- トップメニュー|検索

横浜市トップ > 建築局 >  建築指導部 > 建築指導課 > 確認申請前後の許可手続等

横浜市建築局メニュー

 

建築指導課

指定確認検査機関の指導及び建築確認等の業務を行っています。

3. 確認申請前後の手続等

 建築指導課で所管している確認申請前後に必要な手続きのご案内です。建築指導課以外の関連部署の窓口については「関係部署の窓口について」のページを参照下さい。

1 建築基準法上の道路について(指導担当)

 建築基準法上の道路判定・廃止のご案内です。

2 仮設建築物の許可(指導担当)

 仮設建築物を建築する場合に確認申請の前に必要となる特定行政庁の許可のご案内です。

3 附置義務駐車施設等設置の届出(都市整備局都市交通課)

 一定要件を満たす建築物を新築、増築、用途変更する場合に必要となる駐車場の設置についての特定行政庁への届出のご案内です。

 ※申請先は市街地建築課です。

4 仮使用認定(指導担当)

 工事中の建築物(建築基準法第6条第1項第一号から第三号までの建築物)を使用する場合に必要となる特定行政庁等の認定のご案内です。

5 山留め工事に関する届出(構造担当)

 建築確認申請済書の交付を受けた建築物及び工作物について、一定規模以上の根切り工事を行う場合に必要となる特定行政庁への届出のご案内です。

6 ワンルーム形式集合建築物建築計画書の届出(情報相談課)

 一区画の専有面積が30m2以下であり、かつ、浴室、便所、湯沸場等を設けた形式の住宅、事務所等を有する建築物については、建築確認申請の前に特定行政庁への届出をお願いしています。

7 防災計画書の作成(意匠担当)

 高さ31mを超える高層建築物、大規模複合用途建築物及びホテル等について、確認申請の前に特定行政庁への届出をお願いしています。