- トップメニュー|検索

横浜市トップ > 建築局 >  住宅部 > 事業 > マンション・バリアフリー化等支援事業

横浜市建築局メニュー

 

住宅部のトップページです 賃貸住宅・分譲住宅を探したい 住宅に関する事業や施策が知りたい 住宅部全体のサイトマップです
所有土地を活用したい 統計資料や審議会の答申などについて 建築予定地

◆横浜市マンション・バリアフリー化等支援事業

居住者の高齢化が進むマンションについて、安全・円滑な移動をサポートするため、廊下や階段など共用部分の段差解消等のバリアフリー整備費用の一部を補助します。

    
※28年度の受付は終了しました。


【対象となる工事】
傾斜路、手すり、エレベーターを新たに設置する工事で要綱・要領で定めた基準を満たすもの

(参考)整備基準等

横浜市福祉のまちづくり条例施設整備マニュアル(抜粋)

[PDF]傾斜路(PDF形式、530KB)

[PDF]手すり(PDF形式、419KB)

[PDF]エレベーター(PDF形式、782KB)

 

【補助率及び補助金額】
バリアフリー化等工事に要する費用の3分の1
(1管理組合当たり30万円を限度、手すり設置に係る工事の場合は1住戸当たり8千円いずれか低い額)

 

※ 補助を受けるマンションの管理組合は、横浜市マンション登録制度に基づく登録が必要です。(横浜市マンション登録制度についてはこちら

 

[PDF]手続フロー(PDF形式、216KB)

 

[PDF]概要(PDF形式、150KB)

[PDF]要綱(PDF形式、188KB)

[PDF]要領(PDF形式、99KB)

様式(Word形式、59KB)

[Excel]添付図書チェックリスト(Excel形式、29KB)

[Excel]バリアフリー基準チェックリスト(Excel形式、34KB)

委任状(参考書式、Word形式、30KB) 

 

 横浜市マンション・バリアフリー化等支援事業の補助適用については、限られた予算の中でできるだけ多くのマンションに支援をするため、1管理組合につき1回のみの補助としています。(1回目の補助金の額が補助上限額に達していない場合であっても、申請年度に関わらず2回目の補助申請はできません。)

 

■お問い合わせ

横浜市建築局住宅部住宅再生課

TEL 045-671-2954/ FAX 045-641-2756


 PDF 形式の文書をご覧になるためには、Adobe® Reader® が必要です。
 ご利用のパソコンに Adobe Reader がインストールされていない場合は、下記のリンク先ページから Adobe Reader (無料) をダウンロード、インストールしてご利用ください。

Adobe Reader を入手する Adobe Reader ダウンロードページへ

※ Adobe および Reader は、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社) の米国ならびに他の国における登録商標または商標です。


トップメニュー 矢印 建築局 矢印 住宅部 矢印