- トップメニュー|検索

横浜市トップ > 建築局 >  住宅部 > 事業・施策等 > 「ヨコハマ・りぶいん」へようこそ! > 

横浜市建築局メニュー

 

住宅部のトップページです

賃貸住宅・分譲住宅を探したい 住宅に関する事業や施策が知りたい 住宅部全体のサイトマップです
所有土地を活用したい 統計資料や審議会の答申などについて 建築予定地

ヨコハマ・りぶいん」へようこそ!
ヨコハマ・りぶいん

「ヨコハマ・りぶいん」制度の概要     

◇お申し込み資格

◇家賃助成とは                 

◇収入の計算方法  
◆家賃・入居者負担額・助成金・敷金等について

◇よくある質問

◇お申し込みの方法お問い合わせ先

◇ヨコハマ・りぶいん一覧表


ヨコハマ・りぶいんの
空家物件をお探しの場合
はこちらをご参照ください
「横浜市住宅供給公社」ホームページへのリンク
「株式会社ジェイエーアメニティーハウス」ホームページへのリンク
「株式会社パワーズアンリミテッド」ホームページへのリンク

 

◆家賃・入居者負担額・助成金・敷金等について

 

 1.家賃  家賃は、家主と入居者とが結ぶ賃貸借契約により決定します。公租公課、近隣の家賃、物価その他経済事情の変動に応じ、見直しがあります。

 


2.入居者負担額

 

   入居者負担額とは、家賃の一部として入居者が実際に支払う額で、入居開始後、次の表のとおりに毎年家賃に対する 負担率が上昇します。
 この負担率の変更は住宅の管理開始月毎に行われます。

 

 

ただし、百円未満の額については、切り上げるものとします。 

 

 

3.家賃減額助成の内容

 

 横浜市は、家賃と上記の入居者負担額との差額を事業者(家主)に助成します。

 

 

(1)助成の期間等
 家賃減額助成の期間は、その住宅の管理開始から20年間です(応能応益型家賃助成方式の住宅の場合は15年)。助成額を計算するため、入居者には、毎年6月頃に収入等に関する所定の書類を提出していただきます。

 

 

(2)収入の変化に伴う入居者負担額の変更
 収入等に関する書類に基づき、毎年10月に収入の変化に伴い入居者負担額が変更され、前年の世帯収入が一定額以上となった場合は、助成が打切りとなります。

 

 4.その他

 

 家賃の他に、敷金(通常、家賃の3ヵ月分)、共益費等が必要です。
(敷金や共益費は助成の対象とはなりません。)

 

 ◇よくある質問 

 

 ◇お申し込み方法

 

 

▲ページ先頭に戻ります。


トップメニュー 矢印 建築局 矢印 住宅部 矢印 住宅を探す 矢印