- トップメニュー|検索

横浜市トップ > 建築局 >  建築指導部 > 建築企画課 > CASBEE横浜(建築物環境配慮制度) > 

横浜市建築局メニュー

 

横浜市建築物環境配慮評価認証制度

認証建物の紹介に戻る

横浜ダイヤビルディング

建材一体型太陽光発電システム

建物の西側壁面に建材一体型の太陽光発電発電パネルを設置しました。セルの密度を50%とし、眺望を確保しながら、西面日射を遮蔽し、空調負荷を低減します。太陽光パネルの背面はファインフロアやガラリにより空気の流通経路を確保して排熱処理を行い空調負荷を低減します。発電量は年間で約40,000kWhとなり、建物の電力需要の一部を賄います。

[クリックすると拡大します]

太陽光発電パネル概要
太陽光発電パネル概要

システム系統図
システム系統図

基準階平面図
基準階平面図

設備バルコニー
設備バルコニー

太陽光表示画面
太陽光表示画面

太陽光追尾システム自動制御ブラインド

太陽光自動追尾センサーにより日射の有無を判断し、直射光が室内に入らないようスラット角度(ブラインドの羽角度)を自動調整します。直射光が無い場合はスラットを開放して良好な眺望を確保するとともに、最大限自然光を室内に取り込むことで、照明消費電力の削減を図ります。

[クリックすると拡大します]

事務所階窓廻り詳細図
事務所階窓廻り詳細図

太陽光追尾センサー
太陽光追尾センサー

ページトップへ