避剤)の使用後、時間の経過とともに虫よけ(忌避剤)の効果は薄れて行きます。虫よけ(忌避剤)の効果が薄れ蚊に刺され始めたら使用上の注意に従い虫よけ(忌避剤)を再使用して下さい。

 日本において媒介蚊となる可能性のあるヒトスジシマカは、日本では、秋田県および岩手県以南の都市部でよく見 られるヤブカです。真夏の気温であれば、産卵後数日から1週間で幼虫が出現し、その後10日ほどで成虫になります。外気温にもよりますが雌成虫の寿命は30〜40日です。デングウイルスは、雌蚊の吸血によって蚊の体内に取り込まれ、7日目には唾液腺に移動し、次の吸血以降ヒトを感染させることが可能になります。ヒトスジシマカ(成虫)の活動は主に5 月中旬〜10 月下旬 (南西諸島等の活動期間はこれよりも長い)に見られ、冬季に成虫は存在しません。また、幼虫の生息地は年平均気温が摂氏11度以上の地域と一致していて、 温暖化等の影響で分布域が徐々に北上していることが示唆されています。成虫は、民家の庭、公園、墓地等の茂み等に潜み、朝方から夕方まで吸血します。ヒトスジシマカは屋内でも屋外でも吸血しますが、屋外で吸血することがはるかに多いです。ヒトスジシマカの雌は、産卵や吸血を行いながら、1 週間ほどで徐々に移動し、50〜100 m の範囲で活動することが多いです。ヒトスジシマカの成虫はヒトを好んで吸血しますが、主に屋外で活動するため、その他の多様な動物種も日和見的に吸血しています(例えば、イヌやネコ、ネズミ、両生・は虫類等)。一方、アカイエカは、主に哺乳類と鳥類の両方を吸血源として利用し、数メートルもの高さの木に止まっている野鳥から吸血することも知られています。
 なお、チクングニア熱の病原体であるチクングニアウイルスもデングウイルスと同様に、日本国内ではヒトスジシマカが 主な媒介蚊と考えられます。チクングニアウイルスの場合には2日目には唾液腺に移動し、次の吸血以降ヒトを感染させることが可能になります。チクングニア熱とデング熱とは、よく似た感染症です。両者の相違点については、当・横浜市衛生研究所ホームページ「チクングニア熱について」等をご参照ください。

参考文献

  1. World Health Organization; Dengue and severe dengue ; Fact sheet No. 117; updated May 2015.
  2. The WHO Department of Control Neglected Tropical Diseases, the WHO Department of Epidemic and Pandemic Alert and Response, and the Special Programme for Research and Training in Tropical Diseases(TDR); DENGUE: GUIDELINES FOR DIAGNOSIS, TREATMENT, PREVENTION AND CONTROL. New edition; 2009, World Health Organization(WHO).
  3. DUANE J. GUBLER; Dengue and Dengue Hemorrhagic Fever; CLINICAL MICROBIOLOGY REVIEWS, Vol. 11, No. 3, July 1998, p. 480-496.
  4. 国立感染症研究所ホームページ「デング熱・デング出血熱
     マニュアル等一覧(PDF版)
      「デング熱・チクングニア熱の診療ガイドライン」:2015 年5 月22 日
      「虫除け剤(忌避剤)の安全な使用法」
      「デングウイルス感染症実験室診断マニュアル」
  5. 厚生労働省ホームページ「デング熱について
     自治体、医療機関向けの情報(PDF版)
      「デング熱・チクングニア熱の診療ガイドライン」:2015 年5 月22 日
      「蚊媒介感染症に関する特定感染症予防指針」
      「デング熱・チクングニア熱等蚊媒介感染症の対応・対策の手引き 地方公共団体向け」
  6. 横浜市保健所ホームページ「デング熱について
  7. 東京都福祉保健局ホームページ「デング熱について
      「東京都蚊媒介感染症対策会議報告書
      「感染症媒介蚊対策について

2010年9月9日初掲載
2015年6月5日改訂増補

先頭へ戻る

横浜市衛生研究所 感染症・疫学情報課 - 2008年4月1日作成
ご意見・問合せ:kf-eiken@city.yokohama.jp - 電話:045-370-9237 - FAX:045-370-8462
©City of Yokohama. All rights reserved.