- トップメニュー|検索

横浜市トップ > 建築局 >  建築防災課 > 建築防災 > ブロック塀等改善事業

横浜市建築局メニュー

 

   ブロック塀等改善事業  

 平成30年6月の大阪府北部における地震では、ブロック塀等の倒壊が原因で人命に関わる被害が発生しました。このことを受け、横浜市では、地震発生時における歩行者への被害を防止する観点から、新たに市内全域で個人が所有するコンクリートブロック塀等の改善工事を対象とした補助制度を創設します。(事業終了:平成33年度末)

 1 補助制度の概要

  (1)対象エリア 横浜市全域

 ※「身近なまちの防災施設整備事業」又は「狭あい道路拡幅整備事業」の対象となる場合は、「ブロック塀等改善事業」は利用できません。

  (2)対象ブロック塀等 道路等に面したブロック塀等で、高さ1m以上のもの

 ※補助の対象外となる場合があります。補助対象の可否については、事前相談に対する回答にてお伝えします。
 ※「道路等」とは、建築基準法第42条に規定する道路又は多くの方が通行する同法第43条第1項ただし書の規定にかかる空地
 ※「ブロック塀等」とは、コンクリートブロック塀、コンクリート製の塀、石積塀、万年塀その他これらに類する塀及び門
 

  (3)補助金を申請できる方 ブロック塀等の所有者又は管理者で、個人の方

 2 補助対象となる工事

  (1)除却 原則、ブロック塀等を全て除却する工事
  (2)新設 ブロック塀等の除却とセットで行う、軽量なフェンス等、門又は生垣の新設工事

※「軽量なフェンス等」とは、ネットフェンス、アルミフェンス、その他これらに類する塀
※幅員が4m未満の道路等の場合、軽量なフェンス等又は門の新設にあたり、道路等の中心から2m以上後退が必要なことがあります。

 3 補助額

次の(1)~(3)のうち、最も低い額

  ブロック塀等の除却工事  軽量フェンス等の新設工事
(1)補助率  対象工事費の9/10  対象工事費の1/2
(2)標準工事費   見付面積×6,400円/m×9/10(※)  基礎を新設する場合 長さ×73,500円/m×1/2
既存の基礎を使用する場合 長さ×34,800円/m×1/2
 生垣を設置する場合 長さ×6,000円/m×1/2
(3)上限額  30万円(ただし、新設工事は除却工事と合わせた上限額)

※「見付面積」とは、道路等の側から見たブロック塀等の面積

 4 手続きの主な流れ

 平成30年8月22日より、事前相談を開始します。事前相談票はこちら(word(24KB)/PDF(135KB)/記載例(PDF254KB))。 
 
平成30年6月18日以降平成30年10月3日までにブロック塀等の除却工事を行った方については、特例として、事後の申請による補助を行います。条件等ありますので、詳細はこちらをご覧ください。。

 5 事前相談お申込み方法

 「事前相談票」にご記入のうえ、次のいずれかの方法によりお申し込みください。
※事前相談が大変混み合っており、回答までにお時間をいただいております。あらかじめご了承ください。
(1) 建築防災課の窓口の場合:ご来庁の際に、事前相談票をお持ちください。
(2) 郵送の場合:〒231-0012 横浜市中区相生町3-56-1 JNビル12階 「横浜市建築局建築防災課」宛
(3) FAXの場合:045-663-3255
(4) 電子メールの場合:kc-block@city.yokohama.jp

 6 お問合せ先

横浜市 建築局 企画部 建築防災課
☎045-671-2930 (受付時間 平日 8時45分~12時・13時~17時15分)
〒231-0012 横浜市中区相生町3-56-1 JNビル12階 (案内図はこちら

 

 関連情報


ブロック塀の除却・移設・改善等に係る補助制度のご相談

ブロック塀等の改善にあたり、どの事業をご利用になれるか、事前相談でお答えいたします。
詳しくは、建築局建築防災課(045-671-2930)までお問い合わせください。

重点対策地域・対策地域内の危険なブロック塀の除却や改善
身近なまちの防災施設整備事業
【都市整備局防災まちづくり推進課】
☎045-671-3595

狭あい促進路線の後退範囲のブロック塀の除去や移設
狭あい道路拡幅整備事業
【建築局建築防災課】
☎045-671-4544


 ブロック塀等に関するお知らせ
 

 

 

必要書類


●事前相談

事前相談票
 word(24KB)
 PDF(135KB) 
 記載例(PDF254KB) 

●補助金交付申請に添付する書類(6/18~10/3に除却の方)

詳細はこちらをご覧ください。
・見積書(除却部分の内訳がわかるもの)
・契約書(契約締結日が6/18~10/3のもの)
・領収書(未払いの場合は請求書)
・写真(道路側・敷地側から撮影した除却前後の写真)
・安全性を確認できないブロック塀等であることを証明できる資料
・配置図(ブロック塀等の位置・長さ・高さ、土地の高低差、写真撮影位置・方向等を明示したもの)