- トップメニュー|検索

横浜市トップ > 建築局 >  建築防災課 > 建築防災 > 防災・耐震 > 

横浜市建築局メニュー

 



横浜市耐震改修促進計画


 平成18年1月26日に改正施行された建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)では、建築物の地震に対する安全性の確保と向上を図ることが、所有者の努力義務とされるとともに、建築物の耐震改修を促進するための計画を国の基本方針に基づき策定することが位置付けられました。
 横浜市では、耐震改修促進法第6条に基づき、同法第4条に規定する国の基本方針及び神奈川県耐震改修促進計画を勘案して平成18年度に平成27年度までの10年間を第1期計画期間として『横浜市耐震改修促進計画』を策定しました。

 この度、第1期計画期間の終了に伴い、平成28年度から32年度までの5年間を第2期計画期間として当該計画を策定しましたので、公表します。

 当該計画は安全・安心な都市づくりを促進するため、旧耐震基準(昭和56531日以前の耐震基準)で建築された建築物の地震に対する安全性の向上を計画的に促進し、倒壊等による被害から市民の生命及び財産を保護することを目的としています。


 ※平成28年熊本地震の被害状況を踏まえ、住宅の耐震化を促進するため、横浜市耐震改修促進計画を改定し、『住宅耐震化緊急促進アクションプログラム』を定めました。⇒詳細は、こちら
  

■ 第2期横浜市耐震改修促進計画[平成28年度~平成32年度]

 


          ※ 横浜市耐震改修促進計画を改定するにあたり、意見募集を行いました。
            (期間:平成28年1月25日(月)~2月15日(月)まで)
           意見募集の結果については、こちらをご覧ください


         【参考】第1期横浜市耐震改修促進計画(平成19年3月策定 平成25年11月変更) [平成18年度~平成27年度]

 

 ■ 建築物の耐震改修の促進に関する法律について