- トップメニュー|検索

横浜市トップ > 建築局 >  住宅部 > 横浜市脱温暖化モデル住宅推進事業 > 横浜市脱温暖化モデル住宅推進事業 マスタープランを決定しました!

横浜市建築局メニュー

 

   


◆横浜市脱温暖化モデル住宅推進事業

マスタープランを決定しました!

 

 緑区十日市場町の市有地を活用し、環境に配慮した街並みと省エネ性能の高い住宅の整備、市民への普及啓発及び市内経済の活性化に寄与することを目的として、脱温暖化モデル住宅推進事業を進めておりますが、マスタープラン等の企画提案について、大学、市内設計事務所、市内施工業者を構成員とするグループを対象に公募を行い、合計で16グループ(大学30者、設計事務所18者、施工業者17者)から、意欲的かつ質の高い提案をいただきました。

 応募いただいた提案は、マスタープランに優れているもの、環境配慮型のモデル住宅として優れているもの、事業性を踏まえたものなど、様々な提案がされましたが、これらの内容について、学識経験者等からなる公募選考委員会の中で、総合的かつ厳正に審査を行い、次のグループを最優秀提案者、次点及び優秀提案として選定しました。

  

(1)   最優秀提案者

    ◎ナイス株式会社(代表者)

    ●株式会社飯田善彦建築工房

    ●首都大学東京大学院教授 小林 克弘

    ●横浜国立大学大学院教授 飯田 善彦

    ●岡山建設株式会社

 コモングリーンと呼ばれる中央の大きな緑地を囲むように住戸を配するというもので、戸建て住宅群としての明快なイメージをアピールし、脱温暖化住宅を普及促進していくための推進力に富む提案として評価されました。

  

(2)   次点

    ◎株式会社みかんぐみ(代表者)

    ●東京工業大学大学院教授 梅干野 晁

    ●東京工業大学大学院准教授 浅輪 貴史

    ●神奈川大学工学部教授 曽我部 昌史

    ●株式会社キクシマ

(3)   その他:2グループが優秀提案として選定されました。(提案書受付順)

    ◎株式会社アート建築設計事務所(代表者)

    ●東京大学生産技術研究所 教授 野城智也 ・ 研究員 馬郡文平

    ●株式会社三木組

 

    ◎株式会社アーキテクト・アソシエイツ・ヨコハマ(代表者)

     ●有限会社ユー・エス・シー

    ●関東学院大学准教授 遠藤智行

    ●大洋建設株式会社

 

 

横浜市脱温暖化モデル住宅推進事業のページへ